目次
はじめに
はじめに
更新履歴
更新履歴
page 2
page 3
戦場の一休宗純(課題30:時代劇)
「戦場の一休宗純」人物表
「戦場の一休宗純」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
三転倒立ライフスタイル(課題29:ホームドラマ)
「三転倒立ライフスタイル」人物表
「三転倒立ライフスタイル」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
君のアドリブパパ(課題28:喜劇)
「君のアドリブパパ」人物表
「君のアドリブパパ」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
STAP2号対ドロチ~北半球最後の戦い~(課題27:アクションドラマ)
「STAP2号対ドロチ~北半球最後の戦い~」人物表
「STAP2号対ドロチ~北半球最後の戦い~」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ライン上のゴースト(課題26:サスペンス)
「ライン上のゴースト」人物表
「ライン上のゴースト」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
失われた地図を集めて(課題25:メロドラマ)
「失われた地図を集めて」人物表
「失われた地図を集めて」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
BLACK BENGO(課題24:弁護士)
「BLACK BENGO」キャラクター表
「BLACK BENGO」人物表
「BLACK BENGO」本文
page 4
page 5
page 6
page 7
君が生きるために大切なことはいつも伝えられなかった(課題23:医師)
「君が生きるために大切なことはいつも伝えられなかった」キャラクター表
「君が生きるために大切なことはいつも伝えられなかった」人物表
「君が生きるために大切なことはいつも伝えられなかった」本文
page 4
page 5
page 6
page 7
ワケあり先生とハダカの王子様(課題22:教師)
「ワケあり先生とハダカの王子様」キャラクター表
「ワケあり先生とハダカの王子様」人物表
「ワケあり先生とハダカの王子様」本文
page 4
page 5
page 6
page 7
再会の脱法ハーブ(課題21:刑事)
「再会の脱法ハーブ」キャラクター表
「再会の脱法ハーブ」人物表
「再会の脱法ハーブ」本文
page 4
page 5
page 6
page 7
プライバシー・ゼロの国(課題20:記者)
「プライバシー・ゼロの国」人物表
「プライバシー・ゼロの国」キャラクター表
「プライバシー・ゼロの国」本文
page 4
page 5
page 6
page 7
約束のカヌー(課題19:別れの一瞬)
「約束のカヌー」人物表
「約束のカヌー」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
10秒チャレンジ(課題18:愛する一瞬)
「10秒チャレンジ」人物表
「10秒チャレンジ」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ちゃいくら(課題17:憎しみの一瞬)
「ちゃいくら」人物表
「ちゃいくら」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
論文盛りました?(課題16:裏切りの一瞬)
「論文盛りました?」人物表
「論文盛りました?」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
一日一善、ときどき変態(課題15:男と女)
「一日一善、ときどき変態」人物表
「一日一善、ときどき変態」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ペテン師のレクイエム(課題14:再会)
「ペテン師のレクイエム」人物表
「ペテン師のレクイエム」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
オレスタイル(課題13:古痕)
「オレスタイル」人物表
「オレスタイル」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ウォーター・ビジネス(課題12:雨)
「ウォーター・ビジネス」人物表
「ウォーター・ビジネス」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
九尾の狐とディープフリーズ日本列島(課題11:雪)
「九尾の狐とディープフリーズ日本列島」人物表
「九尾の狐とディープフリーズ日本列島」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ホームレスのライフノート(課題10:葬式)
「ホームレスのライフノート」人物表
「ホームレスのライフノート」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
シンデレラは嘘をつきすぎてる(課題9:結婚式)
「シンデレラは嘘をつきすぎてる」人物表
「シンデレラは嘘をつきすぎてる」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
18歳以上閲覧できません(課題8:不安)
「18歳以上閲覧できません」人物表
「18歳以上閲覧できません」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ミイラ男は焼肉の秘密を知っている(課題7:宿命)
「ミイラ男は焼肉の秘密を知っている」人物表
「ミイラ男は焼肉の秘密を知っている」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
アフター・ネグレクト(課題6:死)
「アフター・ネグレクト」人物表
「アフター・ネグレクト」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
お父さんもう来ないで(養成講座課題:別れ)
「お父さんもう来ないで」人物表
「お父さんもう来ないで」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
紙袋の女(養成講座課題:出会い)
「紙袋の女」人物表
「紙袋の女」本文
page 3
page 4
page 5
はしるかける(養成講座課題:魅力的な叔父さん)
「はしるかける」人物表
「はしるかける」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

