目次
はじめに
はじめに
目次
特集 片麻痺 リバイバル VOL.2 目次
第1章 成人片麻痺の基礎知識 その矛盾を問う!
(1)全身不良姿勢が構築されるのは片麻痺の特徴?(第396話)
(2)ブルンストロームは致命的な見落としをしている!(第397話)
(3)成人片麻痺の筋緊張亢進の説明は不可思議である!(第398話)
(4)痙性筋を直接刺激しない方法論(リハビリ)は適切なのか?(第399話)
(5)収縮もしていないのに痙性のパワーは強大過ぎる!(第400話)
(6)片麻痺の筋緊張亢進は実は痙性ではない!(第401話)
(7)成人片麻痺は半身麻痺であるのに体幹の説明が無さすぎ!(第402話)
(8)ブルンストロームの回復段階 手足の差がある場合の解釈について!(第403話)
(9)感覚障害は案外見かけ上の低下であったりする、、、?(第404話)
(10)非麻痺側にみられるビフォーアフター現象とは?(第405話)
第2章 悲劇はこうして始まった!
(1)はじめに ・・教科書を信じている人へ・・(第406話)
(2)尖足って片麻痺固有の所見ではありません!(第407話)
(3)麻痺側上肢に見られる急性期の悲劇とは?(第408話)
(4)尖足と足間代(クローヌス)は片麻痺固有の所見ではない!(第409話)
(5)尖足 → 伸展パターン → 反張膝 という連鎖を理解しよう!(第410話)
(6)成人片麻痺と下垂足(かすいそく)は直接の関係はないはず!(第411話)
(7)成人片麻痺から下垂足が生じるには理由がある!(第412話)
(8)成人片麻痺の麻痺側下肢への調整はまるでなっていない!(第413話)
(9)下垂足が麻痺側に出現する理由(管理者独自仮説)!(第414話)
(10)片麻痺に見られる下垂足は無残にも放置されているのではないか?(第415話)
第3章 必要なものは知識や技術ではなく、正しい判断ができることである!
(1)あらためて超基本的な説明をしておきます(第416話)
(2)擬似的に尖足で立ってみよう!(第417話)
(3)片麻痺の歩行を再現(体験)してから何かを感じるべきである!(第418話)
(4)片麻痺の全身所見が構築される理由とは?(第419話)
(5)脳のダメージによって片麻痺全身状態が構築されるのではない!(第420話)
(6)片麻痺で身体が硬くなるのではない!(第421話)
(7)環境によって身体の柔軟性も双方向性に変化する(第422話)
(8)お客様の身体に認められる違和感を病気と判断しないことが肝要!(第423話)
第4章 可逆的な変化という概念を理解しよう!
(1)可逆的な変化ということを理解しよう!(第424話)
(2)不可逆的変化が問題にされないこと自体が大問題である!(第425話)
(3)お客様の全身状態については教科書的に判断するべからず!(第426話)
(4)事例から不可逆的変化ということを再考する!(第427話)
(5)管理者が行っている日常的な対応について紹介します(第428話)
緊急投稿 管理者手法をリストレーションとして新たに命名する!
(6)管理者が提唱する restoration(リストレーション)という概念はリハビリ世界には存在していないものである!(第429話)
第5章 リストレーションがもたらすものとは?
(1)リストレーションは誰にでもできる手技である!(第430話)
(2)リストレーションがリハビリの常識を覆す!(第431話)
号外 リストレーション手技はリハビリにもマッサージの世界にも説明はどこにもありません!
(3)最近のリストレーション事例紹介 その1(第432話)
(4)リストレーション事例その2(第433話)
(5)リストレーション事例その3(第434話)
(6)リストレーション事例その4(第435話)
(7)リストレーションの効果のまとめ(中間報告)(第436話)
第6章 リストレーション実施上の留意点など
(1)リストレーションの直近事例について(第437話)
(2)急性期にはリストレーションは要注意!(第438話)
(3)特別投稿 嚥下障害などに対する方法論への私見です!(第439話)
(4)リストレーションでは関節を無理には動かさない(管理者独自解釈)(第440話)
(5)左右対称ということを必ず意識して対応すること!(第441話)
(6)特定部位のみ対応するのは好ましくないことである!(前回続き)(第442話)
(7)揉み返しということは常に意識しておくこと!(第443話)
終わりに
終わりに 
奥付
奥付

閉じる


はじめに

試し読みできます

はじめに

こんにちは。

 

2008年以来、片麻痺のリハビリ関係を主にネットで

情報発信を行っている管理者の寅 加太夫です。

もちろん、ハンドルネームですので、本名ではありません。

 

