目次
はじめに
はじめに
更新履歴
更新履歴
page 2
page 3
戦場の一休宗純(課題30:時代劇)
「戦場の一休宗純」人物表
「戦場の一休宗純」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
三転倒立ライフスタイル(課題29:ホームドラマ)
「三転倒立ライフスタイル」人物表
「三転倒立ライフスタイル」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
君のアドリブパパ(課題28:喜劇)
「君のアドリブパパ」人物表
「君のアドリブパパ」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
STAP2号対ドロチ~北半球最後の戦い~(課題27:アクションドラマ)
「STAP2号対ドロチ~北半球最後の戦い~」人物表
「STAP2号対ドロチ~北半球最後の戦い~」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ライン上のゴースト(課題26:サスペンス)
「ライン上のゴースト」人物表
「ライン上のゴースト」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
失われた地図を集めて(課題25:メロドラマ)
「失われた地図を集めて」人物表
「失われた地図を集めて」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
BLACK BENGO(課題24:弁護士)
「BLACK BENGO」キャラクター表
「BLACK BENGO」人物表
「BLACK BENGO」本文
page 4
page 5
page 6
page 7
君が生きるために大切なことはいつも伝えられなかった(課題23:医師)
「君が生きるために大切なことはいつも伝えられなかった」キャラクター表
「君が生きるために大切なことはいつも伝えられなかった」人物表
「君が生きるために大切なことはいつも伝えられなかった」本文
page 4
page 5
page 6
page 7
ワケあり先生とハダカの王子様(課題22:教師)
「ワケあり先生とハダカの王子様」キャラクター表
「ワケあり先生とハダカの王子様」人物表
「ワケあり先生とハダカの王子様」本文
page 4
page 5
page 6
page 7
再会の脱法ハーブ(課題21:刑事)
「再会の脱法ハーブ」キャラクター表
「再会の脱法ハーブ」人物表
「再会の脱法ハーブ」本文
page 4
page 5
page 6
page 7
プライバシー・ゼロの国(課題20:記者)
「プライバシー・ゼロの国」人物表
「プライバシー・ゼロの国」キャラクター表
「プライバシー・ゼロの国」本文
page 4
page 5
page 6
page 7
約束のカヌー(課題19:別れの一瞬)
「約束のカヌー」人物表
「約束のカヌー」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
10秒チャレンジ(課題18:愛する一瞬)
「10秒チャレンジ」人物表
「10秒チャレンジ」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ちゃいくら(課題17:憎しみの一瞬)
「ちゃいくら」人物表
「ちゃいくら」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
論文盛りました?(課題16:裏切りの一瞬)
「論文盛りました?」人物表
「論文盛りました?」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
一日一善、ときどき変態(課題15:男と女)
「一日一善、ときどき変態」人物表
「一日一善、ときどき変態」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ペテン師のレクイエム(課題14:再会)
「ペテン師のレクイエム」人物表
「ペテン師のレクイエム」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
オレスタイル(課題13:古痕)
「オレスタイル」人物表
「オレスタイル」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ウォーター・ビジネス(課題12:雨)
「ウォーター・ビジネス」人物表
「ウォーター・ビジネス」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
九尾の狐とディープフリーズ日本列島(課題11:雪)
「九尾の狐とディープフリーズ日本列島」人物表
「九尾の狐とディープフリーズ日本列島」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ホームレスのライフノート(課題10:葬式)
「ホームレスのライフノート」人物表
「ホームレスのライフノート」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
シンデレラは嘘をつきすぎてる(課題9:結婚式)
「シンデレラは嘘をつきすぎてる」人物表
「シンデレラは嘘をつきすぎてる」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
18歳以上閲覧できません(課題8:不安)
「18歳以上閲覧できません」人物表
「18歳以上閲覧できません」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ミイラ男は焼肉の秘密を知っている(課題7:宿命)
「ミイラ男は焼肉の秘密を知っている」人物表
「ミイラ男は焼肉の秘密を知っている」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
アフター・ネグレクト(課題6:死)
「アフター・ネグレクト」人物表
「アフター・ネグレクト」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
お父さんもう来ないで(養成講座課題:別れ)
「お父さんもう来ないで」人物表
「お父さんもう来ないで」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
紙袋の女(養成講座課題:出会い)
「紙袋の女」人物表
「紙袋の女」本文
page 3
page 4
page 5
はしるかける(養成講座課題:魅力的な叔父さん)
「はしるかける」人物表
「はしるかける」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

130 / 177ページ

「ホームレスのライフノート」人物表

 人 物

稲見千秋(23)福祉事務所職員

大友淳史(あつし)(34)同・係長

脇坂邦夫(くにお)(69)ホームレス

脇坂 修(おさむ)(39)邦夫の息子・和菓子屋


「ホームレスのライフノート」本文

○栗の木公園・園内
   都会の公園。中央に栗の木がある。
   脇坂邦夫(69)、木の下にあるダンボール箱に座っている。
   髪と髭は伸び放題。両手で腹を押さえ、背中を丸めている。
   傍には多数の汚れた鞄、ビニール袋、古本、20冊以上ノートが積まれている。
   歩行者達、脇坂を無視して歩く。
   強い横風。落ち葉が宙を舞う。
   稲見千秋(23)と大友淳史(34)、風に身を震わせつつ、歩いてくる。
   千秋、脇坂を見つけて、
千秋「係長、いました。あそこ」
   大友、脇坂の傍に寄り、しゃがみこむ。
   千秋、やや離れて立ち、震えている。
大友「すいません、区役所の者ですけど、お体、大丈夫ですか?」
   脇坂、腹をおさえ、苦しげな顔。
大友「稲見さん、救急車呼ぼうか?」
   千明、スマホを取り出し電話。
大友「すぐ救急車来ますからね。あったかいとこで診てもらいましょうね」
   脇坂、黙っている。
   千秋、電話を終え、
千秋「係長、ちょっと」
   千秋、大友の袖を引く。
千秋「(小声で)仮病じゃないんですか? 病院行ったらご飯食べれるし」
大友「あの人、もう長くないよ」
千秋「熱くらいはかった方がいいんじゃ……」
大友「稲見さん、写真撮っといて」
千秋「……わかりました」
   千秋、脇坂にスマホを向ける。
大友「ちゃんとデジカメで。あるでしょ」
   遠くで救急車の音。
千秋「はや。もう来ましたよ」
   千秋、スマホで脇坂を撮影する。


