目次
はじめに
はじめに
更新履歴
更新履歴
page 2
page 3
戦場の一休宗純(課題30:時代劇)
「戦場の一休宗純」人物表
「戦場の一休宗純」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
三転倒立ライフスタイル(課題29:ホームドラマ)
「三転倒立ライフスタイル」人物表
「三転倒立ライフスタイル」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
君のアドリブパパ(課題28:喜劇)
「君のアドリブパパ」人物表
「君のアドリブパパ」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
STAP2号対ドロチ~北半球最後の戦い~(課題27:アクションドラマ)
「STAP2号対ドロチ~北半球最後の戦い~」人物表
「STAP2号対ドロチ~北半球最後の戦い~」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ライン上のゴースト(課題26:サスペンス)
「ライン上のゴースト」人物表
「ライン上のゴースト」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
失われた地図を集めて(課題25:メロドラマ)
「失われた地図を集めて」人物表
「失われた地図を集めて」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
BLACK BENGO(課題24:弁護士)
「BLACK BENGO」キャラクター表
「BLACK BENGO」人物表
「BLACK BENGO」本文
page 4
page 5
page 6
page 7
君が生きるために大切なことはいつも伝えられなかった(課題23:医師)
「君が生きるために大切なことはいつも伝えられなかった」キャラクター表
「君が生きるために大切なことはいつも伝えられなかった」人物表
「君が生きるために大切なことはいつも伝えられなかった」本文
page 4
page 5
page 6
page 7
ワケあり先生とハダカの王子様(課題22:教師)
「ワケあり先生とハダカの王子様」キャラクター表
「ワケあり先生とハダカの王子様」人物表
「ワケあり先生とハダカの王子様」本文
page 4
page 5
page 6
page 7
再会の脱法ハーブ(課題21:刑事)
「再会の脱法ハーブ」キャラクター表
「再会の脱法ハーブ」人物表
「再会の脱法ハーブ」本文
page 4
page 5
page 6
page 7
プライバシー・ゼロの国(課題20:記者)
「プライバシー・ゼロの国」人物表
「プライバシー・ゼロの国」キャラクター表
「プライバシー・ゼロの国」本文
page 4
page 5
page 6
page 7
約束のカヌー(課題19:別れの一瞬)
「約束のカヌー」人物表
「約束のカヌー」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
10秒チャレンジ(課題18:愛する一瞬)
「10秒チャレンジ」人物表
「10秒チャレンジ」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ちゃいくら(課題17:憎しみの一瞬)
「ちゃいくら」人物表
「ちゃいくら」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
論文盛りました?(課題16:裏切りの一瞬)
「論文盛りました?」人物表
「論文盛りました?」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
一日一善、ときどき変態(課題15:男と女)
「一日一善、ときどき変態」人物表
「一日一善、ときどき変態」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ペテン師のレクイエム(課題14:再会)
「ペテン師のレクイエム」人物表
「ペテン師のレクイエム」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
オレスタイル(課題13:古痕)
「オレスタイル」人物表
「オレスタイル」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ウォーター・ビジネス(課題12:雨)
「ウォーター・ビジネス」人物表
「ウォーター・ビジネス」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
九尾の狐とディープフリーズ日本列島(課題11:雪)
「九尾の狐とディープフリーズ日本列島」人物表
「九尾の狐とディープフリーズ日本列島」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ホームレスのライフノート(課題10:葬式)
「ホームレスのライフノート」人物表
「ホームレスのライフノート」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
シンデレラは嘘をつきすぎてる(課題9:結婚式)
「シンデレラは嘘をつきすぎてる」人物表
「シンデレラは嘘をつきすぎてる」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
18歳以上閲覧できません(課題8:不安)
「18歳以上閲覧できません」人物表
「18歳以上閲覧できません」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ミイラ男は焼肉の秘密を知っている(課題7:宿命)
「ミイラ男は焼肉の秘密を知っている」人物表
「ミイラ男は焼肉の秘密を知っている」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
アフター・ネグレクト(課題6:死)
「アフター・ネグレクト」人物表
「アフター・ネグレクト」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
お父さんもう来ないで(養成講座課題:別れ)
「お父さんもう来ないで」人物表
「お父さんもう来ないで」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
紙袋の女(養成講座課題:出会い)
「紙袋の女」人物表
「紙袋の女」本文
page 3
page 4
page 5
はしるかける(養成講座課題:魅力的な叔父さん)
「はしるかける」人物表
「はしるかける」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

