目次
はじめに
はじめに
更新履歴
更新履歴
page 2
page 3
戦場の一休宗純(課題30:時代劇)
「戦場の一休宗純」人物表
「戦場の一休宗純」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
三転倒立ライフスタイル(課題29:ホームドラマ)
「三転倒立ライフスタイル」人物表
「三転倒立ライフスタイル」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
君のアドリブパパ(課題28:喜劇)
「君のアドリブパパ」人物表
「君のアドリブパパ」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
STAP2号対ドロチ~北半球最後の戦い~(課題27:アクションドラマ)
「STAP2号対ドロチ~北半球最後の戦い~」人物表
「STAP2号対ドロチ~北半球最後の戦い~」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ライン上のゴースト(課題26:サスペンス)
「ライン上のゴースト」人物表
「ライン上のゴースト」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
失われた地図を集めて(課題25:メロドラマ)
「失われた地図を集めて」人物表
「失われた地図を集めて」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
BLACK BENGO(課題24:弁護士)
「BLACK BENGO」キャラクター表
「BLACK BENGO」人物表
「BLACK BENGO」本文
page 4
page 5
page 6
page 7
君が生きるために大切なことはいつも伝えられなかった(課題23:医師)
「君が生きるために大切なことはいつも伝えられなかった」キャラクター表
「君が生きるために大切なことはいつも伝えられなかった」人物表
「君が生きるために大切なことはいつも伝えられなかった」本文
page 4
page 5
page 6
page 7
ワケあり先生とハダカの王子様(課題22:教師)
「ワケあり先生とハダカの王子様」キャラクター表
「ワケあり先生とハダカの王子様」人物表
「ワケあり先生とハダカの王子様」本文
page 4
page 5
page 6
page 7
再会の脱法ハーブ(課題21:刑事)
「再会の脱法ハーブ」キャラクター表
「再会の脱法ハーブ」人物表
「再会の脱法ハーブ」本文
page 4
page 5
page 6
page 7
プライバシー・ゼロの国(課題20:記者)
「プライバシー・ゼロの国」人物表
「プライバシー・ゼロの国」キャラクター表
「プライバシー・ゼロの国」本文
page 4
page 5
page 6
page 7
約束のカヌー(課題19:別れの一瞬)
「約束のカヌー」人物表
「約束のカヌー」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
10秒チャレンジ(課題18:愛する一瞬)
「10秒チャレンジ」人物表
「10秒チャレンジ」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ちゃいくら(課題17:憎しみの一瞬)
「ちゃいくら」人物表
「ちゃいくら」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
論文盛りました?(課題16:裏切りの一瞬)
「論文盛りました?」人物表
「論文盛りました?」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
一日一善、ときどき変態(課題15:男と女)
「一日一善、ときどき変態」人物表
「一日一善、ときどき変態」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ペテン師のレクイエム(課題14:再会)
「ペテン師のレクイエム」人物表
「ペテン師のレクイエム」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
オレスタイル(課題13:古痕)
「オレスタイル」人物表
「オレスタイル」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ウォーター・ビジネス(課題12:雨)
「ウォーター・ビジネス」人物表
「ウォーター・ビジネス」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
九尾の狐とディープフリーズ日本列島(課題11:雪)
「九尾の狐とディープフリーズ日本列島」人物表
「九尾の狐とディープフリーズ日本列島」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ホームレスのライフノート(課題10:葬式)
「ホームレスのライフノート」人物表
「ホームレスのライフノート」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
シンデレラは嘘をつきすぎてる(課題9:結婚式)
「シンデレラは嘘をつきすぎてる」人物表
「シンデレラは嘘をつきすぎてる」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
18歳以上閲覧できません(課題8:不安)
「18歳以上閲覧できません」人物表
「18歳以上閲覧できません」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ミイラ男は焼肉の秘密を知っている(課題7:宿命)
「ミイラ男は焼肉の秘密を知っている」人物表
「ミイラ男は焼肉の秘密を知っている」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
アフター・ネグレクト(課題6:死)
「アフター・ネグレクト」人物表
「アフター・ネグレクト」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
お父さんもう来ないで(養成講座課題:別れ)
「お父さんもう来ないで」人物表
「お父さんもう来ないで」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
紙袋の女(養成講座課題:出会い)
「紙袋の女」人物表
「紙袋の女」本文
page 3
page 4
page 5
はしるかける(養成講座課題:魅力的な叔父さん)
「はしるかける」人物表
「はしるかける」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

