目次
はじめに
はじめに
更新履歴
更新履歴
page 2
page 3
戦場の一休宗純(課題30:時代劇)
「戦場の一休宗純」人物表
「戦場の一休宗純」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
三転倒立ライフスタイル(課題29:ホームドラマ)
「三転倒立ライフスタイル」人物表
「三転倒立ライフスタイル」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
君のアドリブパパ(課題28:喜劇)
「君のアドリブパパ」人物表
「君のアドリブパパ」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
STAP2号対ドロチ~北半球最後の戦い~(課題27:アクションドラマ)
「STAP2号対ドロチ~北半球最後の戦い~」人物表
「STAP2号対ドロチ~北半球最後の戦い~」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ライン上のゴースト(課題26:サスペンス)
「ライン上のゴースト」人物表
「ライン上のゴースト」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
失われた地図を集めて(課題25:メロドラマ)
「失われた地図を集めて」人物表
「失われた地図を集めて」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
BLACK BENGO(課題24:弁護士)
「BLACK BENGO」キャラクター表
「BLACK BENGO」人物表
「BLACK BENGO」本文
page 4
page 5
page 6
page 7
君が生きるために大切なことはいつも伝えられなかった(課題23:医師)
「君が生きるために大切なことはいつも伝えられなかった」キャラクター表
「君が生きるために大切なことはいつも伝えられなかった」人物表
「君が生きるために大切なことはいつも伝えられなかった」本文
page 4
page 5
page 6
page 7
ワケあり先生とハダカの王子様(課題22:教師)
「ワケあり先生とハダカの王子様」キャラクター表
「ワケあり先生とハダカの王子様」人物表
「ワケあり先生とハダカの王子様」本文
page 4
page 5
page 6
page 7
再会の脱法ハーブ(課題21:刑事)
「再会の脱法ハーブ」キャラクター表
「再会の脱法ハーブ」人物表
「再会の脱法ハーブ」本文
page 4
page 5
page 6
page 7
プライバシー・ゼロの国(課題20:記者)
「プライバシー・ゼロの国」人物表
「プライバシー・ゼロの国」キャラクター表
「プライバシー・ゼロの国」本文
page 4
page 5
page 6
page 7
約束のカヌー(課題19:別れの一瞬)
「約束のカヌー」人物表
「約束のカヌー」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
10秒チャレンジ(課題18:愛する一瞬)
「10秒チャレンジ」人物表
「10秒チャレンジ」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ちゃいくら(課題17:憎しみの一瞬)
「ちゃいくら」人物表
「ちゃいくら」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
論文盛りました?(課題16:裏切りの一瞬)
「論文盛りました?」人物表
「論文盛りました?」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
一日一善、ときどき変態(課題15:男と女)
「一日一善、ときどき変態」人物表
「一日一善、ときどき変態」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ペテン師のレクイエム(課題14:再会)
「ペテン師のレクイエム」人物表
「ペテン師のレクイエム」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
オレスタイル(課題13:古痕)
「オレスタイル」人物表
「オレスタイル」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ウォーター・ビジネス(課題12:雨)
「ウォーター・ビジネス」人物表
「ウォーター・ビジネス」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
九尾の狐とディープフリーズ日本列島(課題11:雪)
「九尾の狐とディープフリーズ日本列島」人物表
「九尾の狐とディープフリーズ日本列島」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ホームレスのライフノート(課題10:葬式)
「ホームレスのライフノート」人物表
「ホームレスのライフノート」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
シンデレラは嘘をつきすぎてる(課題9:結婚式)
「シンデレラは嘘をつきすぎてる」人物表
「シンデレラは嘘をつきすぎてる」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
18歳以上閲覧できません(課題8:不安)
「18歳以上閲覧できません」人物表
「18歳以上閲覧できません」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ミイラ男は焼肉の秘密を知っている(課題7:宿命)
「ミイラ男は焼肉の秘密を知っている」人物表
「ミイラ男は焼肉の秘密を知っている」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
アフター・ネグレクト(課題6:死)
「アフター・ネグレクト」人物表
「アフター・ネグレクト」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
お父さんもう来ないで(養成講座課題:別れ)
「お父さんもう来ないで」人物表
「お父さんもう来ないで」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
紙袋の女(養成講座課題:出会い)
「紙袋の女」人物表
「紙袋の女」本文
page 3
page 4
page 5
はしるかける(養成講座課題:魅力的な叔父さん)
「はしるかける」人物表
「はしるかける」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

53 / 177ページ

律「いえ、初めて伺いましたけど」

森田「相原君」

  と、相原の背中を引っ張る。

相原「バクファミルの使用で、病状が悪化したり、副作用が起こりやすくなるんです」

律「副作用があるような薬、私に説明なく使うなんて、どういうことですか?」

森田「お母様、この件については経緯を詳細に調べた上で、説明の機会を設けますので」

  森田、相原の足を靴で踏む。

 

○同・小会議室(夜)

