目次
はじめに
はじめに
更新履歴
更新履歴
page 2
page 3
戦場の一休宗純(課題30:時代劇)
「戦場の一休宗純」人物表
「戦場の一休宗純」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
三転倒立ライフスタイル(課題29:ホームドラマ)
「三転倒立ライフスタイル」人物表
「三転倒立ライフスタイル」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
君のアドリブパパ(課題28:喜劇)
「君のアドリブパパ」人物表
「君のアドリブパパ」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
STAP2号対ドロチ~北半球最後の戦い~(課題27:アクションドラマ)
「STAP2号対ドロチ~北半球最後の戦い~」人物表
「STAP2号対ドロチ~北半球最後の戦い~」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ライン上のゴースト(課題26:サスペンス)
「ライン上のゴースト」人物表
「ライン上のゴースト」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
失われた地図を集めて(課題25:メロドラマ)
「失われた地図を集めて」人物表
「失われた地図を集めて」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
BLACK BENGO(課題24:弁護士)
「BLACK BENGO」キャラクター表
「BLACK BENGO」人物表
「BLACK BENGO」本文
page 4
page 5
page 6
page 7
君が生きるために大切なことはいつも伝えられなかった(課題23:医師)
「君が生きるために大切なことはいつも伝えられなかった」キャラクター表
「君が生きるために大切なことはいつも伝えられなかった」人物表
「君が生きるために大切なことはいつも伝えられなかった」本文
page 4
page 5
page 6
page 7
ワケあり先生とハダカの王子様(課題22:教師)
「ワケあり先生とハダカの王子様」キャラクター表
「ワケあり先生とハダカの王子様」人物表
「ワケあり先生とハダカの王子様」本文
page 4
page 5
page 6
page 7
再会の脱法ハーブ(課題21:刑事)
「再会の脱法ハーブ」キャラクター表
「再会の脱法ハーブ」人物表
「再会の脱法ハーブ」本文
page 4
page 5
page 6
page 7
プライバシー・ゼロの国(課題20:記者)
「プライバシー・ゼロの国」人物表
「プライバシー・ゼロの国」キャラクター表
「プライバシー・ゼロの国」本文
page 4
page 5
page 6
page 7
約束のカヌー(課題19:別れの一瞬)
「約束のカヌー」人物表
「約束のカヌー」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
10秒チャレンジ(課題18:愛する一瞬)
「10秒チャレンジ」人物表
「10秒チャレンジ」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ちゃいくら(課題17:憎しみの一瞬)
「ちゃいくら」人物表
「ちゃいくら」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
論文盛りました?(課題16:裏切りの一瞬)
「論文盛りました?」人物表
「論文盛りました?」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
一日一善、ときどき変態(課題15:男と女)
「一日一善、ときどき変態」人物表
「一日一善、ときどき変態」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ペテン師のレクイエム(課題14:再会)
「ペテン師のレクイエム」人物表
「ペテン師のレクイエム」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
オレスタイル(課題13:古痕)
「オレスタイル」人物表
「オレスタイル」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ウォーター・ビジネス(課題12:雨)
「ウォーター・ビジネス」人物表
「ウォーター・ビジネス」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
九尾の狐とディープフリーズ日本列島(課題11:雪)
「九尾の狐とディープフリーズ日本列島」人物表
「九尾の狐とディープフリーズ日本列島」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ホームレスのライフノート(課題10:葬式)
「ホームレスのライフノート」人物表
「ホームレスのライフノート」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
シンデレラは嘘をつきすぎてる(課題9:結婚式)
「シンデレラは嘘をつきすぎてる」人物表
「シンデレラは嘘をつきすぎてる」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
18歳以上閲覧できません(課題8:不安)
「18歳以上閲覧できません」人物表
「18歳以上閲覧できません」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ミイラ男は焼肉の秘密を知っている(課題7:宿命)
「ミイラ男は焼肉の秘密を知っている」人物表
「ミイラ男は焼肉の秘密を知っている」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
アフター・ネグレクト(課題6:死)
「アフター・ネグレクト」人物表
「アフター・ネグレクト」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
お父さんもう来ないで(養成講座課題:別れ)
「お父さんもう来ないで」人物表
「お父さんもう来ないで」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
紙袋の女(養成講座課題:出会い)
「紙袋の女」人物表
「紙袋の女」本文
page 3
page 4
page 5
はしるかける(養成講座課題:魅力的な叔父さん)
「はしるかける」人物表
「はしるかける」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

