閉じる


その1  始まりは楽観的に

原発100km圏内から、九州へ。
ついに、というかようやく移住しました。
Wi-Fiも開通したので、移住にあたってのもろもろを記録しておこうと思います。
んー、いやほんとにいろいろありました。
その都度記録しておけばいいのにね。だいぶ忘れちゃってるかも。

始まりは、そう、皆さんもよく知っている2011年3月の東日本大震災。
日本人のみならず、海外の方もよく知っています。

このブログでも以前書いたかもしれませんが、
311の直前、クリキンディは予兆を身体で感じていました。
震災3日前から体調を崩し、いったい何が原因なのか、どこがどう辛いのか、
自分でもよくわからない具合の悪さでした。

震災2日前、仕事が休みだったので、お昼まで寝ていたのですが、
ちょっと大きめの地震がきて、ベッドから飛び起きた時、
「ああ、地震を感じて調子が悪かったのか…」と納得。

しかしその後も体調はよくならず、
震災1日前、ますます身体が重くなり、食欲もなく、身体を引きずるように仕事へ。
原因不明の体調不良について、その日の午後、ある友人に相談の電話をかけました。
このブログでも時々登場する「森のトトロ氏」です。
すると、彼も何か異変を感じていたらしく、
「2012年に向けていろんなことが起きてるし、大きな地震がいつ来るかわからないから
水とか食料とか準備しておいた方がいいかもね」
という方向に話がまとまってしまいました。

クリキンディは、この日夜遅くまで仕事の予定があったため、
すぐに息子に電話をして、
「地震が来るかもしれないから水とか電池とか今日中に準備しておいてね」
と伝えたのですが、
その話を彼はまじめに受け取らず、なーんの準備もしないまま、
震災の日を迎えてしまったのでした。(苦笑)

明けて3月11日、
前日よりは少し体調がましになり、食欲も戻ったものの、
首から頭にかけての強い不快感は残ったままでした。
そして14:46、揺れ始めはまだ気付いていなかったんです。
これが人生の分岐点になるとは。

どんどん揺れが強くなり、これはもう普通の地震じゃない、と気付いた時、
なぜか気持ちは妙に冷静で、窓の外を飛び回るハトの群れを見ていました。
地震の前に動物がいなくなるなんて嘘だったんだなぁって。
また、
「2012年にアセンションって思ってたのに、こんなに早いの?それともまだ大きな異変があるの?」
なんてことも考えながらテーブルの下で、落ちてくる食器を避けていました。

それからの数日~数ヶ月は、
みんな「サバイバルスイッチ」が入っていたように思います。
今ではすっかりその感覚は薄れてしまいましたが、本当にいろんな感覚が研ぎすまされていたというか、
何か、違う次元で生きていたような気がします。

突然始まってしまった被災者生活の中で、
ようやく津波のことや原発の情報が入りはじめ、
早い人は、数日中に東北を出てしまいました。

クリキンディは、それまで六ヶ所村の再処理施設についての反対運動に触れ、
原発の危険性をある程度認識していたので、
逆にこの事故のおかげで、今まで原発についてあまり興味のなかった人も、
きっと危険性を認識してくれるだろう、日本は脱原発に大きく舵を取るだろう、
そのための震災だったのかもしれない、と漠然と思っていました。
福島はすぐに避難措置がとられるだろう、福島第一は石棺処理されるだろう、
それまでなるべく外に出ないようにして、雨に濡れないようにして、
マスクや帽子でしばらく耐え忍ぼう、そう考えていました。

しかし…
それはまったく甘い考えだったのでした。

 

 


その2 原発が壊れて、そして友達がいなくなった

大きな地震をなんとかやり過ごし、余震に怯えながらろうそくの灯りの中、
誰かが持ってきた携帯のワンセグで、はじめて津波のことを知りました。
危険を知らせる情報は、停電してしまえば、必要な人には届かないのです。
遠く離れた場所からテレビを見ている人だけが、悲惨な状況をリアルタイムで知り得ました。
それは原発事故についても同じ事です。