  森田と相原、にらみ合っている。

森田「お子さん亡くされた直後なんだから、相手を動揺させるようなことしゃべるなよ」

相原「事実を伝えなきゃいけないでしょう、事実を。隠すつもりですか?」

森田「隠す? 何をだよ?」

相原「バクファミルですよ。副作用」

森田「因果関係なんてそんな簡単に証明できないんだよ。断言は慎め」

相原「お母さんにも薬の説明なしって、どういうことですか?」

森田「私だって誰か説明してると思ってたさ。とにかく君はこれ以上この問題に関わるな」

相原「納得できません」

森田「ICUに来る子供なんて半分死んでるようなもんだ。バクファミルなしでも死亡確率は50%以上あるんだぞ」

  相原、森田を見つめる。

森田「副作用を認める認めないは研修医が口突っ込む問題じゃない。病院経営の問題だ」

相原「僕は経営なんてわかりませんが、翔君のお母さんが困っていることはわかります」

森田「副作用なら君の過失になるんだぞ」

相原「え? 僕の責任ですか?」

森田「当たり前だろ。担当医は君なんだから。何でバクファミルの投与やめなかった?」

相原「それは……」

森田「カルテの整理でもしてなさい」

  と言って去る。


○同・廊下(夜)

  相原、ベンチに座りうなだれている。

  光、缶コーヒーを差し出す。

光「もしかして初めて? 自分の担当した患者さんが亡くなるのは? ……辛いよね」

相原「僕が、助かるはずの命をあやめてしまったんでしょうか?」

光「聞いたよ。翔君のお母さんに伝えたんだってね、バクファミルのこと」

相原「すみません。投与が公になったら、水谷さんも責任問題になるかもしれないのに」

光「人殺しの薬剤師はクビになっても、病院様はしぶとく生き残るんでしょ」

相原「僕は、薬剤師さんとかスタッフのみんなが病気になったら、入院したいって思える病院で働きたかった。でもここは……」

光「こんな病院でも遺族が本気で動いたら、変わっていくかもね」

相原「家族はいつか遺族になるんですね」

光「お母さん、さっきまだロビーにいたよ。伝えるなら今だよ。相原先生」

  相原、立ち上がり、走り出す。

 

○同・病院付近の歩道(夜)

  歩く律。猛ダッシュで相原が追いつく。

相原「待ってください」

律「あなたは」

相原「お力になれず本当にすみませんでした」

  と深くお辞儀をする。

律「翔の顔見ましたよ。眠ってるみたいで、まだ信じられません、亡くなったなんて」

相原「これカルテ開示申請書です。他にも知りたいことがあったらおっしゃって下さい」

  と、律に開示申請書を差し出す。

律「何があったのか本当のこと教えて欲しいんです、2歳で亡くなった翔の為にも。先生のことは、信じてもいいんですよね?」

  相原、律の目を真っ直ぐ見て頷く。(了)


「ワケあり先生とハダカの王子様」キャラクター表

桜木超(さくらぎこゆる)35)は私立応徳学院大学付属中学校2年2組産休代替教員。専攻は理科。

 

都内国立大学の教育学部卒業後、中学校教諭免許状取得。都内の私立中学で教諭になる。出世コースを歩んでいたが、28歳の時、初担任になったクラスで、いじめ、モンスターペアレント、学級崩壊の三重苦に見舞われる。うつ病を発症して休職。復帰後は非常勤講師として都内各地の中学校を渡り歩いている。

 

非常勤講師となった後は、保護者、生徒、先輩教師のご機嫌取りを辞めた。クレームを恐れず、子供達の将来のために直言する桜木の姿勢は、時に反発を呼び、何度も保護者や学校と対立した。桜木のことを慕う生徒もいるが、多くの場合、桜木の発言と行動は問題になり、半年に一度の契約更新前に契約切れになっている。

 

教師間でのあだ名は訳あり先生。生徒には超さん、桜木町などと呼ばれる。趣味は化学実験、理科の実験器具でコーヒーを作ること。


「ワケあり先生とハダカの王子様」人物表

 人 物

桜木 超(さくらぎこゆる)(35)私立応徳学院大学付属中学校・2年2組産休代替教員

冷泉穂高(れいぜいほだか)(14)同・2年2組生徒

成瀬薫子(42)同・教務主任・英語教師

早川 凛(14)同・2年2組生徒

男子A

男子B


「ワケあり先生とハダカの王子様」本文

○浜松町・駅前(朝)

  桜木超(35)、学生達に混じって歩く。

 

○応徳学院大学付属中学校・外観(朝)

  美術館のような現代建築の校舎。

 

○同・2年2組教室(朝)

  早川凛(14)他生徒達はしゃいでいる。

  桜木と成瀬薫子(42)、教室に入る。

薫子「ビー・クワイエット!」

  生徒達、教壇の桜木を見つめる。

薫子「三上先生が産休の間、このクラスの担任になります、桜木先生です」

  桜木、黒板に桜木超と書く。

桜木「桜木こゆるって読むからな。よろしく」

男子A「桜木町」

  凛他生徒達、笑う。

男子B「ここは浜松町だよ。横浜帰ったら?」

  桜木、ほくそ笑む。

 

○同・校門(朝)

  高級リムジンが到着する。

  冷泉穂高(14)、車から降りてくる。

  清掃中の用務員、冷泉におじぎする。

 

○同・2年2組教室(朝)

  桜木、黒板に元素記号を書いている。

  凛、机の下に隠してスマホを操作。

  冷泉、後ろのドアから入って来る。

桜木「君は、冷泉君かな?」

冷泉、返事をせず席に座る。

桜木「遅刻だろ。挨拶は?」

冷泉「おっさん誰?」

男子A「桜木町」

桜木「三上先生が産休の間、担任の桜木超だ」

冷泉「三上のおばさん、もう帰って来ないと思うけど」

桜木「あ?」

冷泉「少なくともこのクラスにはね」

  冷泉、英語の教科書と辞書を広げる。



読者登録

野尻有希さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について