目次
はじめに
はじめに
更新履歴
更新履歴
page 2
page 3
戦場の一休宗純(課題30:時代劇)
「戦場の一休宗純」人物表
「戦場の一休宗純」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
三転倒立ライフスタイル(課題29:ホームドラマ)
「三転倒立ライフスタイル」人物表
「三転倒立ライフスタイル」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
君のアドリブパパ(課題28:喜劇)
「君のアドリブパパ」人物表
「君のアドリブパパ」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
STAP2号対ドロチ~北半球最後の戦い~(課題27:アクションドラマ)
「STAP2号対ドロチ~北半球最後の戦い~」人物表
「STAP2号対ドロチ~北半球最後の戦い~」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ライン上のゴースト(課題26:サスペンス)
「ライン上のゴースト」人物表
「ライン上のゴースト」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
失われた地図を集めて(課題25:メロドラマ)
「失われた地図を集めて」人物表
「失われた地図を集めて」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
BLACK BENGO(課題24:弁護士)
「BLACK BENGO」キャラクター表
「BLACK BENGO」人物表
「BLACK BENGO」本文
page 4
page 5
page 6
page 7
君が生きるために大切なことはいつも伝えられなかった(課題23:医師)
「君が生きるために大切なことはいつも伝えられなかった」キャラクター表
「君が生きるために大切なことはいつも伝えられなかった」人物表
「君が生きるために大切なことはいつも伝えられなかった」本文
page 4
page 5
page 6
page 7
ワケあり先生とハダカの王子様(課題22:教師)
「ワケあり先生とハダカの王子様」キャラクター表
「ワケあり先生とハダカの王子様」人物表
「ワケあり先生とハダカの王子様」本文
page 4
page 5
page 6
page 7
再会の脱法ハーブ(課題21:刑事)
「再会の脱法ハーブ」キャラクター表
「再会の脱法ハーブ」人物表
「再会の脱法ハーブ」本文
page 4
page 5
page 6
page 7
プライバシー・ゼロの国(課題20:記者)
「プライバシー・ゼロの国」人物表
「プライバシー・ゼロの国」キャラクター表
「プライバシー・ゼロの国」本文
page 4
page 5
page 6
page 7
約束のカヌー(課題19:別れの一瞬)
「約束のカヌー」人物表
「約束のカヌー」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
10秒チャレンジ(課題18:愛する一瞬)
「10秒チャレンジ」人物表
「10秒チャレンジ」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ちゃいくら(課題17:憎しみの一瞬)
「ちゃいくら」人物表
「ちゃいくら」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
論文盛りました?(課題16:裏切りの一瞬)
「論文盛りました?」人物表
「論文盛りました?」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
一日一善、ときどき変態(課題15:男と女)
「一日一善、ときどき変態」人物表
「一日一善、ときどき変態」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ペテン師のレクイエム(課題14:再会)
「ペテン師のレクイエム」人物表
「ペテン師のレクイエム」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
オレスタイル(課題13:古痕)
「オレスタイル」人物表
「オレスタイル」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ウォーター・ビジネス(課題12:雨)
「ウォーター・ビジネス」人物表
「ウォーター・ビジネス」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
九尾の狐とディープフリーズ日本列島(課題11:雪)
「九尾の狐とディープフリーズ日本列島」人物表
「九尾の狐とディープフリーズ日本列島」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ホームレスのライフノート(課題10:葬式)
「ホームレスのライフノート」人物表
「ホームレスのライフノート」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
シンデレラは嘘をつきすぎてる(課題9:結婚式)
「シンデレラは嘘をつきすぎてる」人物表
「シンデレラは嘘をつきすぎてる」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
18歳以上閲覧できません(課題8:不安)
「18歳以上閲覧できません」人物表
「18歳以上閲覧できません」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ミイラ男は焼肉の秘密を知っている(課題7:宿命)
「ミイラ男は焼肉の秘密を知っている」人物表
「ミイラ男は焼肉の秘密を知っている」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
アフター・ネグレクト(課題6:死)
「アフター・ネグレクト」人物表
「アフター・ネグレクト」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
お父さんもう来ないで(養成講座課題:別れ)
「お父さんもう来ないで」人物表
「お父さんもう来ないで」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
紙袋の女(養成講座課題:出会い)
「紙袋の女」人物表
「紙袋の女」本文
page 3
page 4
page 5
はしるかける(養成講座課題:魅力的な叔父さん)
「はしるかける」人物表
「はしるかける」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