被災地に居た人たちは、水や食料、電池や燃料を得るために、
あれから数週間は、何時間も外に並びましたが、
今思えば、クリキンディは、あの時確かに空気に違和感を感じていました。
それでも目に見えず、臭いもない放射能の存在を意識するのは難しいことです。
スーパーに並ぶ長蛇の列の側では、帽子もマスクもなしに、子供たちが走り回っているのを
やり切れない思いで見ているしかありませんでした。

それから、少しずつインフラが復旧し、
あらためて原発のことや放射能について、情報を収集しはじめたのですが、
少しずつ生活がサバイバルモードから通常モードに移行するにつれ、
とても不思議なことに、まわりの人たちはどんどん放射能に無関心になっていきました。
テレビでは「ただちに影響はありません」と報道され、暮れには収束宣言まで出されました。

おかしい。
収束できるわけがない。
ちょっと調べたらわかることなのに、なぜそんな報道をするんだろう?
そしてなぜそんな報道を鵜呑みにするんだろう?

インターネット時代になっていたおかげで、
自宅にいながら、いろんなことを調べることができました。
元素記号表すら頭に入っていないし、そもそも原子力ってなんだろう?
ウランって?プルトニウムって?
ラジウム温泉の放射能と、原発から出る放射能はどう違うの?
まったく文系のクリキンディにとってはちんぷんかんぷんでした。

早くから六ヶ所の問題について運動されていた、
田中優さんのブログは、とても参考になりましたし、
森のトトロ氏は原子や電子のしくみから説明してくれました。


正直、苦痛でした。


そもそも興味のない分野の話であり、
調べれば調べるほど、人体に危険なものであり、危険に対する対策もおざなりであり、
そこに巨大な利権が絡んでいるらしいということなど、不快な情報がどんどん出てきました。

あの時、大きなダメージを負った被災者にとって、心から欲していたのは、やすらぎであり癒しです。
まだそこに大きな危険が残っているなんて考えたくもない、
お願いだから心が軽くなるような話だけを聞かせてちょうだい!
そういう心境だったのだと思います。

「ニコニコしていれば放射能の影響なんか受けませんよ」
「そもそも自然界に放射能はありますし、ラジウム温泉ではガンが治ると言われていますよ」
「ただちに影響はありませんよ」
そんな言葉にすがりたかった気持ちは痛いほどよくわかります。

ですが、クリキンディはすでに知ってしまいました。
そんな甘い言葉に惑わされている場合じゃない、
今すぐに脱原発に舵を切らないと、地球の存続にも影響するかもしれない、
辛いけれど、自分が知っている情報をとにかくみんなに伝えることで、危険性を知ってもらわなくては。

そして、ことあるごとに放射能の危険性を語り出すクリキンディのまわりから、
どんどん人がいなくなっていきました。
mixiやFacebookのアクセス数は激減し、情報を拡散してくれる友人はほとんどいなくなりました。
twitterで脱原発発言をしている人のアカウント凍結の噂も耳にするようになりました。

世間では、脱原発派の人がデモを行い、
無関心派(派と呼んでいいのかどうかわかりませんが…)から疎ましく思われていたでしょうし、
ネット上でも、大きく意見が分かれて炎上しているところもあったようです。

友達のいなくなったクリキンディ、あることに気付きました。
これは、もしかしたら派閥争いをさせることで、国力を奪う作戦なのかも?
世界を見渡してみれば、様々な理由から、同じ民族が二手に分かれて争った例がいくつもあります。
内戦の理由をよくよく聞いてみれば、ほんとうに些細なことがきっかけであることも多いのです。

このような派閥争いは、もちろん自然的に発生することも多いですが、
歴史的には、第三者が関わっていることも少なからずあります。
例えば、他の国を支配しようと思うが、その国力に勢いがあり勝てそうにないので、
スパイを送り込んで内戦(もしくは他の国との戦争)を起こさせ、
守備の緩んだ隙に攻撃を仕掛けるという「漁夫の利」作戦です。

