目次
はじめに
はじめに
更新履歴
更新履歴
page 2
page 3
戦場の一休宗純(課題30:時代劇)
「戦場の一休宗純」人物表
「戦場の一休宗純」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
三転倒立ライフスタイル(課題29:ホームドラマ)
「三転倒立ライフスタイル」人物表
「三転倒立ライフスタイル」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
君のアドリブパパ(課題28:喜劇)
「君のアドリブパパ」人物表
「君のアドリブパパ」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
STAP2号対ドロチ~北半球最後の戦い~(課題27:アクションドラマ)
「STAP2号対ドロチ~北半球最後の戦い~」人物表
「STAP2号対ドロチ~北半球最後の戦い~」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ライン上のゴースト(課題26:サスペンス)
「ライン上のゴースト」人物表
「ライン上のゴースト」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
失われた地図を集めて(課題25:メロドラマ)
「失われた地図を集めて」人物表
「失われた地図を集めて」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
BLACK BENGO(課題24:弁護士)
「BLACK BENGO」キャラクター表
「BLACK BENGO」人物表
「BLACK BENGO」本文
page 4
page 5
page 6
page 7
君が生きるために大切なことはいつも伝えられなかった(課題23:医師)
「君が生きるために大切なことはいつも伝えられなかった」キャラクター表
「君が生きるために大切なことはいつも伝えられなかった」人物表
「君が生きるために大切なことはいつも伝えられなかった」本文
page 4
page 5
page 6
page 7
ワケあり先生とハダカの王子様(課題22:教師)
「ワケあり先生とハダカの王子様」キャラクター表
「ワケあり先生とハダカの王子様」人物表
「ワケあり先生とハダカの王子様」本文
page 4
page 5
page 6
page 7
再会の脱法ハーブ(課題21:刑事)
「再会の脱法ハーブ」キャラクター表
「再会の脱法ハーブ」人物表
「再会の脱法ハーブ」本文
page 4
page 5
page 6
page 7
プライバシー・ゼロの国(課題20:記者)
「プライバシー・ゼロの国」人物表
「プライバシー・ゼロの国」キャラクター表
「プライバシー・ゼロの国」本文
page 4
page 5
page 6
page 7
約束のカヌー(課題19:別れの一瞬)
「約束のカヌー」人物表
「約束のカヌー」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
10秒チャレンジ(課題18:愛する一瞬)
「10秒チャレンジ」人物表
「10秒チャレンジ」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ちゃいくら(課題17:憎しみの一瞬)
「ちゃいくら」人物表
「ちゃいくら」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
論文盛りました?(課題16:裏切りの一瞬)
「論文盛りました?」人物表
「論文盛りました?」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
一日一善、ときどき変態(課題15:男と女)
「一日一善、ときどき変態」人物表
「一日一善、ときどき変態」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ペテン師のレクイエム(課題14:再会)
「ペテン師のレクイエム」人物表
「ペテン師のレクイエム」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
オレスタイル(課題13:古痕)
「オレスタイル」人物表
「オレスタイル」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ウォーター・ビジネス(課題12:雨)
「ウォーター・ビジネス」人物表
「ウォーター・ビジネス」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
九尾の狐とディープフリーズ日本列島(課題11:雪)
「九尾の狐とディープフリーズ日本列島」人物表
「九尾の狐とディープフリーズ日本列島」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ホームレスのライフノート(課題10:葬式)
「ホームレスのライフノート」人物表
「ホームレスのライフノート」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
シンデレラは嘘をつきすぎてる(課題9:結婚式)
「シンデレラは嘘をつきすぎてる」人物表
「シンデレラは嘘をつきすぎてる」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
18歳以上閲覧できません(課題8:不安)
「18歳以上閲覧できません」人物表
「18歳以上閲覧できません」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ミイラ男は焼肉の秘密を知っている(課題7:宿命)
「ミイラ男は焼肉の秘密を知っている」人物表
「ミイラ男は焼肉の秘密を知っている」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
アフター・ネグレクト(課題6:死)
「アフター・ネグレクト」人物表
「アフター・ネグレクト」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
お父さんもう来ないで(養成講座課題:別れ)
「お父さんもう来ないで」人物表
「お父さんもう来ないで」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
紙袋の女(養成講座課題:出会い)
「紙袋の女」人物表
「紙袋の女」本文
page 3
page 4
page 5
はしるかける(養成講座課題:魅力的な叔父さん)
「はしるかける」人物表
「はしるかける」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