15 / 177ページ

  蛤と凛、手を合わせて黙祷。

  蛤、目を開く。蛤の家があった辺りに住宅の幻。

  玄関に環の幻が立っている。

蛤「環?」

凛「え?」

蛤「今、お母さん見えたぞ」

凛「変なこと言うのやめてよ」

蛤「凛、寂しくなかったか? お母さんがいなくなって」

凛「もう会えないってわかってるから」

蛤「俺よりよっぽど大人になったな」

凛「それよりさ、お父さんまで夢を追うとか言って突然いなくなるんだもん。いきなり一人にされた私の気持ち考えなかったの?」

蛤「人生燃え尽きるまでやりたいことやろうと思ったんだ。生き残っちまったからな」

凛「で、燃え尽きるまでできた?」

蛤「まだくすぶってる。現実甘くなかったよ」

凛「これからは私のこともちゃんと見てよね」

鈴の声「おいおい店はどうした?」

  鈴、キセルを吹きつつ歩いて来る。

蛤「おばばごめん。売上は明日必ず取り戻す」

鈴「真守、東京から帰って来た理由これか?」

  と『原発ブラックアウト』を差し出す。

鈴「経産省の現役官僚が匿名で書いたなんて宣伝してるけどよ、作者の久里浜セメルって、真守、お前のことじゃねえのか?」

蛤「おばば、何でわかった?」

凛「え? マジなの?」

鈴「ちょっと読めば真守の文体だってわかる。アホなのによ、モノ書けば誰に似たんだか理屈っぽい皮肉屋になる。お前の癖だな」

蛤「小説にしたのは俺だけど、元の話をしたのは本当のキャリア官僚様だ。俺は陽のあたらないゴーストライターってとこだな」

鈴「書いたのお前の息子だろ、嘘だらけだ、謝罪しろって家に電話までかかってきたぜ」

蛤「色々こっちも面倒なことに巻き込まれてさ。東京でやってくの難しくなったんだよ」

鈴「それで逃げてきたわけか、情けねえな」


蛤「逃げちゃいない。取り戻しに来たのさ」

凛「取り戻す?」

蛤「震災で全部奪われたって思ったけど、そうじゃなかった。俺が自分で犠牲にしてきたんだ、凛やおばばと過ごす時間をさ」

凛「お父さん」

蛤「いろんなもの犠牲にして成功しても意味はない。そんなの敗北だって気づいた。これからは犠牲にしてきた時間取り戻すよ」

凛「じゃあもう突然どっか行くとか言わない? 本屋の仕事もちゃんとやる?」

蛤「もちろん本屋の仕事はちゃんとやる。けどな、空き時間に創作活動もがっつりやる」

鈴「また中途半端な野郎だなおい」

蛤「中途半端じゃない。両立っつうんだよ。家庭と本業と副業の両立だ、俺ならできる」

凛「それさ両立じゃなくて三転倒立じゃない?」

蛤「そうだ三転倒立だ。家庭と本業と副業の三転倒立ライフスタイル。ファンキーだぜ」

鈴「能書きはいいよ。けどな、やるならどんな批判されても貫き通せ。魂見せてみろ」

蛤「俺のこと、誰の息子だと思ってやがる?」

  と三転倒立を試みる。失敗して転ぶ。

 

