目次
はじめに
はじめに
更新履歴
更新履歴
page 2
page 3
戦場の一休宗純(課題30:時代劇)
「戦場の一休宗純」人物表
「戦場の一休宗純」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
三転倒立ライフスタイル(課題29:ホームドラマ)
「三転倒立ライフスタイル」人物表
「三転倒立ライフスタイル」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
君のアドリブパパ(課題28:喜劇)
「君のアドリブパパ」人物表
「君のアドリブパパ」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
STAP2号対ドロチ~北半球最後の戦い~(課題27:アクションドラマ)
「STAP2号対ドロチ~北半球最後の戦い~」人物表
「STAP2号対ドロチ~北半球最後の戦い~」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ライン上のゴースト(課題26:サスペンス)
「ライン上のゴースト」人物表
「ライン上のゴースト」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
失われた地図を集めて(課題25:メロドラマ)
「失われた地図を集めて」人物表
「失われた地図を集めて」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
BLACK BENGO(課題24:弁護士)
「BLACK BENGO」キャラクター表
「BLACK BENGO」人物表
「BLACK BENGO」本文
page 4
page 5
page 6
page 7
君が生きるために大切なことはいつも伝えられなかった(課題23:医師)
「君が生きるために大切なことはいつも伝えられなかった」キャラクター表
「君が生きるために大切なことはいつも伝えられなかった」人物表
「君が生きるために大切なことはいつも伝えられなかった」本文
page 4
page 5
page 6
page 7
ワケあり先生とハダカの王子様(課題22:教師)
「ワケあり先生とハダカの王子様」キャラクター表
「ワケあり先生とハダカの王子様」人物表
「ワケあり先生とハダカの王子様」本文
page 4
page 5
page 6
page 7
再会の脱法ハーブ(課題21:刑事)
「再会の脱法ハーブ」キャラクター表
「再会の脱法ハーブ」人物表
「再会の脱法ハーブ」本文
page 4
page 5
page 6
page 7
プライバシー・ゼロの国(課題20:記者)
「プライバシー・ゼロの国」人物表
「プライバシー・ゼロの国」キャラクター表
「プライバシー・ゼロの国」本文
page 4
page 5
page 6
page 7
約束のカヌー(課題19:別れの一瞬)
「約束のカヌー」人物表
「約束のカヌー」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
10秒チャレンジ(課題18:愛する一瞬)
「10秒チャレンジ」人物表
「10秒チャレンジ」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ちゃいくら(課題17:憎しみの一瞬)
「ちゃいくら」人物表
「ちゃいくら」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
論文盛りました?(課題16:裏切りの一瞬)
「論文盛りました?」人物表
「論文盛りました?」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
一日一善、ときどき変態(課題15:男と女)
「一日一善、ときどき変態」人物表
「一日一善、ときどき変態」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ペテン師のレクイエム(課題14:再会)
「ペテン師のレクイエム」人物表
「ペテン師のレクイエム」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
オレスタイル(課題13:古痕)
「オレスタイル」人物表
「オレスタイル」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ウォーター・ビジネス(課題12:雨)
「ウォーター・ビジネス」人物表
「ウォーター・ビジネス」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
九尾の狐とディープフリーズ日本列島(課題11:雪)
「九尾の狐とディープフリーズ日本列島」人物表
「九尾の狐とディープフリーズ日本列島」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ホームレスのライフノート(課題10:葬式)
「ホームレスのライフノート」人物表
「ホームレスのライフノート」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
シンデレラは嘘をつきすぎてる(課題9:結婚式)
「シンデレラは嘘をつきすぎてる」人物表
「シンデレラは嘘をつきすぎてる」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
18歳以上閲覧できません(課題8:不安)
「18歳以上閲覧できません」人物表
「18歳以上閲覧できません」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ミイラ男は焼肉の秘密を知っている(課題7:宿命)
「ミイラ男は焼肉の秘密を知っている」人物表
「ミイラ男は焼肉の秘密を知っている」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
アフター・ネグレクト(課題6:死)
「アフター・ネグレクト」人物表
「アフター・ネグレクト」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
お父さんもう来ないで(養成講座課題:別れ)
「お父さんもう来ないで」人物表
「お父さんもう来ないで」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
紙袋の女(養成講座課題:出会い)
「紙袋の女」人物表
「紙袋の女」本文
page 3
page 4
page 5
はしるかける(養成講座課題:魅力的な叔父さん)
「はしるかける」人物表
「はしるかける」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

106 / 177ページ

「ペテン師のレクイエム」人物表

 人 物

越水悠乃(こしみずゆの)1524)バイオリニスト

南桂鷹留(みなみかつらたかる)(55)元作曲家

新山譲(にいやまじょう)(48)作曲家

浅井新平(38)(38)芸能記者

 

バーテン


「ペテン師のレクイエム」本文

○宮城県女川町の海岸

  岸辺に震災の瓦礫が広がる海岸。

  越水悠乃(15)、砂浜に立ち、バイオリンを弾いている。

 

○コンサートホール・ホール内

  クラシックの大きなコンサートホール。

  ステージの大型液晶に先程の映像。

  越水悠乃(24)、ステージでバイオリンを弾いている。

  新山譲(48)、オーケストラを指揮。

  横断幕に『震災10周年記念コンサート

  新山譲作曲バイオリン協奏曲第3・11番震災レクイエム』とある。

  液晶画面に津波、倒壊した家の映像。

  演奏が終わると会場からスタンディングオベーション。

  悠乃の新山、笑顔で礼をする。

  南桂鷹留(55)、ホール入り口のドア前に立ち、腕を組んでいる。

 