123 / 177ページ

高桐「大丈夫ですか?」

   堀井のアルバム、堀井の手を離れる。

堀井「アルバムが!」

   高桐、手を伸ばしアルバムを掴み取る。

 

○縁楠村公民館・外観

 

○同・多目的ホール

   『第4回公聴会』の立札。

   檀上に高桐とヒルダ。傍聴席に堀井、伴他住民。

高桐「縁楠湖工場の操業停止を決定しました」

堀井「停止? どうして?」

高桐「操業再開は困難と判断しました」

伴「やっとうちらの願いが叶ったわけだ」

堀井「ちょっと待ってください。考え直してもらえませんか?」

高桐「え?」

堀井「工場の操業再開を検討して頂きたい」

伴「何言ってんだ堀井さん」

堀井「工場がなくなったら職にあぶれる人が出てくる。村に必要な産業だ」

伴「堀井さんあんた、家潰されたのに」

堀井「他の地域でもうちらよりひどい土砂災害はあった。彼らのせいじゃないさ」

高桐「不安でしたら、土砂災害と水の汲み上げの影響を調査しましょう」

堀井「お願いがあります。湖に柵は張らないで欲しい。水には触れないようにするから」

高桐「注意の看板は立てさせてください」

堀井「みんな、どうだろう?」

   伴、腕を組んで黙っている。

   堀井、周囲を見回した後、高桐を見てうなづく。

高桐「わかりました。再開を検討しましょう」

   傍聴席、ざわつく。

ヒルダ「(小声)復旧コスト高すぎますよ」

高桐「フェリクスは彼らにも必要なんだ」

ヒルダ「慈善事業じゃないんですよ。本社にどう説明するんですか?」

高桐「利益は出るよう俺がコントロールする」

   高桐、堀井と握手する。(了)


「九尾の狐とディープフリーズ日本列島」人物表

九尾工登(きゅうび こうと)(39)九尾環境技研・所長

新部香南(にいべ かなん)(28)科学ジャーナリスト

郷戸朔太郎(ごうど さくたろう)(42)環境改変技術研究者

栗田持彦(くりた もちひこ)(27)九尾の部下

中丸聰一(なかまる そういち)(65)内閣官房長官

司会者

音声


「九尾の狐とディープフリーズ日本列島」本文

○シンポジウム会場・中
   檀上のスクリーンに砂漠の映像。
   砂漠には豪雨が降っている。
   九尾工人(39)、檀上に立っている。
   新部香南(28)、観客席最前列にいる。
   郷戸朔太郎(42)、最後尾の席にいる。
九尾「今ご覧になった雨は、イオナイザーと呼ばれる電磁装置が発生させたものです」
   スクリーンの映像、砂漠に並ぶ金属製の十字架型装置に替わる。
九尾「イオナイザーはマイナスの電気を帯びた雲を作り出し、大気中の水分を集めます。科学は砂漠に雨を降らすところまで来た」
   世界各国の自然災害の映像に変わる。
九尾「現在の地球は、気候の変動期にあります。気候をコントロールする技術は、国家に繁栄をもたらすでしょう」
   スクリーンに九尾の狐のロゴ。
九尾「我々が開発した環境改変装置ナイン・テイルド・フォックスは、日本政府の公式認可を得て、実用化へ踏み出しました」
   日照り、干ばつの映像に切り替わる。
九尾「日照りの大地には人工の雨を降らせる」
   大雪の映像に切り替わる。
九尾「寒冷化には気圧の操作で天気を変える」
香南「ちょっと待ってください」
   香南、立ち上がる。
香南「気候変動や異常気象は、科学技術が生み出したものじゃないんですか?」
司会者「質問は後で受けつけますので」
   九尾、司会者を制する。
九尾「技術に罪はありません。我々人間が技術を正しく用いれば、地球環境をよりよい状態に導くことができます」
   香南、マイクを持って、
香南「科学者の傲慢じゃないんですか? 気候をコントロールするなんて」
九尾「異常気象や自然災害で困っている人はたくさんいる。社会に必要な技術です」
香南「研究が軍事目的に利用される可能性は?」