84 / 177ページ

りさりさ「10秒チャレンジ、用意スタート!」

  茅ヶ崎、勢いよく飲み始めると、遠藤が店に入って来る。

茅ヶ崎「ちょっとタイム。遠藤こっちこっち」

りさりさ「タイムなーし。残り5秒」

茅ヶ崎「まじかよ」

  茅ヶ崎、ジョッキをがぶ飲みする。

りさりさ「3、2、1、終了ー」

  茅ヶ崎、メガジョッキを飲み続ける。

りさりさ「だめだめ、アウトですよ!」

茅ヶ崎「そんなあ、いいじゃん」

りさりさ「だめー、アウト―!」

  遠藤、茅ヶ崎の隣におそるおそる座る。

遠藤「茅ヶ崎さん何してんすか」

茅ヶ崎「お前のせいだぞ、遠藤」

遠藤「何ですか、いきなりキレちゃって」

りさりさ「いらっしゃいませ、りさりさです」

遠藤「りさりさ? それ名前なの?」

りさりさ「みんなからりさりさって呼ばれてるんで、名前にしてみました」

遠藤「ああ、そうなの。よろしく」

りさりさ「何にしますか?」

遠藤「とりあえずハイボールで」

茅ヶ崎「ノリ悪いよ。10秒チャレンジ行けよ」

遠藤「それって、さっきやってたのですか?」

りさりさ「メガハイボール10秒以内に飲まれますと、一杯無料でサービスしますよ」

遠藤「僕そういうのいいですから」

茅ヶ崎「さっきの責任取って飲めよ」

遠藤「まだしらふですよ」

りさりさ「ハイボール2つにしときますね」

  と言って、カウンター奥の厨房に行く。

茅ヶ崎「いいだろこの店。カウンターだと、ガールズバーじゃないのに女の子ついてくれるんだよねえ」

遠藤「あんま女の子かわいくないすけど」

茅ヶ崎「贅沢言うなよ、そういう店じゃないんだから」

  りさりさ、ハイボールとポップコーンを持って来る。


りさりさ「はい、ポップコーンサービスです」

茅ヶ崎「いいねいいね。じゃ、遠藤の降格祝ってことで乾杯!」

遠藤「降格祝って」

  と愚痴りつつ、グラスを重なる。

りさりさ「降格祝? 合格祝じゃなくて?」

茅ヶ崎「こいつさアホ部長のせいで、スペシャリストからエキスパートに降格したのよ」

りさりさ「え? それどっちが偉いんですか?」

茅ヶ崎「よくわかんないでしょ。俺もどっちが偉いかわかんねー」

  と高笑い。

  かりん(22)、向かいのカウンターに立つ。

  遠藤、男性客に微笑むかりんを見て、手にしたポップコーンを落とす。

茅ヶ崎「何だよ遠藤、行儀悪いな」

遠藤「すいません」

茅ヶ崎「やっぱりショックか? まあ飲めよ」

  遠藤、かりんを見つつ、ポップコーンを食べる。口からコーンが零れ落ちる。

茅ヶ崎「きたな! きたないよお前!」

遠藤「茅ヶ崎さん、向かい側の子、いい感じですね」

茅ヶ崎「ん? あの子? りさりさちゃん、あの子名前なんだったっけ?」

りさりさ「え? かりんですか?」

茅ヶ崎「そうだそうだ、かりんちゃん。そっか、遠藤はかりんちゃんがタイプか」

りさりさ「何か分かる気がするー」

遠藤「いや、いい感じだなと思っただけで」

茅ヶ崎「この歳で照れんなよおっさん」

りさりさ「ごめんなさいね。うち指名とかそういうシステムないんで」

  遠藤、肩を落としハイボールを飲む。

茅ヶ崎「わかった。遠藤が10秒チャレンジ成功したら、かりんちゃん呼んでもらおう」

遠藤「そんなシステムないでしょう」

茅ヶ崎「どうよ? りさりさ」

りさりさ「いいですよー」


遠藤「え? いいの?」

茅ヶ崎「行け遠藤、降格祝だ」

遠藤「じゃあ一回だけ、お願いします」

りさりさ「チャレンジ頂きましたー」

りさりさ、メガジョッキを持ってきて、ストップウォッチを構える。