67 / 177ページ

芝「やめろ。百瀬にさわるな」

柊「今は拾ってもらった刑事の犬になったけどね」

  芝、胸に潜めていた拳銃を取り出す。

  柊、拳銃を取り上げる。

柊「セーフ。お嬢さんの銃ももらっちゃうね」

  と菖の体を探る。

柊「ラッキー、こっちは持ってないみたい」

芝「やめろ、百瀬から手を離せ」

柊「チンピラに脅されながら毎日粉詰めてたガキが、刑事なんておかしいでしょ」

芝「俺は抜け出したんだ」

柊「僕達はこっちの世界の人間だ。一歩足を入れたら、二度と抜け出せないんだよ」

芝「お前だって、薬何て触りたくもないって言ってたじゃないか」

柊「大和にさ、刑事なんて似合わないよ」

芝「俺は刑事だ。お前だってこんな仕事……」

柊「ふう、しょうがないな。じゃあ取引しよう。僕の犬にならない?」

芝「何だと?」

柊「警察の情報流してよ。悪いようにはしないから。報酬も出すよ」

芝「誰がそんな話に乗るか」

柊「よく吠える犬だなあ。君の可愛い後輩を薬漬けにすることもできるんだけど」

  と、注射器を取り出す。

芝「やめろ」

柊「致死量ぎりぎりまでこの子の体にリキッドを入れることもできる。薬の怖さは大和が一番よく知ってるよね?」

  柊、注射器の針を菖の首筋にあてる。

柊「簡単な取引だよ。さ、僕の犬になってよ」

芝「わかった。わかったから手を放せ」

柊「いい犬だ。約束だよ。わんわん」

  と、菖の体を芝の方に投げ捨てる。

芝「百瀬、しっかりしろ。動けるか?」

柊「口約束だけじゃさすがに不安だな。行動で証明してもらおうか」

  と、芝の手元に注射器を転がす。


柊「彼女にさ、針打ってよ」

芝「は? 何言ってる?」

柊「向こうの世界に飛ばしちゃいなよ」

芝「お前」

柊「誓いの言葉は嘘だったの? 僕の忠実な飼い犬になったんでしょ。忠誠心見せてよ」

芝「ふざけんなよ」

柊「大和の弱点は彼女だ。一目でわかったよ。人は弱さを断ち切ったら、強くなれる。早く弱さつぶして、こっちの世界に来なよ」

芝「弱さを守るために俺は刑事やってんだよ」

  と注射器を柊の方に投げつける。

  注射器は地面に力なく落ちて刺さる。

柊「大和、僕の店にはたくさん客が来る。社会から見捨てられた人が集まって来るんだ。残念だけど君は何も守ってなんかいない」

芝「お前のやってることよく見てみろ。ただの犯罪だよ。屁理屈は法廷で言うんだな」

  柊、芝の腕に銃を撃つ。うめく芝。

柊「だまれよ、犬のくせに」

  と芝に近づき、芝の首に銃口を当てる。

柊「再会できて嬉しかったのに。さよならだ」

  菖、突然起き上がり、柊を羽交い絞めにする。

  芝の手元に銃が転がる。

柊「お前、動けるのか。くそ、離せ!」

  暴れる柊を菖が必死におさえる。

菖「芝さん! 撃ってください!」

  柊、菖の首をしめる。抵抗する菖。

  芝、銃を拾い、柊と菖に向けて構える。

  芝の腕から血。手元は震えている。

  芝、銃を撃つ。響き渡る銃声。

 