7 / 177ページ

妙界「また女を囲っていると噂が立ちますぞ」

一休「女好きの坊主など、この大徳寺にも何人もおる。男を好む坊主も多いと聞くしな」

妙界「言葉を慎まれよ」

一休「妙界殿とて、前の住職の寵愛を受け、今の地位を手に入れられたのじゃろう」

妙界「(咳払い)薄汚い衣に髪も髭も伸び放題。一休殿は高僧の位に泥を塗るつもりか?」

一休「外見ばかり取り繕って、中身のない坊主よりよっぽどましよ」

  高価な法衣を着た妙界、拳を握る。

妙界「京の都も随分と物騒になった。一休殿も熊野の辺りまで逃れてみては如何か?」

一休「戦に疲れた民は仏を求めておる。大徳寺を立て直すまで都を離れることはできん」

妙界「我々には任せておけぬということか?」

一休「戒律を守るだけが仏の道ではあるまい。戦乱の世には、破戒僧も必要じゃ」

  一休、奥の襖をちら見。立ち上がって、

一休「ではそろそろ」

  一休、よろけて奥の襖に杖を突き刺す。

一休「すまぬ。立派な襖絵であったのに」

  一休、森女を連れて座敷を出る。

  奥の襖が開く。

  畠山武房(38)、身を震わせて、

畠山「あやうく目を潰されるところだったわ」

妙界「己、一休、馬鹿にしおって」

畠山「とんだ生臭坊主でござったな」

妙界「畠山殿、あのご老人にご挨拶を頼む」

  と、袖から銭袋を出し、畠山に渡す。

  畠山、刀を抜き、剣先を舐める。

 

○酬恩庵・外観

  木々に囲まれた藁ぶき屋根の小さな庵。

 

○同・中

  狭く侘しい室内。一休、森女に膝枕。

一休「森女よ、家族はどこにおる?」

森女「おりませぬ」

一休「戦で失ったか?」


森女「畠山という御侍様に村毎焼かれました」

一休「瞳の光もその時失くしたか?」

森女「左様でございます」

一休「森女。儂はお主の心に仏の光を見たぞ」

森女「仏の光?」

一休「飢餓と疫病が蔓延していると言うに、戦は続き、僧は気取る。仏は姿を隠された」

森女「私の中には真っ暗な闇しかありませぬ」

一休「その暗闇の奥底に儂は光を感じるがな」

  庵の中に矢が飛んでくる。驚く一休。

 

