目次
はじめに
はじめに
更新履歴
更新履歴
page 2
page 3
戦場の一休宗純(課題30:時代劇)
「戦場の一休宗純」人物表
「戦場の一休宗純」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
三転倒立ライフスタイル(課題29:ホームドラマ)
「三転倒立ライフスタイル」人物表
「三転倒立ライフスタイル」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
君のアドリブパパ(課題28:喜劇)
「君のアドリブパパ」人物表
「君のアドリブパパ」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
STAP2号対ドロチ~北半球最後の戦い~(課題27:アクションドラマ)
「STAP2号対ドロチ~北半球最後の戦い~」人物表
「STAP2号対ドロチ~北半球最後の戦い~」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ライン上のゴースト(課題26:サスペンス)
「ライン上のゴースト」人物表
「ライン上のゴースト」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
失われた地図を集めて(課題25:メロドラマ)
「失われた地図を集めて」人物表
「失われた地図を集めて」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
BLACK BENGO(課題24:弁護士)
「BLACK BENGO」キャラクター表
「BLACK BENGO」人物表
「BLACK BENGO」本文
page 4
page 5
page 6
page 7
君が生きるために大切なことはいつも伝えられなかった(課題23:医師)
「君が生きるために大切なことはいつも伝えられなかった」キャラクター表
「君が生きるために大切なことはいつも伝えられなかった」人物表
「君が生きるために大切なことはいつも伝えられなかった」本文
page 4
page 5
page 6
page 7
ワケあり先生とハダカの王子様(課題22:教師)
「ワケあり先生とハダカの王子様」キャラクター表
「ワケあり先生とハダカの王子様」人物表
「ワケあり先生とハダカの王子様」本文
page 4
page 5
page 6
page 7
再会の脱法ハーブ(課題21:刑事)
「再会の脱法ハーブ」キャラクター表
「再会の脱法ハーブ」人物表
「再会の脱法ハーブ」本文
page 4
page 5
page 6
page 7
プライバシー・ゼロの国(課題20:記者)
「プライバシー・ゼロの国」人物表
「プライバシー・ゼロの国」キャラクター表
「プライバシー・ゼロの国」本文
page 4
page 5
page 6
page 7
約束のカヌー(課題19:別れの一瞬)
「約束のカヌー」人物表
「約束のカヌー」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
10秒チャレンジ(課題18:愛する一瞬)
「10秒チャレンジ」人物表
「10秒チャレンジ」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ちゃいくら(課題17:憎しみの一瞬)
「ちゃいくら」人物表
「ちゃいくら」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
論文盛りました?(課題16:裏切りの一瞬)
「論文盛りました?」人物表
「論文盛りました?」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
一日一善、ときどき変態(課題15:男と女)
「一日一善、ときどき変態」人物表
「一日一善、ときどき変態」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ペテン師のレクイエム(課題14:再会)
「ペテン師のレクイエム」人物表
「ペテン師のレクイエム」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
オレスタイル(課題13:古痕)
「オレスタイル」人物表
「オレスタイル」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ウォーター・ビジネス(課題12:雨)
「ウォーター・ビジネス」人物表
「ウォーター・ビジネス」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
九尾の狐とディープフリーズ日本列島(課題11:雪)
「九尾の狐とディープフリーズ日本列島」人物表
「九尾の狐とディープフリーズ日本列島」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ホームレスのライフノート(課題10:葬式)
「ホームレスのライフノート」人物表
「ホームレスのライフノート」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
シンデレラは嘘をつきすぎてる(課題9:結婚式)
「シンデレラは嘘をつきすぎてる」人物表
「シンデレラは嘘をつきすぎてる」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
18歳以上閲覧できません(課題8:不安)
「18歳以上閲覧できません」人物表
「18歳以上閲覧できません」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ミイラ男は焼肉の秘密を知っている(課題7:宿命)
「ミイラ男は焼肉の秘密を知っている」人物表
「ミイラ男は焼肉の秘密を知っている」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
アフター・ネグレクト(課題6:死)
「アフター・ネグレクト」人物表
「アフター・ネグレクト」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
お父さんもう来ないで(養成講座課題:別れ)
「お父さんもう来ないで」人物表
「お父さんもう来ないで」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
紙袋の女(養成講座課題:出会い)
「紙袋の女」人物表
「紙袋の女」本文
page 3
page 4
page 5
はしるかける(養成講座課題:魅力的な叔父さん)
「はしるかける」人物表
「はしるかける」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