○同・表(夜)

  パトカーが何台も集まっている。

  本城、重傷を負った柊を連行する。

  負傷した芝と菖、壁際にいる。

菖「さっきの、全部聞いてましたよ」

芝「軽蔑するなら軽蔑しろ」

菖「芝さん、刑事課全員に軽蔑されてますよ」

  菖、芝の腕に布で包帯を巻く。(了)


「プライバシー・ゼロの国」人物表

 人 物

飛田勢至(とびたせいじ)(40)フリーライター

新条冴子(40)月刊『リベルテ』副編集長

雪原此方(こなた)(28)警備局総合情報分析室技術職


「プライバシー・ゼロの国」キャラクター表

飛田勢至40)は名古屋出身。フリーのジャーナリスト。大手新聞社の社会部記者時代は、調査報道で数々の賞を受賞。原発事故を契機に新聞社の報道方針とそりがあわず退社。現在は主に総合雑誌『リベルテ』等に寄稿。

 

住まい兼事務所は雑居ビル屋上のプレハブ小屋。趣味は喫煙。睡眠不足のストレスを煙草で補うヘビースモーカーである。

 

飛田のモットーは、体制や社会権力におもねることなく真実の報道を貫くこと。3ヶ月に1回は特ダネをあげること。言動はぶっきらぼうで攻撃的だが、緻密で粘り強い取材に基づいた飛田の文章にはファンも多い。

 

但し、己の信念に従って行動しすぎる面があり、周囲との摩擦が絶えない。大手マスコミには彼を忌み嫌う者も大勢いる。

 

最近は、『リベルテ』の副編集長で大学時代同級生だった新条冴子(40)との仕事が多い。気心の知れた仲だが、冴子は飛田の自由奔放な姿勢と人気に嫉妬している。


「プライバシー・ゼロの国」本文

○飛田の家・外観(朝)

  都心の雑居ビル屋上のプレハブ小屋。

  新条冴子(40)、小屋の扉を開ける。

 

○同・室内(朝)

  本が乱雑に積まれている。

  飛田勢至(40)、PCに向かい遠隔操作ウィルス事件の記事を入力。

  冴子が来る。

冴子「おはよう飛田君。朝から仕事?」

飛田「徹夜だよ」

冴子「ちょっと話したいことがあるんだけど」

飛田「手短にな」

冴子「パソコンの電源切ってもらえる?」

飛田「は?」

冴子「携帯の電源もお願い」

飛田「冴子、どうした?」

冴子「他に聞かれちゃまずい話なの」

  飛田、PCの電源を落とし煙草を吸う。

飛田「『リベルテ』の副編集長様に頼まれたんじゃ仕方ないな」

冴子「珍しく素直じゃない」

飛田「突然電源落とされたら困るだけだよ」

  冴子、鞄から書類を出す。

冴子「これ読んでみて。匿名の情報提供」

飛田「日本国政府が行っている無差別スパイ活動に関する告発?」

冴子「最初は私も鼻で笑ったわ」

飛田「普通に考えれば、悪戯か罠だろ」

冴子「2通目はこれ。添付ファイルつき」

  冴子、書類の束を出す。

飛田「公安の機密文書じゃないか。こんなに」

冴子「パスワード解除するまで丸一日かかったんだから。それでもごく一部だって」

飛田「一般市民の通話履歴、インターネットのアクセスログの無差別大量収集。これが事実だとしたら、大変なことになるぞ」

冴子「飛田君、今日、時間ある?」

飛田「暇なら徹夜で書いてないぜ」

冴子「この情報提供者と面会の約束があるの」

飛田「何だ? 2人で初デートか?」



読者登録

野尻有希さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について