りさりさ「成功したら一杯サービスですよー」

遠藤「あとかりんちゃんこっちね」

りさりさ「そうでしたね、忘れてました」

茅ヶ崎「遠藤よく見ろ、ジョッキの中はほとんど氷だ。かりんちゃんのために飲み干せ」

  遠藤、ジョッキを見つめ唾を飲み込む。

りさりさ「3、2、1、スタート!」

  遠藤、メガジョッキを飲む。ぼろぼろと口から酒がこぼれ落ちる。

茅ヶ崎「おい、こぼれてんぞ!」

りさりさ「3、2、1、ストーップ!」

  遠藤、ジョッキを置く。スーツとワイシャツは酒で濡れている。

茅ヶ崎「どうなの? どうなの? これ?」

りさりさ「うーん、判定タイム入りまーす」

遠藤「ごめんなさい、トイレ」

  と、口をおさえ、トイレに駆け出す。

 

○同・トイレ(夜)

  遠藤、吐き終わって、水を流す。

 

○同・店内(夜)

  遠藤、ふらふらトイレから出てくると、かりんがおしぼりを持って立っている。

かりん「よかったらどうぞ」

遠藤「あ、ありがとう」

  と、姿勢を正しておしぼりを受け取る。

  遠藤、手を拭いた後、おしぼりを返す。

かりん「あ、ここ染みになっちゃいますよ」

  と、床に膝をついて、遠藤のスーツについた染みをおしぼりで拭き取る。

遠藤「ああ、悪いね、ありがとう」

かりん「クリーニング出してくださいね」

  遠藤、席に戻る。茅ヶ崎は酔っている。


  カウンターにかりんが立ち、伝票確認。

茅ヶ崎「よかったな、判定オッケーだって」

遠藤「茅ヶ崎さん、ここ普通のバーですよね」

茅ヶ崎「見つけたの俺だからね」

  遠藤、カウンター下で茅ヶ崎と握手。

かりん「初めまして、かりんです。遠藤さんって、茅ヶ崎さんの会社の方ですか?」

茅ヶ崎「俺の部下なんだけどさ、今日アホ部長のせいで、スペシャリストからエキスパートになっちゃって」

かりん「すごーい、おめでとうございます」

茅ヶ崎「いやいや、かりんちゃんね」

遠藤、咳払いしつつ、カウンター下で茅ヶ崎の横腹を小突く。

遠藤「ありがとう、今日はお祝いなんだ」

かりん「次、何飲まれますか? 一杯無料で行けますよ」

  と、遠藤にメニュー表を差し出す。

遠藤「じゃあ、山崎のロックで」

茅ヶ崎「お前ロックなんて飲むんだっけ?」

かりん「ごめんなさい、山崎のロックは無料対象じゃないんですよ」

遠藤「そうなんだ。じゃあ角ハイボールで」

かりん「他にご注文は?」

茅ヶ崎「どうなんだ遠藤?」

遠藤「とりあえず、いいかな」

かりん「あの、もしよかったらなんですけど」

遠藤「何?」

かりん「私も一杯いだたいていいですか?」

茅ヶ崎「遠藤、聞いてるぞ。いいのか?」

遠藤「もちろん。好きなの飲んでいいよ」

かりん「ありがとうございます。じゃあ私も角ハイいただきます。すぐ戻ってきますね」

  と、奥のカウンターに向かう。

茅ヶ崎「どうだ遠藤? いいだろこの店」

遠藤「悪くないですね。明日も来ましょう」

茅ヶ崎「今日俺のおごりじゃないからな」

遠藤「え? まさかの割り勘ですか?」

  かりんが酒を持って戻って来る。

  遠藤、姿勢を正す。茅ヶ崎、にやつく。(了)


「ちゃいくら」人物表

 人 物

坂上一郎(29)会社員

鈴木次郎(35)坂上の上司

ティナ(22)キャバ嬢

リア(21)キャバ嬢

戸塚シン(27)呼込

呼込

ボーイ

キャバ嬢1

キャバ嬢2



読者登録

野尻有希さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について