閉じる


試し読みできます

冬の午睡




夏の田舎道はきらきらと
子ども達はなお跳ねる
畑ぎわの母親は
絶えずおしゃべりくりかえす
家々は夕餉の香りにつつまれて

鎮守の森
蝉時雨

遠くに目を引く赤と黄は
ビニールプールとおもわれて
ゆれる水に傾いた
夕陽をうつす
さざなみを
聞こえぬまでも拾う耳

しげる畑の緑むこう
かくれて道ゆく農夫の鍬に
土くれ
ほろ、ろろ
溢れる音符

泛かんだり消えたりもする麦わらを
星のめぐりに見たてた私

ああそうよ
ゆるやかな
夏の浅い夜は来る
さあつなごう
手をつなごう
ふっくらとした指の腹
私に預けてほしいのです

鎮守の森
蝉時雨

あなたの白いシャツの中
薄い胸の奥は鳴る
見えざる旋律軽快に
三日月のように笑った眼

そうして何も背負わぬ笑顔

楠に背を預け
私を見つめてくださいな
大笑いを口に籠め
そのまま唇
重ねましょう

私のブラウスの中に
豊かな胸はひよめいて
乳房の奥に愛は鳴る

そうして何も背負わぬ笑顔

あなたが笑う
ただ笑う
少し気の抜けた
サイダーみたいな息づかい

泡のはじけるスタッカート
三千世界の蝉時雨
久遠にちかくとも刹那
優しいままに柔らかに
今の今だけ刹那のままに
今の今しかないと知り
あなたを愛した夏だった

月を見れば思い出し
陽を見れば胸は鳴る
闇木立は沈黙を
コートの襟を立てる冬
心の中に晩夏の樹
レスタティーヴォを繰り返す

季節は巡るいつの日か
今は一人で行き過ぎる
田舎道は深閑と
もう歌えない息づかい
レスタティーヴォもかすれゆく

春を待つ
夏を待つ
秋と冬は実りを胸に
いつの日か
あの日の歌を思い出す

楠は知っている
あの日の笑顔を知っている
燦爛と陽は爆ぜて
刹那と混じる呼気となり
いつの日か
あの日に至る道を指す

田舎道は深々と
ふたたび眠る心たち
一度は別れてそれぞれに
止むに止まれず口ずさむ

三千世界の蝉時雨
終わらぬ夏の輪形彷徨
閉じた輪のうち永遠に
あなたを巡る夢を見る

いつしか冬も去り行けば
あなたを追って旅に出る
閉じた世界を打ち破り
三千世界の楠を
たどって歌って生きてゆく。


(おわり)

 


5
最終更新日 : 2014-02-04 23:20:52

試し読みできます

世界樹



世界樹は
雑踏の中に立っていた

若葉生い茂る頃より
実りまで
祝福された季節の名
みずみずしく直ぐな名の
世界樹
世界樹
世界樹よ

この街に越してくる
はるかとおい昔から
私はあなたを知っていた
どんな遠くに住んでいても
繁る若葉は馥郁と
葉に散る日差しはちりぢりと
ワンカラットのダイヤのように
道の果てまで届いたの

それはどこにあるのだろう?
いったいどんな姿だろう?
歩きながら歌いつつ
髪を風になびかせて

るるる
るるる
少女から大人になったは
いつかの日か
覚えてもいないのに


世まよいごとの年頃に
世界樹は
雑踏に私を待っていた

正しさは苦しみに
怒りはやがて諦念に
世界は謎に包まれて

奮起しては青空を
涙を溜めてつま先を
眺めて何かつぶやいて
歩き疲れてうなだれて
夢を見ないで済むように
肺胞を全部眠らせた

顔を上げて息をのむ
すぐに分かったその姿
薫りきる
青みがかったその甘さ
すこやかに
曲がらぬ幹もあるがまま
実はどれも
熟れて爆ぜたがっていた

つとめに出る前
あいさつを
家に戻れば
報告を
いつしか職場も抜け出して
樹の前に
世界の前に
いたかった

時折誰かに笑われて
もっともな理由をまくしたて
もっともらしく頷いて
再び世界を考える
時折誰かに笑われて
背中に馬鹿となぞられた

本当は
ただ見て聞いていたかった
理由も思いつかなくて
ただ見て聞いていたかった
馬鹿のままでもかまわない

美しい人たちが
美しいものを胸に抱き
そっと過ぎ行くその瞬間
世界樹がいちばん
美しい
美しい人の傍らで
黙して揺れるが美しい

美しい
美しい
頭上に鳥の声を抱き

美しい
人と街とが交差して
美しい
世界樹の影が色そえて
美しい
美しい
立ち尽くし日々は流れ行く


椅子を持て!
傘を持て!
私の世界はここにある

美しい
美しい
世界はかくも美しい
世界樹の葉脈潤す一滴の
プリズムを知れば
美しい

雨の日も
風の日も
まるで灯籠を抱くように
世界樹の葉先は明るみに
願いを放つようだった
私は自分の指を見た
小さな普通の指だった
錆びた傘の柄をにぎり
ただ頑に眺めてた

幹の隣に椅子の上
ときにはサンドイッチを
かじるのだ
世界樹は
ハムもレタスもわけあえない
だから空を見上げると
何も言わずに葉を揺する
なんだか胸があつくなり
次の食事の先までも
食べるも寝るもしたくない

やがて月が出てくると
世界樹の幹は厳かに
静寂の意味を語りだす
いつの月も世界樹は
いつもに増して美しく
私に見せてくれるのだ

すらりと直ぐな世界樹は
地底深くに根を下ろす
マグマも清水も吸い上げて
無数の実りを抱えてる

ワインを数滴垂らしたら
何か話してくれるのか
こっそりやってみたけれど
小さな実がたったひとつ
頭上に降っただけだった

熟れてまろい実を握り
私は幹に寄り添った
世界樹は目の前に
ゆらりゆらりと揺れながら
私に木陰をくれながら
決して下を見なかった

世界樹は世界とつながって
私に世界を美しく
見せてくれるだけだった

それで私は満足し
椅子に座ってかばんから
本を出して朗読し
いつの間にか年老いた

 


ああ
不思議にも世界樹は永遠に
冬枯れもせず葉を揺らし
上を向いて立ち尽くす

無辺大の世界まで
枝を伸ばす世界樹の
側に小さな老婆が一人
夢見るように死んだのは

私の見つけた世界樹が
見せてくれてた幻灯の
葉裏に揺れるある街の
悲しくもかなり幸せな
硝子のようなものがたり

すうすうと
老婆の心は
息をした
肺胞はみな目を覚ます

心はからだを抜け出して
はじめて世界を見るために
樹よりも上に翔て行く

世界樹の
空にはなった願いたち
老婆のこころと
空をゆき
世界はもっと美しい


私の見つけた世界樹が
見せてくれてた幻灯の
葉裏に揺れるある街の
悲しくもかなり幸せな
硝子のようなものがたり。

【FIN】


7
最終更新日 : 2014-02-04 23:20:52

試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格600円(税込)

読者登録

江倉しおりさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について