○中野区福祉事務所・外観(夕)

 

○同・会議室(夕)
   机の上に脇坂の持ち物が載っている。

   千秋、手袋をして脇坂のノートを読む。ノートは文字で埋め尽くされている。
   大友、部屋に入ってくる。
大友「検査中に亡くなったって」
千秋「係長の予感、当たりましたね」
大友「名前か住所わかるのあった?」
千秋「まだです。こんないっぱいですもん」
大友「探すか」
   大友、脇坂の鞄を開く。ごみやがらくたが出てくる。
   大友、鼻をつまむ。
千秋「係長これ、名前じゃないですか?」
   と、大友にノートを見せる。
   脇坂邦夫という文字が百個以上並んでいる。
大友「それだけで本人の名前と言うのは」
千秋「ほら、ここだけじゃなく何頁も」
   千秋、頁をめくると脇坂の名前だらけ。
千秋「読んでて気持ち悪くなってきました」
大友「そんな書いて恨んでる相手かもなぁ」
千秋「もう。自分で探してくださいよ」
   千秋、ビニール袋を探る。ごみに紛れて、折れ曲がった免許証が出てくる。
千秋「あった、免許証。ほら名前一緒」
大友「あのじいさん、脇坂邦夫だったのか」
   大友、免許証を持って部屋を出る。
   千秋、背を伸ばして大あくび。
   突然ドアが開き、大友が顔を出す。
千秋「ノックくらいしてくださいよ」
大友「あのさ、葬式出た時ある?」
千秋「子どもの頃、1、2回だったら」
大友「もしね、もしだよ。親族に引取り拒否されたら、稲見さんに葬儀の準備頼むから」
千秋「え? 私がですか?」
大友「火葬だけ。簡単だよ。とりあえず火葬場あいてるか、確認しといて」
   大友、部屋を出る。
   千秋、不満げな顔。


○火葬場・外観

 

○同・火葬炉前
   室内に千秋、大友、僧侶、職員の4名。
   僧侶、お経を唱えている。
   喪服姿の千秋と大友、数珠を持ち黙祷。
   職員、棺を火葬炉に入れ、点火する。

 

同・待合室

   喪服を着たお年寄りや子連れの家族がソファーに座っている。
   千明と大友、部屋の隅に立っている。
千秋「親族の誰もいない葬式なんて嫌だな」
大友「一人暮らしで身寄りのない人なんて、これからどんどん増えてくよ。彼らの最後看取るのも、うちらの仕事だから」
千秋「もう出たくないな、こういうの」
   千秋、溜息をつき、子連れ家族を見る。

 

○中野区福祉事務所・外観

 

○同・事務所内

   千秋、PCに向かい仕事をしている。

   大友がやってくる。
大友「先週亡くなったホームレスの」
千秋「えーと、確かワッキー……」
大友「脇坂さん。息子さんいらっしゃったよ」
千秋「息子さんて、引取り拒否でしたよね?」
   脇坂修(39)、受付に立っている。
大友「話だけでも聞きたいって」

 

○同・応接室
   テーブルに脇坂のノートの束。
   修、菓子折りを千秋と大友に差し出す。
修「和菓子屋やってまして。皆さんで召し上がって下さい」
大友「お気持ちだけで。公務員ですから」
   大友、修に菓子折りを返す。


   大友、修に脇坂の写真を差し出して、
大友「最後の日の写真です。お受取り下さい」
千秋「栗の木公園。すぐ近くなんですよ」
   修、写真を胸ポケットにしまいつつ、
修「もう20年以上会ってないですから。これが親父と言われても、夢みたいです」
大友「お父様の遺骨、こちらでお預かりしていますが」
   修、首をふり、
修「お任せします。母も再婚してますし、うちではもう親父の話、できないんですよ」
   千秋、ノートを数冊、脇坂の前に置く。
千秋「お父様の遺品です。ご覧なりますか?」
   修、ノートを開く。びっしり書かれた文字を見て、唖然とする。
修「これが、親父の書いたノートですか」
   修、頁をゆっくり手繰っていく。
修「汚い字で、こんなに書いて」
大友「遺骨は5年間お預かりします。その間はいつでも引き取り可能ですので」
   修、他のノートを手に取って見る。
千秋「係長、係長」
大友「何?」
千秋「5年経ったらどうなるんですか?」
大友「5年を過ぎたら、遺骨は共同墓地の無縁塚に撒きます」
千秋「撒く?」
大友「ああ。骨壺から出して、墓地の隅にある無縁塚にさーって撒いてくんだよ」
千秋「そんなの他の人の骨と混ざって、もう誰だかわかんなくなっちゃうじゃないすか」
   修、涙を流している。
千秋「ああ、ごめんなさい。大友が失礼なこと言っちゃって、大変失礼しました」
修「親父だ。やっぱりこれ、うちの親父が書いたノートですよ」
千秋「え?」
   修、ノートを広げて見せる。古い住宅の居間の絵が、克明に描かれている。
修「子どもの頃住んでた家です」



読者登録

野尻有希さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について