○同・表

  畠山と兵士達、庵を囲んでいる。

  兵士達、松明を庵に投げる。燃える庵。

  一休と森女、中から慌てて出て来る。

一休「何事か?」

畠山「何じゃ。人が住んでおったか」

一休「御侍殿、何のつもりか?」

畠山「問答無用。ここを我々の陣地とする」

  兵士達、庵をなぎ倒す。

一休「待たれよ」

畠山「口うるさい坊主だ。切り捨てよ」

  兵士達、一休と森女に刀を向ける。

一休「この娘に罪はない。森女、逃げるのだ」

畠山「美しい女ではないか」

  森女、畠山の前に連れ出される。

畠山「坊主相手では満足できなかろう」

  と、森女の上着を勢いよく剥ぎ取る。

畠山「これは見事。天女のごとき白肌よ」

  森女、身を縮めて肌を隠す。

一休「貴様、何をする?」

  兵士達、一休の体をおさえつける。

畠山「ご老人、幕府管領家の嫡男、畠山武房と知っての物言いか?」

森女「畠山?」

畠山「そうじゃ。女、喜べ。相手をしてやる」

森女「畠山様、どうかご慈悲を。こちらは大徳寺の高僧、一休宗純様でございます」

畠山「貴様が一休か。若い女を囲う生臭坊主という噂は、誠であったな」


一休「匂う匂う。そなたも生臭侍のようじゃ」

畠山「一休はとんちが得意と聞いているが、とんちなどでは世は救えぬ。世を導くのは武家の力だ。力無き者は滅びよ」

  畠山、刀を抜く。

畠山「一休、女を助けて欲しくば自害せよ。さもなくばこの娘、殺す」

一休「このおいぼれの命、取りに来たのだな」

畠山「お主は徳の高い高僧と聞いておる。死ねば見事仏になるのだろう?」

一休「死んで仏になる坊主などいない。人はみな同じ、死ねばただドクロになるだけ」

畠山「救いも何ももたらせぬか。哀れよの」

  と、一休に斬りつける。一休、負傷。

森女「おやめください!」

畠山「どけ女」

森女「畠山様、私を殺しなされ」

畠山「何?」

森女「私を殺しなされと申しております」

畠山「坊主の為に命を捧げるつもりか?」

森女「私めの村は畠山様の兵に滅ぼされました。我が命、無きものと思うております」

畠山「その潔さ、気に入ったぞ娘。どうだ皆の者、一晩たっぷり味わってから、こやつを見世物小屋に売り飛ばすことにしようか」

  兵士達、にやけ顔を森女の方に向ける。

一休「お主ら、修羅畜生の道に落ちるぞ」

畠山「黙れ一休。女の善意を無駄にする気か」

一休「善が何かも知らぬ阿呆がよく吠えるわ」

  畠山、えいやと一休に刀を振り下ろす。

  森女、目をかっと開き、一休を突き飛ばす。

  森女、代わりに刀で斬られる。

一休「森女! 目が見えるのか?」

  森女、血を流し、一休の脇に倒れる。

畠山「高く売れたのに、傷ものになったか」

  畠山、一休の前にかがみ刀を向ける。

畠山「ご老人、少し死期が早まったの」

  森女、畠山をにらむ。

  一休、畠山に顔をそっと近づけ、穏やかに接吻する。

畠山「何をする? 気でも狂ったか?」


一休「お主の生きた業、全てもらい受けよう。儂も地獄に落ちる身。ちょうどよい土産だ」

  遠くから馬の駈ける音。青いのぼり旗。

畠山「あの旗は敵軍か」

  矢が乱れ飛んで来る。畠山達、馬に乗り、

畠山「都には二度と入るな。目障りじゃ」

  と去っていく。一休、森女の体を抱き、

一休「無事か?」

森女「一休様こそ」

一休「たばかったな。目が見えるのだろう」

森女「何も見えぬと信じた方が生き易いのです、親も子も全て奪われた私にとっては」

一休「森女よ、これからは信じてくれるか、お前の中にある仏を」

  一休、涙を流す。遠くで戦の物音。

 

○朱雀門(夜)

  平安京の入り口にある大きな門。

  大雨だ。周辺には死体や瓦礫の山。

  一休と森女、雨に打たれ、歩いて来る。

  門に着いた二人、身を寄せ合い、座る。

  妙界、歩いて来る。付き添いの小僧、朱い傘と提灯を持つ。

  後ろには着飾った僧侶の行列。

  妙界、一休を見かけて、

妙界「一休殿。そのお怪我、どうされた?」

一休「つまらぬ戦に巻き込まれてな」

妙界「その怪我でどこに行かれるおつもりよ?」

一休「もちろん都だ。仏を伝えねばならぬ」

妙界「待たれよ。連れの女もひどい怪我だ」

一休「妙界殿、畠山武房と言う男、知り合いか?」

妙界「いや、知らぬな」

一休「そうか、ならよい」

  妙界、礼をして歩き出す。

  雨が上がる。雲が晴れ、満月が浮かぶ。

一休「我らも行こうか。時は人を待たぬ」

  森女、目を閉じ、安らかな顔つき。

一休「どうした? 夢を見ておるのか?」

  森女、満月の光を受ける。息はない。

  一休、立ち上がり、森女に両手を合わせる。

  一休、杖をつき、一人歩き出す。(了)


「三転倒立ライフスタイル」人物表

 人 物

蛤 真守(はまぐり まもる)(40)自称タレント

蛤 凛(りん)(14)蛤の娘

蛤 鈴(すず)(69)蛤の母

蛤 環(たまき)(37)蛤の妻・故人



読者登録

野尻有希さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について