目次
はじめに
はじめに
更新履歴
更新履歴
page 2
page 3
戦場の一休宗純(課題30:時代劇)
「戦場の一休宗純」人物表
「戦場の一休宗純」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
三転倒立ライフスタイル(課題29:ホームドラマ)
「三転倒立ライフスタイル」人物表
「三転倒立ライフスタイル」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
君のアドリブパパ(課題28:喜劇)
「君のアドリブパパ」人物表
「君のアドリブパパ」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
STAP2号対ドロチ~北半球最後の戦い~(課題27:アクションドラマ)
「STAP2号対ドロチ~北半球最後の戦い~」人物表
「STAP2号対ドロチ~北半球最後の戦い~」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ライン上のゴースト(課題26:サスペンス)
「ライン上のゴースト」人物表
「ライン上のゴースト」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
失われた地図を集めて(課題25:メロドラマ)
「失われた地図を集めて」人物表
「失われた地図を集めて」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
BLACK BENGO(課題24:弁護士)
「BLACK BENGO」キャラクター表
「BLACK BENGO」人物表
「BLACK BENGO」本文
page 4
page 5
page 6
page 7
君が生きるために大切なことはいつも伝えられなかった(課題23:医師)
「君が生きるために大切なことはいつも伝えられなかった」キャラクター表
「君が生きるために大切なことはいつも伝えられなかった」人物表
「君が生きるために大切なことはいつも伝えられなかった」本文
page 4
page 5
page 6
page 7
ワケあり先生とハダカの王子様(課題22:教師)
「ワケあり先生とハダカの王子様」キャラクター表
「ワケあり先生とハダカの王子様」人物表
「ワケあり先生とハダカの王子様」本文
page 4
page 5
page 6
page 7
再会の脱法ハーブ(課題21:刑事)
「再会の脱法ハーブ」キャラクター表
「再会の脱法ハーブ」人物表
「再会の脱法ハーブ」本文
page 4
page 5
page 6
page 7
プライバシー・ゼロの国(課題20:記者)
「プライバシー・ゼロの国」人物表
「プライバシー・ゼロの国」キャラクター表
「プライバシー・ゼロの国」本文
page 4
page 5
page 6
page 7
約束のカヌー(課題19:別れの一瞬)
「約束のカヌー」人物表
「約束のカヌー」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
10秒チャレンジ(課題18:愛する一瞬)
「10秒チャレンジ」人物表
「10秒チャレンジ」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ちゃいくら(課題17:憎しみの一瞬)
「ちゃいくら」人物表
「ちゃいくら」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
論文盛りました?(課題16:裏切りの一瞬)
「論文盛りました?」人物表
「論文盛りました?」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
一日一善、ときどき変態(課題15:男と女)
「一日一善、ときどき変態」人物表
「一日一善、ときどき変態」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ペテン師のレクイエム(課題14:再会)
「ペテン師のレクイエム」人物表
「ペテン師のレクイエム」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
オレスタイル(課題13:古痕)
「オレスタイル」人物表
「オレスタイル」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ウォーター・ビジネス(課題12:雨)
「ウォーター・ビジネス」人物表
「ウォーター・ビジネス」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
九尾の狐とディープフリーズ日本列島(課題11:雪)
「九尾の狐とディープフリーズ日本列島」人物表
「九尾の狐とディープフリーズ日本列島」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ホームレスのライフノート(課題10:葬式)
「ホームレスのライフノート」人物表
「ホームレスのライフノート」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
シンデレラは嘘をつきすぎてる(課題9:結婚式)
「シンデレラは嘘をつきすぎてる」人物表
「シンデレラは嘘をつきすぎてる」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
18歳以上閲覧できません(課題8:不安)
「18歳以上閲覧できません」人物表
「18歳以上閲覧できません」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ミイラ男は焼肉の秘密を知っている(課題7:宿命)
「ミイラ男は焼肉の秘密を知っている」人物表
「ミイラ男は焼肉の秘密を知っている」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
アフター・ネグレクト(課題6:死)
「アフター・ネグレクト」人物表
「アフター・ネグレクト」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
お父さんもう来ないで(養成講座課題:別れ)
「お父さんもう来ないで」人物表
「お父さんもう来ないで」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
紙袋の女(養成講座課題:出会い)
「紙袋の女」人物表
「紙袋の女」本文
page 3
page 4
page 5
はしるかける(養成講座課題:魅力的な叔父さん)
「はしるかける」人物表
「はしるかける」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

