閉じる


思い患いを思い煩う

 

 

 

 

 

 

趣味はなんですか?」


「病気を探す事ですかね」


「それはそれは病的なご趣味をお持ちで」

 

 彼は医者を辞めてしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


子供時間

 

 

 

 

 

 

  木造住宅が立ち並ぶ袋小路で子供らがかくれんぼしている。

 駆け抜ける二人の男の子と目が合ったので、挨拶をした。


「こんばんわ」
「「こんにちは(・∀・)ノ」」

「……(・ω・)」


 私はもう、君達とは違う時間を生きているのだね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


禿頭詩人「001 永遠表現の限界」

 

 

 

 

 

 有限な存在である僕等に、永遠の存在を否定する力はない。

 なのに禿頭の詩人は儚いものを指差して、

 

「ほら、永遠なんてないんだよ。私の言った通りだ」

 

とドヤ顔。

 

 あなたが笑顔が在った事実は永遠に消えないというのに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


5月の幼女

 

 

 

 

 

 普段は見えない道を走る《5月の幼女》が行き着く先は、

私達大人が介入できる場所ではない。


けれども、

昔は私達もこの《5月の幼女》のような幼子だった訳ですから、

この道が    へと通ずる事を心が覚えています。

 

なに? 文字が見えない?

 

残念ですけど、忘れてしまったら、それまでです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ゆのみっ☆

 

 

 

 

 

 湯呑み覗きこんだら、

 

「み、見ないでっ!」

 

と僕の視界を曇らせた。

 

 

 

ったく、可愛い奴だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



読者登録

東京猫耳さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について