46 / 177ページ

冴「何なのもう。あることないこと証言して」

響「冴、頼みがある。愛珂と3人で最後に行った遊園地があるだろ。そこに行ってくれ」

冴「え? 何で?」

響「よく聴け。冴にしか頼めない話がある」

  冴、ガラスに耳を寄せる。響、囁く。

 

○遊園地・中

  ゴミ捨て場に大きな段ボール箱がある。

  冴、箱を開ける。中に死体の如き愛珂。

冴「愛珂! お母さんだよ! 大丈夫?」

  と愛珂を抱きしめる。愛珂は無反応だ。

 

○高等裁判所・刑事法廷

  被告席に響。原告席に冴。檀上に裁判長。

  傍聴席には笑顔の城がいる。

  響、縄をつけられたまま証言台に立つ。

冴「響被告に質問します。犯行の動機は?」

響「裁判長、私は真犯人ではありません」

裁判長「え? 法廷で偽証したのですか?」

響「泉さんを弁護して無罪釈放するようある人物に脅迫されました。やむを得ず真犯人だと偽った事、正義の女神にお詫びします」

裁判長「脅迫? 一体どういうことですか?」

響「昨夜、仮釈放された泉はビルから転落死したそうです。この事件には深い闇がある」

  ざわつく傍聴席。

響「皆様ご安心を。真犯人の証拠があります」

  冴が合図、ステレオセットが運ばれる。

響「南ちゃん殺害前、宅配業者を装って玄関に現れた真犯人の声が、警備会社の防犯カメラに記録されていました。これです」

城の声「こんばんわー。宅配便でーす」

響「何故か映像は消去されていましたが、警備会社のサーバーに音声が残っていました。続いてこちらの音声をお聞きください」

城の声「今日負けたらなぶり殺しちゃうから」

響「今のは私が脅迫された時の電話の声です」

冴「鑑定の結果、2つの音声は同一人物の声だと判定されました」


響「そして泉貢の声紋とは違う若い男の声だ」

  傍聴席ざわつく。

響「愛珂、出ておいで」

  愛珂、法廷に入って来る。

響「人質として誘拐された私の娘です。愛珂、この中にいるんだよな、誘拐犯が」

  愛珂、頷いて傍聴席をゆっくり見回す。

愛珂「あのお兄さん」

  と、震えながら城を指さす。

冴「ありがとう。恐かったね」

  城、拍手しつつ立つ。響、弁護士バッチを投げる。

  城、右手でバッチを払う。

響「右利き、実行犯の鑑定結果と同じだな」

城「二人を殺った後、犯人は包丁を持って家中を徘徊した」

響「桂事務次官を探し回ったんだろお前」

城「南ちゃんにプレゼント買うからって、聞いてた予定より帰宅が遅れたんだよね」

響「桂さんは、復興予算の政治家横流し問題で国会に証人喚問されていた。口封じか?」

城「事件が起きて証人喚問は中止になっちゃったよね。極秘プロジェクト成功ってわけ」

響「替え玉を立てて身を隠したお前が、何故泉貢を釈放しろなんて俺に頼んだ?」

城「響先生なら闇を全部暴いてくれると思ったからさ。駒になって動くの嫌なったんだ」

響「釈放後の泉を殺しといて、よく言うよ」

城「あいつ消されたんだよ。僕達はね、明るい場所に出ることを最も嫌うんだ」

響「お前、名前何だ?」

城「名前? 今の名前は城莞爾だったかな」

響「裁判長、城莞爾を殺人罪及び誘拐罪で起訴します」

 

