twitterアカウントでログイン

カテゴリー 趣味・生活・芸術 健康・医療 作者 戸田克広
価格 無料
タグ 痛みうつ病治療
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

90 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 5ページ (Web閲覧)
11ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
 うつ病と痛みが合併した場合あるいは痛みのみがある場合、うつ病あるいは抑うつの結果痛みが起こるという理論に基づいて痛みを治療すると、痛み専用の治療より治療成績が悪くなる。ノイロトロピン®やメジコン®などの痛みに有効な薬が使用されることはない。また、抗うつ薬の中で選択的セロトニン再吸収阻害薬(SSRI)という抗うつ薬が使用される頻度が高くなるが、SSRIの鎮痛効果は弱い。最も問題となることはベンゾジアゼピン系抗不安薬の長期使用による副作用や常用量依存である。

コメント一覧

この本へのコメントはまだありません。

facebook コメント一覧