87 / 177ページ

  カウンターにかりんが立ち、伝票確認。

茅ヶ崎「よかったな、判定オッケーだって」

遠藤「茅ヶ崎さん、ここ普通のバーですよね」

茅ヶ崎「見つけたの俺だからね」

  遠藤、カウンター下で茅ヶ崎と握手。

かりん「初めまして、かりんです。遠藤さんって、茅ヶ崎さんの会社の方ですか?」

茅ヶ崎「俺の部下なんだけどさ、今日アホ部長のせいで、スペシャリストからエキスパートになっちゃって」

かりん「すごーい、おめでとうございます」

茅ヶ崎「いやいや、かりんちゃんね」

遠藤、咳払いしつつ、カウンター下で茅ヶ崎の横腹を小突く。

遠藤「ありがとう、今日はお祝いなんだ」

かりん「次、何飲まれますか? 一杯無料で行けますよ」

  と、遠藤にメニュー表を差し出す。

遠藤「じゃあ、山崎のロックで」

茅ヶ崎「お前ロックなんて飲むんだっけ?」

かりん「ごめんなさい、山崎のロックは無料対象じゃないんですよ」

遠藤「そうなんだ。じゃあ角ハイボールで」

かりん「他にご注文は?」

茅ヶ崎「どうなんだ遠藤?」

遠藤「とりあえず、いいかな」

かりん「あの、もしよかったらなんですけど」

遠藤「何?」

かりん「私も一杯いだたいていいですか?」

茅ヶ崎「遠藤、聞いてるぞ。いいのか?」

遠藤「もちろん。好きなの飲んでいいよ」

かりん「ありがとうございます。じゃあ私も角ハイいただきます。すぐ戻ってきますね」

  と、奥のカウンターに向かう。

茅ヶ崎「どうだ遠藤? いいだろこの店」

遠藤「悪くないですね。明日も来ましょう」

茅ヶ崎「今日俺のおごりじゃないからな」

遠藤「え? まさかの割り勘ですか?」

  かりんが酒を持って戻って来る。

  遠藤、姿勢を正す。茅ヶ崎、にやつく。(了)


「ちゃいくら」人物表

 人 物

坂上一郎(29)会社員

鈴木次郎(35)坂上の上司

ティナ(22)キャバ嬢

リア(21)キャバ嬢

戸塚シン(27)呼込

呼込

ボーイ

キャバ嬢1

キャバ嬢2


「ちゃいくら」本文

○歌舞伎町・ガールズ居酒屋前(深夜)