○蛤書店・店内

  鈴、キセルを吹きつつレジにいる。

  凛、風船ガムを膨らませつつ、『原発ブラックアウト』を立ち読み。

  蛤、店内で三転倒立の練習をしている。

鈴「真守、三転倒立は外でやれ。凛は立ち読み禁止だからな」

真守「凛、どうだ? お父さんの書いた本」

凛「お父さん、私も小説家目指していい?」

真守「おお、いいぞどんどんどんやれ」

鈴「たく、しょうもない連中だな。夢ばっかり見てんじゃねえよ」

真守「現実は厳しいからな、夢だけ見てるようじゃうまくいかない。バランスが大事なんだぞ。凛、お父さんに続け。三転倒立だ」

  と三転倒立する。(了)


「君のアドリブパパ」人物表

 人 物

梶 篤志(かじ あつし)(40)俳優

立花 操(みさお)(17)女子高生

木戸 翔(しょう)(30)ドラマスタッフ

小津 明(35)買春客

操の母


「君のアドリブパパ」本文

○東京ひとつ星ホテル・外観

 

○同・ドラマ出演者オーディション受付

  『新ドラマ『アンとパパの殺人事件』主要キャストオーディション』とある。

  梶篤志(40)、木戸翔(30)の前へ。

木戸「梶さんじゃない。受けに来たんだ」

梶「木戸ちゃんお疲れ。また受付やってんの?」

木戸「今日即興演技のオーディションだって」

梶「即興だと? アドリブの達人なめんなよ」

木戸「設定言うよ。あなたはホテルにいます。別れた妻に育てられた娘と10年ぶりに再会する父親演じて下さいだって」

梶「わかった、ヒロインのアンの父親役だろ」

木戸「これ娘役の女の子がいる部屋の番号」

  とメモを渡す。905号室とある。

梶「この役、悪いけど俺がもらってくぞ」

  と、メモをスーツのポケットにしまう。

 

○同・廊下

  梶、廊下で側転を決める。ポケットからメモが落ちる。

  梶は気づいていない。

 

○同・九階

  エレベーターが到着。梶が出て来る。

  梶、ポケットに手を入れる。

梶「あれ? ないぞ」

  梶、ポケットをひっくり返す。

梶「なくしたか。えっと何号室だったっけ?」

  と905号室と906号室の前で迷う。

 

○同・906号室

  立花操(16)、病院の診療明細書を見ている。

  スマホを取り、ラインを開く。『906号室だよ。4で交渉成立ね。』と入力して送信。

  溜息をつく。

  ノックの音。操、慌てて診療明細書を鞄に入れる。扉の前に移動。

操「もう着いたの?」

梶の声「ああ、俺だ」


  操、扉を開く。梶がいる。梶、微笑む。

操「何してんの。早く入って」

梶「おお、悪いな」

梶と操、部屋の中に入る。

梶「あれ? 他の人は?」

操「私しかいないけど」

梶「え? 君が審査するの?」

操「は?」

梶「(小声)カメラどっかに隠してあるのか?」

  と、部屋を見回す。

 

○同・905号室

  少女、窓の外の落葉を見ている。

  監督、手に小型カメラを持ちつつ貧乏ゆすり。

 

○同・906号室

  操、ベッドに座る。梶、椅子に座って、

梶「久しぶりだな」

操「初めてじゃん会うの」

梶「お前、覚えてないかもしれないけど」

操「先にシャワー浴びてくるね」

梶「シャワーだと?」

  操、制服を脱ぎ始める。

梶「シャワーって、汗かいたのか?」

操「一緒に入る?」

梶「もうお風呂一緒に入る歳じゃないだろ」

操「私先入るね」

梶「待てよアン」

操「アン? 操だよ私。ラインしたじゃん」

梶「え? 操なの。ごめん勘違いしてた」

  操、浴室の方へ。

  シャワーの音。梶、浴室の前に立つ。

梶「操、聞こえるか?」

操の声「何? よく聞こえない」

梶「お母さん最近どうだ? 元気か?」

操の声「え? お母さんの知り合いなの?」

梶「お母さん一人でお前育てて大変だったろ」

操の声「うちお父さんいますけど」

梶「そうか。あいつ、男できたんだ」

  操、浴室からバスローブ姿で出てくる。



読者登録

野尻有希さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について