twitterアカウントでログイン

カテゴリー 趣味・生活・芸術 健康・医療 作者 戸田克広
価格 無料
タグ 線維筋痛症肥満BMI
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

20 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 5ページ (Web閲覧)
9ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
線維筋痛症女性患者47人のBMIの平均値は22.6±4.4であった。低体重7人、標準体重29人、過体重7人、肥満4人であった。過体重と肥満の患者数が少ないため、過体重と肥満を一つの群にして低体重、標準体重と比較した。低体重、標準体重、過体重又は肥満の順で平均年齢±標準偏差(40.0±20.6、45.0±13.2、49.0±13.7)、圧痛点の数(13.1±2.1、14.6±2.6、14.3±3.5)、VAS(69.3±25.7、68.3±21.1、59.7±22.5)、SDS(58.3±16.1、52.9±11.2、52.6±9.8)、MPQ(23.1±13.5、21.1±9.4、22,1±9.8)、JFIQ(66.5±21.5、64.6±18.9、68.8±17.6)、FIQR(69.3±18.2、63.9±19.9、67.8±21.7)と一定の傾向はなかった。Kruskal-Wallis検定により、年齢及び6つの指標すべてで三群間には有意な差はなかった。

コメント一覧

この本へのコメントはまだありません。

facebook コメント一覧