閉じる


<<最初から読む

21 / 23ページ

試し読みできます

20140226近況飯エッセイ

 

 朝食は食べなかった。

今日も未だに調子が戻らず、体全体がとてもダル重い一日だった。

 

 本当はきちんと朝食も食べて、その上で風邪薬を飲んだ方がい

いに決まっているのだろうけれど、どうしても食事を摂りたくな

らなかった。食欲がない時に無理やり食べても、ひょっとすると

戻してしまうかもしれない。そうなってしまってはもったいない

ので、ほんの少し煮干しを食べて薬を飲んでおいた。

 普段あまり薬の類を摂らないので、たまに飲むととても良く効

く。薬を飲んで一時間くらいすると、気分よく起き上がることが

出来たのでいつものとおりに過ごすことにした。

 

 昼食にカレーを食べる。

薬で調子が良くなったとはいえ、イマイチな体に喝を入れるつも

りで、しっかりと唐辛子を効かせて食べた。

 

 他の家族も食べるので、鍋の中に入れることは出来なかった。

自分のお皿に取ったカレーの上に、全体が少し赤みを帯びるくら

いの唐辛子をかけて、しっかりと混ぜて頂いた。

 風邪気味で体調が悪かろうが、薬を飲んで症状を抑えていると

お腹もしっかりとすく。いつもどおりの量で一杯、きちんと食べ

ることが出来た。

 しかし、ここからが悪かった。

 

 昼食で気を良くして、調子が戻ったように勘違いしてしまい。

昼食後の風邪薬を抜いてしまった、出来るだけ薬を飲まないよう

にしようと思ったのが、裏目に出た。

 昼間をそこそこ元気に過ごし、夕方家に帰って夕食。

夕食もカレーだった。

 昼食と同じように、体に喝を入れるつもりで唐辛子を自分の皿

に振って、しっかりと辛味を効かせて一杯。食べた直後はまだ体

調は良かった。

 

 お風呂から上がったら、どうもまた調子が悪くなってきていた。

夕食後も薬を飲まなかったからだろう、それでもじっとしていて、

朝まで寝ていたら元気になるだろうと思って、そのままさっさと

寝床についた。

 しかしどうにも喉が苦しく、咳もなかなかとまらない。仕方が

ないので風邪薬を飲んで、そして眠気を待っている今コレを書い

ている。

 

 もう少し完全に調子が戻るまで、しっかりと薬を飲まなければ

なと思いました。

 

ーーーーー

 


21
最終更新日 : 2016-06-25 17:32:42

試し読みできます

20140227近況飯エッセイ

 

 昼食に卵かけごはんを食べる。

調子が戻ってきたのでとても美味しくいただけた。

 

 今日は出かける用事があったので、かなり早めに昼食を食べた。

ささっと食べることが出来るものを食べたかったので、冷蔵庫を

探してみたが、結局お馴染みの卵かけごはんにした。

 今日は急いでいたので、トッピングに悩む時間もなく、目の前

にあった漬物だけを放り込んだ。漬物だけだと塩気が強くなりす

ぎるので、ふりかけなんかを足したら甘みも補えたのだろうが、

ふりかけは見つからなかった。

 

 お椀に卵を溶いて、漬物を入れてしっかりと混ぜ、ご飯を入れ

て混ぜあわせて頂く。

 今日食べた卵は少し白身の比率が大きいのだろうか、少々あっ

さり気味に食べていて思った。漬物だけではなく、醤油も使って

味を整えたのだけれど、それでもまだ少し薄かった。

 まあ病み上がりなのだから、あまり味の濃いものよりもあっさ

りしたもののほうが内蔵に優しそうな気もするが、昨日既にカ

レーを食べていたのだから、今更感がある。

 

 食べながら味噌汁がとても欲しくなった、しかし時既に遅し、

ご飯が3分の1位になっていて手遅れだった。一口食べた時点で飲

みたくなっていたら作っていたかもしれないが、残りのご飯の量

を見ると作ることは出来なかった。まあ時間も無かったのだけれ

ど。

 

 やはり食事は、ゆっくりと余裕を持って食べたいものだなと思

いました。

 

ーーーーー

 


22
最終更新日 : 2016-06-25 17:32:42

試し読みできます

奥付



ぼちぼち生きてます第五集


http://p.booklog.jp/book/82155


著者 : 出雲一寸
著者プロフィール:http://p.booklog.jp/users/izumoissun2013/profile


感想はこちらのコメントへ
http://p.booklog.jp/book/82155

ブクログ本棚へ入れる
http://booklog.jp/item/3/82155



電子書籍プラットフォーム : ブクログのパブー(http://p.booklog.jp/
運営会社:株式会社ブクログ



23
最終更新日 : 2016-06-25 17:32:42

この本の内容は以上です。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格50円(税込)

読者登録

出雲一寸さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について