twitterアカウントでログイン

カテゴリー 小説・ノンフィクション 歴史・時代 , 学園・青春・友情 作者 rankoshi
価格 無料
タグ 北海道蘭越町菓子屋商工業商店街大学社会人脱サラ専門学校パティスリー東京暮らし実家Uターン同級生商工会青年部お祭りまちおこし自分史
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

65 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 166ページ (Web閲覧)
167ページ (PDF)
評判
  • 0(平均0 / 0人)
ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
この本は小さな町、蘭越町に暮らす創業100年の菓子屋の一応4代目の僕が、自分のこれまでの人生を80%くらい赤裸々に振り返り(誰も知りたくないだろうけど)、少しだけ蘭越の歴史や街の紹介を入れながら、この地で蘭越町民として、菓子屋の後継ぎとしてどんな暮らしを送っているのかを書き記したものです。

この本は無料です

この本を開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

青年海外協力隊、モザンビークボランティア隊員による機関紙3号です。

この本を開く

平成時代に台湾に住んでいたからこそ縁があって知り合えた人たちによる文集です。皆さんから台湾に対する思...

この本を開く

熟年夫婦の危機が巷では深刻に……彼らも例外ではありません以前書いたものを落語仕立てにしてみましたお心...

この本を開く

大相撲イラスト集!2019年3月場所豊山関応援イラスト・大阪場所・名古屋場所イラスト付きダイジェスト...

もっとみる