九尾「国際条約によって、気象改変技術の軍事利用は禁止されていますよ」
香南「建前だけでしょう? ベトナム戦争では米軍が人口の雨を降らせたし、最近でも」
九尾「気象兵器ですか。そういうのは、陰謀だってもっぱらの噂ですが」
   九尾、失笑。香南、悔し気な表情。

 

○同・会場出入口
   郷戸、腕時計を見ている。
   九尾が出てくる。郷戸、手を振る。

 

○九尾環境技研・全景
   50メートル超の金属製の十字架が9本そびえ立っている。

   周辺に百基以上、小型の十字架。

   その傍に研究所がある。

 

○研究所・中央管理室
   栗田持彦(27)他職員達、電子機器の前でキーボードを操作している。
   ドアが開き九尾と郷戸、入ってくる。
郷戸「悪いね、無理言っちゃって」
九尾「尊敬する郷戸博士の依頼ですから」
   郷戸、窓に広がる9本の十字架を見る。
郷戸「壮観だな。神様でも降りてきそうだ」
九尾「技術的には郷戸さんが開発した装置の方が上だと、私は今でも思ってますよ」
   郷戸、九尾のデスクに置かれた英数字の並ぶメモ用紙をちらと見る。
郷戸「技術的には、だろ。私には九尾君のように、金や政治家の支援を集める才能がなかった。九尾君の勝ちだよ」
   郷戸、腕時計を見る。
九尾「この後、予定でも?」
郷戸「いや大丈夫。針の調子が悪くて」
栗田「所長、ちょっといいですか?」
九尾「すいません、ちょっと失礼」
   九尾、栗田の方に向かう。
   郷戸、九尾のデスクに置かれたメモの方を向きつつ、腕時計のボタンを押す。


○ナイン・テイルド・フォックス・外観(夜)
   9本の十字架から光が渦を巻いて発生。

 

○研究所・中央管理室(夜)
   メーターが異常値に上昇。警告音。
   九尾と栗田達、キーボードを連打。
九尾「だめだ、きかない。遠隔操作されてる」

 

○ナイン・テイルド・フォックス・外観(夜)
   電気の光が9本の十字架を結んでいく。

   光はどんどん膨らみ、大きな渦になる。

 

○研究所・中央管理室(夜)
   九尾と栗田、キーを叩いている。
九尾「仕方ない。強制終了作動」
栗田「強制終了したら、もう研究続行は……」
九尾「それしか方法ないだろ!」
   九尾、ハンマーを手に取り、レバーを覆うガラスのカバーを叩き割る。

 

○ナイン・テイルド・フォックス・外観(夜)
   9本の十字架を包む光、1つに凝縮。

   轟音と共に天上に駆け上がる。

 

○研究所・中央管理室(夜)
   窓の外で発光。栗田、目を覆う。
九尾「強制終了、作動!」
   と、大きなレバーを力いっぱい引く。

 

○ナイン・テイルド・フォックス・外観(夜)
   9本の十字架、音を立てて崩れ落ちる。
   上空では、黒い雲が渦を巻いている。

 

○研究所・中央管理室(夜)
   九尾と栗田、床に座りこむ。
栗田「所長、さっきの、やばいんじゃ」
九尾「くそ、何故こんなことに」
栗田「研究データ、侵入者に全部盗られたかも」
九尾「何だと? 一体誰がこんな仕業……」



読者登録

野尻有希さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について