目次
はじめに
はじめに
更新履歴
更新履歴
page 2
page 3
戦場の一休宗純(課題30:時代劇)
「戦場の一休宗純」人物表
「戦場の一休宗純」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
三転倒立ライフスタイル(課題29:ホームドラマ)
「三転倒立ライフスタイル」人物表
「三転倒立ライフスタイル」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
君のアドリブパパ(課題28:喜劇)
「君のアドリブパパ」人物表
「君のアドリブパパ」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
STAP2号対ドロチ~北半球最後の戦い~(課題27:アクションドラマ)
「STAP2号対ドロチ~北半球最後の戦い~」人物表
「STAP2号対ドロチ~北半球最後の戦い~」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ライン上のゴースト(課題26:サスペンス)
「ライン上のゴースト」人物表
「ライン上のゴースト」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
失われた地図を集めて(課題25:メロドラマ)
「失われた地図を集めて」人物表
「失われた地図を集めて」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
BLACK BENGO(課題24:弁護士)
「BLACK BENGO」キャラクター表
「BLACK BENGO」人物表
「BLACK BENGO」本文
page 4
page 5
page 6
page 7
君が生きるために大切なことはいつも伝えられなかった(課題23:医師)
「君が生きるために大切なことはいつも伝えられなかった」キャラクター表
「君が生きるために大切なことはいつも伝えられなかった」人物表
「君が生きるために大切なことはいつも伝えられなかった」本文
page 4
page 5
page 6
page 7
ワケあり先生とハダカの王子様(課題22:教師)
「ワケあり先生とハダカの王子様」キャラクター表
「ワケあり先生とハダカの王子様」人物表
「ワケあり先生とハダカの王子様」本文
page 4
page 5
page 6
page 7
再会の脱法ハーブ(課題21:刑事)
「再会の脱法ハーブ」キャラクター表
「再会の脱法ハーブ」人物表
「再会の脱法ハーブ」本文
page 4
page 5
page 6
page 7
プライバシー・ゼロの国(課題20:記者)
「プライバシー・ゼロの国」人物表
「プライバシー・ゼロの国」キャラクター表
「プライバシー・ゼロの国」本文
page 4
page 5
page 6
page 7
約束のカヌー(課題19:別れの一瞬)
「約束のカヌー」人物表
「約束のカヌー」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
10秒チャレンジ(課題18:愛する一瞬)
「10秒チャレンジ」人物表
「10秒チャレンジ」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ちゃいくら(課題17:憎しみの一瞬)
「ちゃいくら」人物表
「ちゃいくら」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
論文盛りました?(課題16:裏切りの一瞬)
「論文盛りました?」人物表
「論文盛りました?」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
一日一善、ときどき変態(課題15:男と女)
「一日一善、ときどき変態」人物表
「一日一善、ときどき変態」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ペテン師のレクイエム(課題14:再会)
「ペテン師のレクイエム」人物表
「ペテン師のレクイエム」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
オレスタイル(課題13:古痕)
「オレスタイル」人物表
「オレスタイル」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ウォーター・ビジネス(課題12:雨)
「ウォーター・ビジネス」人物表
「ウォーター・ビジネス」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
九尾の狐とディープフリーズ日本列島(課題11:雪)
「九尾の狐とディープフリーズ日本列島」人物表
「九尾の狐とディープフリーズ日本列島」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ホームレスのライフノート(課題10:葬式)
「ホームレスのライフノート」人物表
「ホームレスのライフノート」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
シンデレラは嘘をつきすぎてる(課題9:結婚式)
「シンデレラは嘘をつきすぎてる」人物表
「シンデレラは嘘をつきすぎてる」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
18歳以上閲覧できません(課題8:不安)
「18歳以上閲覧できません」人物表
「18歳以上閲覧できません」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ミイラ男は焼肉の秘密を知っている(課題7:宿命)
「ミイラ男は焼肉の秘密を知っている」人物表
「ミイラ男は焼肉の秘密を知っている」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
アフター・ネグレクト(課題6:死)
「アフター・ネグレクト」人物表
「アフター・ネグレクト」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
お父さんもう来ないで(養成講座課題:別れ)
「お父さんもう来ないで」人物表
「お父さんもう来ないで」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
紙袋の女(養成講座課題:出会い)
「紙袋の女」人物表
「紙袋の女」本文
page 3
page 4
page 5
はしるかける(養成講座課題:魅力的な叔父さん)
「はしるかける」人物表
「はしるかける」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

133 / 177ページ

○火葬場・外観

 

○同・火葬炉前
   室内に千秋、大友、僧侶、職員の4名。
   僧侶、お経を唱えている。
   喪服姿の千秋と大友、数珠を持ち黙祷。
   職員、棺を火葬炉に入れ、点火する。

 

同・待合室

   喪服を着たお年寄りや子連れの家族がソファーに座っている。
   千明と大友、部屋の隅に立っている。
千秋「親族の誰もいない葬式なんて嫌だな」
大友「一人暮らしで身寄りのない人なんて、これからどんどん増えてくよ。彼らの最後看取るのも、うちらの仕事だから」
千秋「もう出たくないな、こういうの」
   千秋、溜息をつき、子連れ家族を見る。

 

○中野区福祉事務所・外観

 

○同・事務所内

   千秋、PCに向かい仕事をしている。

   大友がやってくる。
大友「先週亡くなったホームレスの」
千秋「えーと、確かワッキー……」
大友「脇坂さん。息子さんいらっしゃったよ」
千秋「息子さんて、引取り拒否でしたよね?」
   脇坂修(39)、受付に立っている。
大友「話だけでも聞きたいって」