128 / 177ページ

栗田「所長、もしかしたら、郷戸博士じゃ」
九尾「郷戸さんが? まさか」
栗田「外部の人で今日の分のパスワード知ることができるの、ここに来た彼だけですよ」
   九尾、デスク上のメモ用紙を見る。

 

○東京スカイツリー・付近の街並全景
   暴風と大雪が街を包んでいる。

 

○外資系ホテル・付近の道路
   九尾、吹雪の中、ホテルに向けて歩く。

   防寒着を着込み、顔は毛糸で覆っている。

   歩行者はみな同じ格好である。
   道端に停車中の車は雪に包まれており、車は走っていない。
   道路の脇にある川の表面は凍っている。
   ビルの電光掲示板に天気予報の地図。
   東京の本日の気温、マイナス30度。

 

○同・会議室
   中丸聰一(65)、窓際に立っている。
   九尾が入ってくる。
九尾「官房長官、ご迷惑をおかけしました」
中丸「九尾の狐がディープフリーズを起こしたって、海外メディアもうるさいよ」
九尾「申し訳ありません」
中丸「制御システム乗っ取られたと聞いたが」
九尾「私の落ち度です」
中丸「後はこちらで対処する。君もういいよ」
九尾、頭を下げ、退室しようとすると、
中丸「今回の大寒波は、北極海周辺の急激な気候変動が原因だと公表する。君の施設で起きた事故は大寒波と無関係だ。いいね?」
九尾「……かしこまりました」

 

○九尾環境技研・解体作業現場
   雪の中、倒壊したナイン・テイルド・フォックスの解体作業が行われている。
   九尾、携帯で郷戸の番号に電話する。
音声「お客様のおかけになった電話番号は」


   九尾、電話を切ってその場に座り込む。
   香南、栗田を振り切って、歩いてくる。
栗田「立入禁止です。マスコミは帰って」
香南「九尾博士、一度お話を!」
九尾「あなたは確か、事故が起きた日に」
香南「科学ジャーナリストの新部と申します」

 

○研究所・中央管理室
   段ボール箱が積まれた室内。
   九尾と香南の他にスタッフはいない。
香南「ナイン・テイルド・フォックスが崩壊する前、強烈な光が出たという証言があります。ネットの動画、ご覧になりました?」
九尾「動画? CG加工じゃないんですか」
香南「真相聞かせてください。あの装置が暴走したから、こんな天気になったんじゃ」
九尾「ごめんなさい。私は科学者です。政府の公式見解を覆すわけにはいきません」
香南「それが真理を追求する科学者の姿ですか? 一体誰のための科学なんですか?」
九尾「新部さん、私は異常気象から社会を守るために研究を続けてきました。けれど、私の研究がもたらしたものは……」
香南「誰だって間違えること、ありますよ」
九尾「私の間違えは、大きすぎました」
香南「その間違え、あなたの胸に抱え込んだままでいいんですか?」
   九尾、窓を見る。ナイン・テイルド・フォックスの残骸に雪が降っている。
九尾「忘れていましたよ、科学者の仕事は世界の謎を解明し、皆に伝えることだと」

 

○総理大臣官邸・外観

 

○同・内閣官房長官執務室
中丸、『大寒波の原因は環境改変装置の暴走』と書かれた雑誌を読んでいる。
   九尾の顔写真つきである。
   中丸、溜息とともに首をふり、雑誌を机に放り投げる。(了)