まさか、と思いますよね。
クリキンディもまさかそんなことがあるとは思いたくないです。
でも、これは歴史上繰り返されてきた事実でもあります。

今回は不幸中の幸いと言うべきか、
「脱原発派」vs「原発推進派」の対立ではなく「無関心派」が大多数だったため、
血なまぐさい状況にならずに済んだのかもしれない、と思うことにしましょう。

大手メディアでは、
「福島は収束」「原発は日本のベース電源」「トルコ、ベトナムに原発を輸出」
などの報道をしながら、小さく汚染水についての報道もしています。
見出しは小さい方が大切な情報がある、と思った方が良さそうです。


そうして多くの国民が原発についての情報から遠ざけられているうちに、
クリキンディの体調は少しずつ悪くなっていきました。
それでもまだのんきに、
「そうか、2012年のアセンションのためのイベントなのかなぁ」なんて思っていたんです。

 

 


その3 森のトトロと仲間たち

ここで、ちょっと時間軸は遡りますが、地震前の状況についても少し書いておこうと思います。
なにせこのブログは一応スピ系のつもりなもので…。
いろんなことが必然なんだということが少し伝わるかと思います。

まずどうしても説明しておかなくてはならないのが、
森のトトロとその仲間たちです。
この人たち無くしては、今のクリキンディはありませんし、
震災から移住に至る経緯の中で、彼らとの関わりが大きく影響しています。

そもそも、クリキンディはミュージシャンです。
年を取るにつれて、演奏活動よりも、教える時間の方が多くなってきていました。
そしてその生徒のひとりに、このブログでも何度か登場している
マドレーヌちゃんがいたんです。
レッスンが終わって疲れた顔をしていた私の腕を持つと、
「私、揉みをやってるんです」と言いながら、ちょちょっと揉んでくれました。
マッサージ大好きなクリキンディは、早速そのお店に予約を入れました。

その後判明したことですが、実はマドレーヌちゃんと私、
ちょっと珍しい型のまったく同じ車(色違い)に乗っていたんです。
そんな情報どうでもいいよ、と思いましたか?
それとも、それは奇跡だ、なにかしら縁があるかも、と思いましたか?
こんなさりげないちょっとした偶然(必然)を見過ごさないことが、
生きて行く上での道しるべになるのだと、クリキンディは痛感しています。

マッサージに通い始めてみると、
そのお店は本当にまったく、今まで通ったどのお店とも違っていました。
お店の迷惑になるといけないので詳しくは書きませんが、
ものすごく簡単に説明すると、調子の悪い場所を揉むのではなく、身体全体の通路を整えることで、
バランスよく整えていく療法、と言えばいいでしょうか。
そして行く度に何かしら新しい技が増えていて、またそこの店長である森のトトロ氏の話が面白くて、
ついには自分も弟子入りしてしまったのでした。
そこでのお話は「森のトトロの天気予報」というブログに少しずつアップしていますので、興味があればどうぞ。

この森の仲間たちとは、揉みのことだけでなく、守護霊や前世、パワーアニマルから占い、
クリスタル、アロマ精油、ホメオパシーにフラワーエッセンス、漢方医学にチャクラ、
哲学から歴史の話からドラクエまで、本当に様々な話をしました。
もちろんアセンションや放射能の話も。

え、ドラクエって?と思いました?
実は、若い頃まったくテレビゲームに興味も縁もなかったクリキンディ、
妊娠と同時にハマったのがドラクエだったのですが、これにも深い意味と人生の布石がありました。
ゲームと人生については、「あの世に聞いたこの世のしくみ」の雲黒斎さんもいろいろ語っていらっしゃいますのでそちらもどうぞ。


人生には無駄な出来事はないし、偶然に見えてすべて必然なんだということを、
実感できるようになるまで、とても時間はかかりましたが、
一度そのしくみに気がつけば、自分の人生の流れに乗っているのか外れているのか、
判断するのにあまり迷わなくなってきました。