 

○同・応接室
   テーブルに脇坂のノートの束。
   修、菓子折りを千秋と大友に差し出す。
修「和菓子屋やってまして。皆さんで召し上がって下さい」
大友「お気持ちだけで。公務員ですから」
   大友、修に菓子折りを返す。


   大友、修に脇坂の写真を差し出して、
大友「最後の日の写真です。お受取り下さい」
千秋「栗の木公園。すぐ近くなんですよ」
   修、写真を胸ポケットにしまいつつ、
修「もう20年以上会ってないですから。これが親父と言われても、夢みたいです」
大友「お父様の遺骨、こちらでお預かりしていますが」
   修、首をふり、
修「お任せします。母も再婚してますし、うちではもう親父の話、できないんですよ」
   千秋、ノートを数冊、脇坂の前に置く。
千秋「お父様の遺品です。ご覧なりますか?」
   修、ノートを開く。びっしり書かれた文字を見て、唖然とする。
修「これが、親父の書いたノートですか」
   修、頁をゆっくり手繰っていく。
修「汚い字で、こんなに書いて」
大友「遺骨は5年間お預かりします。その間はいつでも引き取り可能ですので」
   修、他のノートを手に取って見る。
千秋「係長、係長」
大友「何?」
千秋「5年経ったらどうなるんですか?」
大友「5年を過ぎたら、遺骨は共同墓地の無縁塚に撒きます」
千秋「撒く?」
大友「ああ。骨壺から出して、墓地の隅にある無縁塚にさーって撒いてくんだよ」
千秋「そんなの他の人の骨と混ざって、もう誰だかわかんなくなっちゃうじゃないすか」
   修、涙を流している。
千秋「ああ、ごめんなさい。大友が失礼なこと言っちゃって、大変失礼しました」
修「親父だ。やっぱりこれ、うちの親父が書いたノートですよ」
千秋「え?」
   修、ノートを広げて見せる。古い住宅の居間の絵が、克明に描かれている。
修「子どもの頃住んでた家です」


   修、頁をめくる。色あせたページには、台所、庭の絵が描かれている。
修「うちの台所です。庭です、こっちは、親父の会社の事務所か。懐かしいな」
大友「他のノートと雰囲気違いますね」
修「ここ、日付見てください」
   修、ノート右上の年月日を指さす。
修「1975年。僕が生まれた年です」
千秋「その頃描かれたノートなんですね」
   修、頁をめくりつつ、
修「親父、絵描くのが好きでね、栗羊羹食いながら、よく描いてたんですよ」
   修、ノートを持つ手が震えている。
修「親父のやつ……」
   千秋、涙をこぼす。
千秋「お父さん、そのノート、最後の最後まで大事に持ってたんですね」
   修、ノートを閉じて、立ち上がり、礼。
修「色々と、お世話になりました」
   千秋と大友、立ち上がり、深々と礼。
   修、立ち去ろうとすると、
千秋「ちょっと待ってください!」
   千秋、絵の描かれたノートを手に取り、修に駆け寄る。
千秋「お父さんの思い出ですよね? これ持って帰ってください!」
   修、ノートを受け取り、胸に抱える。

 

○栗の木公園・園内(夜)
   千秋と大友、栗の木の前で足を止める。

   脇坂がいた場所には、花と栗羊羹が置いてある。
   千秋と大友、目を見合わせ、うなづく。

   二人、手を合わせて、黙祷を捧げる。(了)


「シンデレラは嘘をつきすぎてる」人物表

 人 物

庄司怜奈(れいな)(30)新婦・派遣社員

南条晴斗(はると)(30)新郎・メーカー社員

庄司穣一(55)怜奈の父・庄司硝子社長

庄司雪絵(55)怜奈の母・庄司硝子専務

 


「シンデレラは嘘をつきすぎてる」本文

○『日本ハウス』本社ビル・表
   社名看板がある巨大なオフィスビル。
   入口に『本日株主総会』の看板がある。

 

○同・屋上
   庄司穣一(55)、靴を脱いで揃える。

   庄司、靴の横に書置きのメモを置く。庄司、柵に両手をかける。

 

○レストラン・店内(夕)
   庄司怜奈(30)と南条晴斗(30)がディナーを食べている。
   怜奈、スマホを鞄から取り出す。
南条「どうした?」
怜奈「お母さんから着信。何度も」
南条「何だろね? 結婚式のことかな?」
怜奈「電話かけてもつながんないわ」
   怜奈、スマホを鞄にしまう。
南条「怜奈、大丈夫?」
怜奈「何が?」
南条「突然やっぱ結婚辞めたとか言わない?」
怜奈「言うわけないじゃん」
南条「怜奈そういうこと言いそうじゃん」
怜奈「何それ。結婚やめとく?」
南条「貯金と宝くじの賞金全額つぎ込んでテーマパークウェディングにしたんだから、ドタキャンだけは辞めてよ。予算7千万だよ」
怜奈「わかったってもう」
   怜奈、南条にキスする。

 

○庄司硝子・表(夜)
   古く小さな町工場である。庄司家の住宅と一体になっている。

 

○庄司家・居間(夜)
   庄司雪絵、テーブルに突っ伏している。
   テーブルにはガラスのハイヒールが置かれている。
   怜奈、ワインボトルを持って現れる。
怜奈「お母さんお土産。お父さんの好きなの」
雪絵「怜奈、どこ行ってたの?」
   雪絵、怜奈に抱きつく。



読者登録

野尻有希さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について