○同・廊下

  城、役人に手錠をつながれ歩いている。

  役人、拳銃を取り出し、城の背中に向ける。

  響、物陰から現れ、拳銃を掴む。

響「何してる? こいつを裁く場所は法廷だ」

  響、役人を睨む。役人、拳銃をしまう。(了)


「君が生きるために大切なことはいつも伝えられなかった」キャラクター表

相原勇孝(ゆたか)25)は、東京男子医科大学病院の研修医。出身は兵庫県姫路市。実家は小さな開業医である。一年浪人後、滑り止めで受験した東京男子医科大学に合格。卒業後、同大学病院の研修医となる。

 

東京男子医科大学は十五年前から共学になったが、OBの意向により、名称を東京男子医科大学のままとしている。都内の私立医大としてはCクラス。同大学病院は過去に医療ミスで訴訟沙汰の事件を起こしているが、今でも古い慣習、権威主義、縦割り組織の弊害が残っている。

 

正義感が強く、間違ったことに対しては間違っているとはっきり言う性格の相原は、研修期間中、各科の指導医と対立してきた。

 

 

患者が納得するまで説明する姿勢は、患者に評判がよい。腕も決して悪くないが、知識不足と連日の激務が原因で時折ミスを犯す。好きでもないのに眠気覚ましに1日3本以上コーヒーを飲む習癖を持つ。


「君が生きるために大切なことはいつも伝えられなかった」人物表

人 物

相原 勇孝(ゆたか)25)研修医

森田 護(まもる)40)指導医

水谷 (
)
(ひかり)(29
)薬剤師

小出 (
)
(しょう)(患者

 

小出 律(32)翔の母


「君が生きるために大切なことはいつも伝えられなかった」本文

○東京男子医大病院・ICU

  水谷光(29)、患者にチューブで投与されている薬剤を交換している。

  相原勇孝(25)、森田護(39)に連れられ、ICUに入って来る。

森田「光ちゃん紹介するよ、今日からICU配属になった研修医の」

相原「相原です。よろしくお願いします」

光「水谷です。邪魔だけはしないで下さいね」

森田「光ちゃん薬剤師だから。相原先生には、ああ、あの子担当してもらおうかな」

  奥に透明のケースで覆われ、無数の医療機器がつながれた小児用ベッド。

  小出翔(2)、目をつむり人工呼吸。

森田「小出翔君だ。ICU入りは確か昨日だったか。あれ? カルテないな、どこだ?」

相原「森田先生、僕小児科の経験ないですが」

森田「大丈夫だよ。首の腫瘍取る手術成功して、術後の回復待ちだって聞いてるから」

相原「でもICUに来ているお子さんでしょ。僕なんかに任せて大丈夫なんですか?」

森田「相原先生、君は医師法上立派な医師だ。自信持てよ。人手も足りないんだから」

相原「こういう時だけ立派な医師扱いですか」

森田「この子は、ああバクファミル投与中ね」

相原「バクファミル? 人工呼吸中の幼児への使用は、禁忌指定の麻酔薬ですよ」

森田「長期の場合だけだよ。翔君はすぐここ出るし。杓子定規に考えなくていいから」

光「森田先生、製薬会社の営業来てますけど」

森田「じゃ相原先生、後はよろしく頼むよ」

  と入口に向かう。

 

○同・医局(夜)

  相原、席に座り、うたた寝。机の上には缶コーヒー多数。

  光が来て肩を叩く。

光「先輩に見つかったら大変ですよ相原先生」

相原「あ、ありがとうございます」

光「先生達はみんなお気に入りのナース乗せて、外車で帰っちゃったけどね」



読者登録

野尻有希さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について