「ホームレスのライフノート」人物表

 人 物

稲見千秋(23)福祉事務所職員

大友淳史(あつし)(34)同・係長

脇坂邦夫(くにお)(69)ホームレス

脇坂 修(おさむ)(39)邦夫の息子・和菓子屋


「ホームレスのライフノート」本文

○栗の木公園・園内
   都会の公園。中央に栗の木がある。
   脇坂邦夫(69)、木の下にあるダンボール箱に座っている。
   髪と髭は伸び放題。両手で腹を押さえ、背中を丸めている。
   傍には多数の汚れた鞄、ビニール袋、古本、20冊以上ノートが積まれている。
   歩行者達、脇坂を無視して歩く。
   強い横風。落ち葉が宙を舞う。
   稲見千秋(23)と大友淳史(34)、風に身を震わせつつ、歩いてくる。
   千秋、脇坂を見つけて、
千秋「係長、いました。あそこ」
   大友、脇坂の傍に寄り、しゃがみこむ。
   千秋、やや離れて立ち、震えている。
大友「すいません、区役所の者ですけど、お体、大丈夫ですか?」
   脇坂、腹をおさえ、苦しげな顔。
大友「稲見さん、救急車呼ぼうか?」
   千明、スマホを取り出し電話。
大友「すぐ救急車来ますからね。あったかいとこで診てもらいましょうね」
   脇坂、黙っている。
   千秋、電話を終え、
千秋「係長、ちょっと」
   千秋、大友の袖を引く。
千秋「(小声で)仮病じゃないんですか? 病院行ったらご飯食べれるし」
大友「あの人、もう長くないよ」
千秋「熱くらいはかった方がいいんじゃ……」
大友「稲見さん、写真撮っといて」
千秋「……わかりました」
   千秋、脇坂にスマホを向ける。
大友「ちゃんとデジカメで。あるでしょ」
   遠くで救急車の音。
千秋「はや。もう来ましたよ」
   千秋、スマホで脇坂を撮影する。


○中野区福祉事務所・外観(夕)

 

○同・会議室(夕)
   机の上に脇坂の持ち物が載っている。

   千秋、手袋をして脇坂のノートを読む。ノートは文字で埋め尽くされている。
   大友、部屋に入ってくる。
大友「検査中に亡くなったって」
千秋「係長の予感、当たりましたね」
大友「名前か住所わかるのあった?」
千秋「まだです。こんないっぱいですもん」
大友「探すか」
   大友、脇坂の鞄を開く。ごみやがらくたが出てくる。
   大友、鼻をつまむ。
千秋「係長これ、名前じゃないですか?」
   と、大友にノートを見せる。
   脇坂邦夫という文字が百個以上並んでいる。
大友「それだけで本人の名前と言うのは」
千秋「ほら、ここだけじゃなく何頁も」
   千秋、頁をめくると脇坂の名前だらけ。
千秋「読んでて気持ち悪くなってきました」
大友「そんな書いて恨んでる相手かもなぁ」
千秋「もう。自分で探してくださいよ」
   千秋、ビニール袋を探る。ごみに紛れて、折れ曲がった免許証が出てくる。
千秋「あった、免許証。ほら名前一緒」
大友「あのじいさん、脇坂邦夫だったのか」
   大友、免許証を持って部屋を出る。
   千秋、背を伸ばして大あくび。
   突然ドアが開き、大友が顔を出す。
千秋「ノックくらいしてくださいよ」
大友「あのさ、葬式出た時ある?」
千秋「子どもの頃、1、2回だったら」
大友「もしね、もしだよ。親族に引取り拒否されたら、稲見さんに葬儀の準備頼むから」
千秋「え? 私がですか?」
大友「火葬だけ。簡単だよ。とりあえず火葬場あいてるか、確認しといて」
   大友、部屋を出る。
   千秋、不満げな顔。



読者登録

野尻有希さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について