○ホテル・スカイラウンジ(夜)

  悠乃と新山、東京湾の夜景を一望できる席に座り、酒を飲んでいる。

  遠くのカウンター席に南桂がいる。

新山「今日も盛況だったね」

悠乃「新山さんの曲がいいもん。何年経っても、人々の心に残るんだと思う」

  バーテン、カクテルを二人分持ってくる。

悠乃「ん? 頼んでないですけど?」

バーテン「あちらのお客様からです」

  と、南桂の席を示す。

新山「もしかして」

悠乃「南桂さん?」

  南桂、手を挙げて、やって来る。

南桂「どうも。コンサートすばらしかったね」

悠乃「お久しぶりです」

南桂「私の着想が生きていた。悠乃、名演奏だったよ」


  南桂、悠乃の隣に座る。

悠乃「聴きに来て下さったんですか?」

南桂「せっかく久々に会うんだから、ちょっと話そうじゃないか」

新山「悠乃、そろそろ出ようか」

南桂「まあ。ちょっとくらいいいじゃないか」

新山「南桂さん、何しに来たんですか?」

南桂「海岸の映像、私もいたのにカットするなんてひどいじゃないか」

新山「あなたの映像をコンサート中に流すことはできませんよ」

南桂「私の曲だよあれは」

悠乃「それは違います。震災レクイエムは、新山さんの曲です」

南桂「少なくともアイデアを出したのは私だ。君達ばっかり儲けておかしいと思わないか?」

新山「すいませんが、コンサートが終わって私達も疲れています。日を改めましょう」

南桂「新山、お前があんな記者会見しなけりゃ、私は……」

悠乃「新山さんは悪いことしてません」

南桂「ゴーストライターなんていくらでもいる。正義ぶりやがって」

新山「南桂さん、何が目的ですか?」

南桂「全部ばらすぞ」

新山「ばらす? 何を?」

南桂「俺が曲作りできないことも、耳が聞こえていることも知ったうえで、お前らは俺の作った台本通りに動いてた」

新山「今更そんなこと言って、誰が興味を」

南桂「震災で家が流されたバイオリニストの少女だって言って、売り出してやったの誰だと思ってる?」

新山「南桂さん、何が言いたいんですか?」

南桂「たいした腕もないくせに」

新山「金ですか?」

南桂「一億円要求する」

新山「一億?」

南桂「不愉快なんだよ私は。お前らがいけしゃあしゃあと感動の演奏を続けてることが」


新山「意味がわかりません。悠乃、帰ろう」

  悠乃と新山、席を立つ。

南桂「同じ目にあわせてやるぞ」

 

○ホテル・廊下(夜)

  悠乃と新山、歩いている。

悠乃「何なんですか、今頃出てきて」

新山「私達の仕事ぶりに嫉妬してるだけだろ。気にすることないさ」

 

○インタビュー室

  浅井新平(38)、南桂の話をメモしている。

南桂「そうです。彼女は全部知ってたんです、私が作曲できないことも、耳聞こえてることも」

浅井「南桂さんのことがばれた時、悠乃ちゃん、すごいショックそうな様子だったのに」

南桂「音楽業界で生き残るために必死の演技だったんじゃないですかね」

浅井「でもねえ、南桂さん、あなたがやった罪は変わりありませんよ」

南桂「悠乃とは肉体関係もありましたけどね」

浅井「え? そうなんですか?」

南桂「もちろん私は少女趣味なんてないですけどね。彼女から言い寄ってきたんですよ」

浅井「うーん、これ書けるかなあ」

南桂「ぜひ使ってください。読まれますよ」

  南桂、ほくそ笑む。

 

○コンサートホール・外観

  入口に『震災10周年記念コンサート』の横断幕がある。

 

○同・控室

  悠乃、バイオリンの練習をしている。テーブルに週刊誌が置かれている。

  新山、部屋に入ってくる。

新山「だめだ。オーケストラ演奏できないって」


  悠乃、練習を続ける。

新山「今日も中止か」

  悠乃、練習を続ける。

新山「震災レクイエムを演奏するのに、あの記事じゃな」

  悠乃、練習をやめる。

新山「悠乃すまない、また巻き込んでしまって」

悠乃「新山さん、コンサートやりましょう」

新山「え? オーケストラもいないのに」

悠乃「聴きに来てくれる人がまだ少しでもいるなら、やりましょうよ」

新山「けど、こんな状況で」

悠乃「もうこの曲弾けなくなるかもしれないでしょう? お願いします。弾かせてください」

  悠乃、新山の手を取る。

 

○同・ホール内

  小さなホール。悠乃、ステージに立つ。

  新山、ピアノの前に座っている。

  客席はまばら。中央の席に南桂がいる。

悠乃「今日はオーケストラのメンバーが揃いませんでした。ピアノとバイオリンのソナタ形式で震災レクイエムを演奏します」

  悠乃、バイオリンに手をそえる。

南桂「やめろやめろ演奏会なんかやめちまえ」

  まばらな観客、南桂の方を向く。

南桂「震災レクイエムはバイオリン協奏曲だ。ソナタ向きの曲じゃない」

悠乃「ソナタ形式でやることは、作曲者の了承を得ています」

南桂「皆さん、彼女は私が作った曲じゃないって知ってたんですよ、最初からね」

  警備員達、南桂の方に進む。

悠乃「おっしゃる通りです。この人に震災レクイエムは書けないと思っていました」

南桂「ほらみなさん、こいつは知ってたんだ」



読者登録

野尻有希さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について