  通行人や呼込がたくさんいる店前。

  ガールズ居酒屋の看板には、美人の店員の写真が多数写っている。

  坂上一郎(29)と鈴木次郎(35)、会社の同僚達が店から出てくる。

坂上「それじゃ、おつかれさまでしたー」

一同「おつかれー」

  同僚達、ぱらぱらと歩き始める。

  坂上と鈴木、皆の帰りを見送る。

坂上「すーさん、もう終電ないっす」

鈴木「じゃ、もう一軒行こっか」

坂上「うす」

  坂上と鈴木、皆と逆方向に歩き出す。

  呼込1、2人にすり寄る。

呼込1「何系お探しですか? キャバですか? もみですか?」

  坂上と鈴木、無視して歩き続ける。

鈴木「坂上、どこ行きたい?」

坂上「もう金1万しかないんすよね」

  呼込が何人も坂上達に近寄る。

  二人は呼込を無視して歩いていく。

鈴木「コンビニで金おろしてく?」

坂上「今日は安く済ませましょうよ」

鈴木「じゃあキャバか」

坂上「ガールズバーにしません?」

鈴木「俺はキャバの方がいいんだけど」

坂上「じゃあスーさん安い店見つけてくださいよ」

鈴木「坂上探してよ」

  戸塚シン(27)が寄って来る。

戸塚「今日はどちらに?」

  坂上と鈴木、歩き続ける。

  戸塚、追いかけてくる。

戸塚「何系お探しですか? もう時間も遅いんで、お安くご紹介できますよ」

坂上「キャバで安いとこ探してるんだけど」

戸塚「キャバですか」

坂上「時間潰したいんで、2時間とかいけたらいいなあと思ってんだけど」


戸塚「2時間焼酎つきで8千円でどうですか?」

坂上「すーさん」

鈴木「うーん、もう一声」

  戸塚、スマホを取り出し、電話でこそこそ話す。

鈴木「2時間だったら安い店でも、なんだかんだで1万くらいすぐ行っちゃうからね」

戸塚「確認とれました。今なら120分お1人様7千円ですぐ入れます」

鈴木「女の子マンツーでつくの?」

戸塚「女の子最初からお2人につけます」

坂上「悪くないんじゃないすか?」

鈴木「行くか」

戸塚「では、ご案内します」

  坂上と鈴木、戸塚についていく。

 

○エレミア・入口前(深夜)

  雑居ビルの三階。ボーイが立っている。

  エレベーターのドアが開く。

  坂上と鈴木、エレベーターを降りる。

  戸塚、エレベーター内に残り、

戸塚「ごゆっくりどうぞー」

  エレベーターのドアが閉まる。

ボーイ「前金になります。おひとり様7千円です」

鈴木「え? 前金なのここ?」

ボーイ「はい。特別にお安くしてますんで」

  坂上と鈴木、財布からお札を出す。

  ボーイ、お金を確認し、

ボーイ「ご案内します」

  と、二人を店の中に連れていく。

 

○同・店内(深夜)

  暗い照明の店内。

  客は多く、店は賑わっている。

  坂上と鈴木、ボーイの先導で、一番手前の席に案内される。

  坂上と鈴木、座ると、ティナとキャバ嬢1がやってくる。

ティナ「どうもー、ティナでーす」


  ティナ、坂上の隣に座り、焼酎の水割りを作り始める。

ティナ「(以下外国訛り)お兄さん私もいい?」

坂上「え?」

ティナ「お酒、一杯だけいいでしょ」

坂上「いくらなの?」

ティナ「千円だけ」

坂上「ごめん、今日はもう金ないから」

ティナ「ええ、いいじゃん」

坂上「いや本当にごめん」

ティナ「みんな飲んでるよ、ほら」

  ボーイ、鈴木の席にカクテルを持ってくる。

坂上「え? すーさんまじすか?」

鈴木「くれくれってうるさいからさ」

ティナ「いいなー、私も飲みたいな」

坂上「しょうがないな」

ティナ「ありがとー」

  ティナ、ボーイに向けて手を振る。

ティナ「お金、千円」

坂上「え? 今払うの?」

ティナ「うん」

  坂上、不満げな顔で千円札をティナに渡す。ボーイ、カクテルを持ってくる。

  ティナ、グラスを取って、

ティナ「かんぱーい」

  坂上とティナ、グラスをかわす。

坂上「どこ出身?」

ティナ「私?」

坂上「中国かどっか?」

ティナ「台湾だよ」

坂上「ああそうなんだ。そっちの子も?」

ティナ「うん、みんなだいたい台湾」

  ティナ、坂上の膝に手を乗せて、

ティナ「お兄さん、ホテルいこ」

坂上「ホテル?」

ティナ「うん、近くにあるよ」

坂上「どうせ金かかるんでしょ」

ティナ「安いよ」

坂上「いくらなの?」



読者登録

野尻有希さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について