あらかじめお断りしておきますが

片麻痺リハビリの専門的な情報をお探しの方には

この電子書籍は

管理者の独自見解を

気ままに綴っているだけですので

あまり、お役には立たないと思います。

 

管理者の片麻痺に対しての考え方というのは

そもそも、従来の教科書的な内容とは全く異なっているわけですね。

 

ですから

皆さんがたとえば痙性(けいせい)という概念を信じていることを

特に否定的には申し上げませんけど。

管理者は片麻痺における痙性という概念については

重ねて申し上げますが

明らかに机上の空論にしか過ぎないと思っております。

 

、、、、

 

ま、皆さんが

片麻痺のリハビリに対して興味を持っておられるからこそ

このような電子書籍にまで

たどり着いたということは

非常に感謝申し上げる次第ですが

 

管理者は、一応は作業療法士として

日々、介護保険施設において

お客様の身体機能全般について対応しているわけです。

でも、管理者の実践している方法と言えば

ほとんどが全身の柔軟性に対しての調整に過ぎません。

 

つまり、管理者は

見かけ上は確かにリハビリをしているように見えますけど

ほとんどマッサージの世界として

指摘されてもおかしくないことを行っているということになります。

 

????

 

しかし、経験則として申し上げておきますが

片麻痺へのリハビリとして

麻痺回復を促す方法論については

明らかに全身の過剰な努力性の収縮を利用しているものであって

そのことによって

いわゆる連合反応、共同運動という回復の順序を説明していくことができるわけです。

 

????

 

急に難しい内容として申し上げましたが

実際に、それしか随意性を改善させる方法論は存在していないと思います。

 

したがって、全国どこの病院においても

片麻痺のリハビリについては

そもそも

基礎的理論そのものとして

痙性などという間違った解釈が

その間違いを誰も正すことなく

教科書として知識が普及してしまったために

 

どこのリハビリにおいても

結局のところは、ブルンストロームが提唱した

片麻痺の解釈全般にしたがって

対応されているという図式になっているということになります。

 

、、、、

 

管理者の片麻痺への対応は

専門的な知見を用いているのではなく

非常に単純な考え方として

全身調整を行っているだけなんですね。

 

あらためて申し上げておきますけど

この電子書籍にリハビリの対応方法を期待しても

もはや、説明する意味はないと思っております。

 

いえいえ、きちんと全身調整を行うということを

最優先できるのであれば

そこにはリハビリという従来からの方法を適応しても

特に問題はないと考えます。

 

しかし、あえて、もはやリハビリの手技を説明するまでもないとするのは

実際に、管理者が全身調整としての対応を行っている時間

その時間だけでも

通常、リハビリにおいて

マンツーマンでの治療的対応を行う時間を消費してしまうからです。

 

おわかりいただけるでしょうか?

 

え、良く分からない?

 

、、、、

 

管理者はお客様への全身調整ということだけで

最低でも20分以上かかってしまうんですね。

 

つまり、もう、それ以上の時間については

お客様に指導を行うことができません。

 

????

 

しかし、このような電子書籍にまで及んで

情報を発信しているということでは

リハビリの手技、手法を明らかに凌駕している結果を残せるという

確固たる自信があるからなんです。

 

、、、、

 

管理者は、独自解釈になりますが

片麻痺の全身所見、全身状態を単純に理解するようにしているんですね。

そして、誰がみてもマッサージという対応によって

お客様には、誰にでも同じような調整をしております。

 

本来、教科書的な

どこの病院でも行われているリハビリ方法を

あえて行うことなく

それでも結果を残せるということなんです。

 

しかし、もちろんのことになりますが

お客様の全身状態においては

すべてがうまく調整できるわけでもありません。

そこには、すでに不可逆的な変化としての

関節運動制限(拘縮=こうしゅく)や関節の変形などが

認められることがほとんどであるからです。

 

、、、、

 

ま、長くなりますので、このくらいにしておきますけど。

従来の教科書的な方法論ではなく

いかに片麻痺の全身状態を調整していくことが

 

専門的な対応などに依存することなく

誰にでも実践できるものであるということを

この書籍では集中的に説明していくこととします。

 

もっとも、信じる信じないは

皆さん次第ですけれどね。

 

そして、管理者の発信している情報は

すべて経験にもとづいた事実の内容において

お客様の情報に関しては、個人情報保護ということがありますので

編集上、内容には修正をかけて発信していますが

決して、作った情報を提供していることはありません。

 

皆さんの片麻痺に関しての認識を

少しでも考えなおしていただければ幸いに思っております。

 

では、ゆっくりとお読みくださいませ。

 

 

 

 


最終更新日 : 2014-08-22 00:00:14

« 前の章