では、そろそろ移住の話に戻ろうと思いますが、
つまり、この移住計画も、震災も、クリキンディの人生にとっては、
すべてが必然だったと感じていることが伝わったでしょうか。

そろそろお気づきかと思いますが、このブログでは放射能汚染のひどい地域にいる皆さんに、
「全員移住すべきだ」と語るために書いているのではありません。
ただ、「子供のためにはやはり移住すべきだろうか…」など迷って心を痛めている方に、
少しでもヒントになればと思っています。

 

 


その4 諦めて、そしてやりたいことをする

2011年の夏、海沿いの津波被害のあった場所を除き、
町の中心部はほとんど日常を取り戻していました。
むしろ以前より活気があったかもしれません。
それは、震災に立ち向う!とか負けない!とかいう運動とは別に、
個人的な気持ちの変化だったと思います。

クリキンディが教えている音楽教室には、
「人間は、いつどうなるかわからない、と痛感しました。
だから、やりたいと思っていたことを先延ばしにするのをやめました」
という入会者が増えたんです。
同時にいろんなものが随分売れたと思います。
楽器もそうですが、車やバイク、今までなんとなく我慢していたものを、思い切って買ってしまおう!
そういう人は多かったと思います。
クリキンディも「道具が増えるからやらない」と決めていたレザークラフトを始めちゃいました。

だから気持ちはなんとなく上向きの人が多かったんです。
もう完全に放射能のことなんか話題に上りません。
でも、収束できていない、まだ放射能は消えていないと感じていたクリキンディは、
なるべく家の窓を開けず、洗濯物を外に干さず、
外へ出る時は、長袖やマスクでがんばっていました。

しかし…暑い!!
もう無理!
みんな普通に歩いてるじゃん、
冬ならともかく、こんな夏にマスクしてたらおかしい人に思われるし、
長袖じゃもう暑過ぎて、放射能で死ぬ前に熱中症で死ぬわ~。

そうして、徐々に家の窓は開け放たれ、
洗濯ものは外に干されていき、
外出時にマスクをすることもなくなっていきました。

でも、体調がよかったわけでもありませんでした。
震災直後からずっと痛かった右首の後ろ側は、
よくなったり悪くなったりを繰り返しながら慢性化していきましたし、
時々起きる動悸の回数も増えていきました。
関節痛やむくみ、鼻や歯茎からの出血、お腹の張り、目や喉の乾き、
背中や腰が痛かったり、両足のこむら返りで目が覚めたり…

その頃、森のトトロのところでマッサージしてもらいながら、
「毎日、体調が変化するんですよ」と言った記憶があります。
お店に来るお客様の傾向から、やはり今までとは違う、
放射能の影響は少なからず始まっているだろう、という仮説も立てられ、
どのようなものが効果があるのかと、日々情報交換しながら対策を相談していました。

その対策の中でもっとも多く利用したのが「もやしもん」です。
「もやしもん」とは石川雅之さん作の漫画なのですが、
「菌」にスポットライトを当てたなかなか面白い作品です。

チェルノブイリでも、残留放射能を食べる菌が発見されたというニュースもあり、
生命活動に欠かせない「菌」がこの危機を脱するための大きな活躍をしてくれるはず、という期待のもと、
ヨーグルトや味噌を作ったり、納豆や漬け物などの発酵食品をなるべくとるように心がけていました。
また、すでに取り込んでしまった放射性物質については、
スムーズに排出できるよう、身体全体の通路をさらに拡げる揉みも考案されました。

この頃、クリキンディは森のトトロ信者になってしまっていたのかもしれません。
トトロから教えてもらった対策をがんばってやっていれば、
万が一このまま福島が収束しなくても病気にならずに生きていけるだろう、
と思っていました。

そして、放射能の話題から耳を覆ってしまった人たちが、もし将来病気になったとしたら、
「だからあの時危険だと伝えてあげたのに」
と言っちゃうようなイヤミなやつに成り下がっていました。

ところが、誰よりも先に体調が悪くなってしまったんです。
暮れに熱を出し、その後痰の絡んだ咳が出続け、その咳が収まるまで、約10ヶ月かかりました。
何をどうしても治まらない咳に夜も眠れず、仕事にも支障が出ました。
回りの人はクリキンディは重い病気にかかっているのでは?と心配していたと思います。
心配してくれる人に「放射能の影響で咳が出てるんだと思います」と言うと、
皆一様に黙ってしまうのも、今思えばおかしな状況でした。

たかが咳と思われるでしょうが、10ヶ月は本当に辛かったです。
このまま死ぬのかなと思いましたし、何度も辛くて泣きました。

収束しそうにない原発、
原発推進派の政治家が数多く当選し、再稼働も決まり、
全国でがれきを焼却し、食べて応援し、世界基準をはるかに超える基準値が設けられ、
どうやら、この国は脱原発する気はまったくないのだと気付くのに、だいぶ時間がかかりました。
さらに言えば、TPPのことや憲法改正、秘密保護法など、
どうしても「裏目的」を勘ぐりたくなるような政策が目につきます。

震災直後にクリキンディが勝手に思い描いていた「平和な地球へのアセンション」とは、
どうやらまったく違う方向へ向かっているのかもしれない。
いやでも、これも人生をドラマティックに演出するために、自分が設計してきたのかも…
そうやって揺れ動く気持ちは、離婚前の気持ちと似ているかもしれません。
完全に失望しないと、人は先へ進めないものなんですね。

自分の体調もよくなる気配がなく、
震災から一年以上経って、ようやくクリキンディは「ここを離れた方がいいのかも」と思い始めました。

 

 


その5 移住を勧めてくれた人

原発事故に対して危機感を持っていた人は、日本人の何パーセントいたんでしょうね?
新聞とテレビの情報を鵜呑みにして生きている母親とは随分ケンカしました。
完全に「放射脳」のレッテルを張られ、めんどくさがられていました。
それでも、やはり心のどこかで「危険なのかも…」という気持ちは拭えなかったんだと思います。
しつこく会話を続けるうちに少しずつ態度が軟化していきました。

小さなお子さんを持った方は、移住できなくてもせめて疎開を、

という話なら皆さんもよく耳にしたと思います。
母子のみが移住して父親が単身で仕事を続ける話も多く聞きました。

「残念ながら」なのか「幸いに」なのかどうかわかりませんが、
クリキンディの息子はすでに成人していましたので、
母子に手を差し伸べる機関には縁がありません。
脱原発派の人たちの会話の中でも、大人だけの移住や疎開についての情報はほとんどありませんでした。

体調不良が続く中、ここを離れたいと思っても、
では一体どこへ行けばいいのか、誰が受入れてくれるのか、まったく見えません。

実は親が転勤族だったクリキンディ、生まれは九州です。
まだ付き合いのある親類を頼って九州へ行くという道もありました。
ですが、残念なことに原発のことを危機に感じている親類はほとんどおらず、
移住について誰かに相談できるような雰囲気でもありません。

そんな中、ひとりだけクリキンディに移住を具体的に勧めてくれた友人がいました。
彼女の実家が千葉にあり、近くに空き家があるから移住してはどうかと言ってくれたんです。
気持ちは痛いほど伝わりましたし、本当にありがたいお申し出でした。
ですが、今まで知り得た情報を総合すると
「千葉も安住の地とは言えません。できればご両親にも移住を勧めたいくらいです。」
とお返事せざるを得ませんでした。

彼女自身はアメリカ西海岸在住。
この震災から原発事故に至る報道については、
日本国内で流されるニュースと、海外向けに報道される内容が微妙に違うということをご存知でしょうか。
翻訳が得意な方が海外ニュースを翻訳している人気ブログもいくつかあります。
西海岸から太平洋越しに見える日本は、とても危険に見えていたと思います。

この後、西海岸の彼女を訪ねて一度渡米しているのですが、
その時のお話はまたの機会に。

 

 



読者登録

栗気んでぃさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について