目次
はじめに
はじめに
更新履歴
更新履歴
page 2
page 3
戦場の一休宗純(課題30:時代劇)
「戦場の一休宗純」人物表
「戦場の一休宗純」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
三転倒立ライフスタイル(課題29:ホームドラマ)
「三転倒立ライフスタイル」人物表
「三転倒立ライフスタイル」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
君のアドリブパパ(課題28:喜劇)
「君のアドリブパパ」人物表
「君のアドリブパパ」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
STAP2号対ドロチ~北半球最後の戦い~(課題27:アクションドラマ)
「STAP2号対ドロチ~北半球最後の戦い~」人物表
「STAP2号対ドロチ~北半球最後の戦い~」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ライン上のゴースト(課題26:サスペンス)
「ライン上のゴースト」人物表
「ライン上のゴースト」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
失われた地図を集めて(課題25:メロドラマ)
「失われた地図を集めて」人物表
「失われた地図を集めて」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
BLACK BENGO(課題24:弁護士)
「BLACK BENGO」キャラクター表
「BLACK BENGO」人物表
「BLACK BENGO」本文
page 4
page 5
page 6
page 7
君が生きるために大切なことはいつも伝えられなかった(課題23:医師)
「君が生きるために大切なことはいつも伝えられなかった」キャラクター表
「君が生きるために大切なことはいつも伝えられなかった」人物表
「君が生きるために大切なことはいつも伝えられなかった」本文
page 4
page 5
page 6
page 7
ワケあり先生とハダカの王子様(課題22:教師)
「ワケあり先生とハダカの王子様」キャラクター表
「ワケあり先生とハダカの王子様」人物表
「ワケあり先生とハダカの王子様」本文
page 4
page 5
page 6
page 7
再会の脱法ハーブ(課題21:刑事)
「再会の脱法ハーブ」キャラクター表
「再会の脱法ハーブ」人物表
「再会の脱法ハーブ」本文
page 4
page 5
page 6
page 7
プライバシー・ゼロの国(課題20:記者)
「プライバシー・ゼロの国」人物表
「プライバシー・ゼロの国」キャラクター表
「プライバシー・ゼロの国」本文
page 4
page 5
page 6
page 7
約束のカヌー(課題19:別れの一瞬)
「約束のカヌー」人物表
「約束のカヌー」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
10秒チャレンジ(課題18:愛する一瞬)
「10秒チャレンジ」人物表
「10秒チャレンジ」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ちゃいくら(課題17:憎しみの一瞬)
「ちゃいくら」人物表
「ちゃいくら」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
論文盛りました?(課題16:裏切りの一瞬)
「論文盛りました?」人物表
「論文盛りました?」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
一日一善、ときどき変態(課題15:男と女)
「一日一善、ときどき変態」人物表
「一日一善、ときどき変態」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ペテン師のレクイエム(課題14:再会)
「ペテン師のレクイエム」人物表
「ペテン師のレクイエム」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
オレスタイル(課題13:古痕)
「オレスタイル」人物表
「オレスタイル」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ウォーター・ビジネス(課題12:雨)
「ウォーター・ビジネス」人物表
「ウォーター・ビジネス」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
九尾の狐とディープフリーズ日本列島(課題11:雪)
「九尾の狐とディープフリーズ日本列島」人物表
「九尾の狐とディープフリーズ日本列島」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ホームレスのライフノート(課題10:葬式)
「ホームレスのライフノート」人物表
「ホームレスのライフノート」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
シンデレラは嘘をつきすぎてる(課題9:結婚式)
「シンデレラは嘘をつきすぎてる」人物表
「シンデレラは嘘をつきすぎてる」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
18歳以上閲覧できません(課題8:不安)
「18歳以上閲覧できません」人物表
「18歳以上閲覧できません」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ミイラ男は焼肉の秘密を知っている(課題7:宿命)
「ミイラ男は焼肉の秘密を知っている」人物表
「ミイラ男は焼肉の秘密を知っている」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
アフター・ネグレクト(課題6:死)
「アフター・ネグレクト」人物表
「アフター・ネグレクト」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
お父さんもう来ないで(養成講座課題:別れ)
「お父さんもう来ないで」人物表
「お父さんもう来ないで」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
紙袋の女(養成講座課題:出会い)
「紙袋の女」人物表
「紙袋の女」本文
page 3
page 4
page 5
はしるかける(養成講座課題:魅力的な叔父さん)
「はしるかける」人物表
「はしるかける」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
奥付
奥付

閉じる


君が生きるために大切なことはいつも伝えられなかった(課題23:医師)

「君が生きるために大切なことはいつも伝えられなかった」キャラクター表

相原勇孝(ゆたか)25)は、東京男子医科大学病院の研修医。出身は兵庫県姫路市。実家は小さな開業医である。一年浪人後、滑り止めで受験した東京男子医科大学に合格。卒業後、同大学病院の研修医となる。

 

東京男子医科大学は十五年前から共学になったが、OBの意向により、名称を東京男子医科大学のままとしている。都内の私立医大としてはCクラス。同大学病院は過去に医療ミスで訴訟沙汰の事件を起こしているが、今でも古い慣習、権威主義、縦割り組織の弊害が残っている。

 

正義感が強く、間違ったことに対しては間違っているとはっきり言う性格の相原は、研修期間中、各科の指導医と対立してきた。

 

 

患者が納得するまで説明する姿勢は、患者に評判がよい。腕も決して悪くないが、知識不足と連日の激務が原因で時折ミスを犯す。好きでもないのに眠気覚ましに1日3本以上コーヒーを飲む習癖を持つ。


「君が生きるために大切なことはいつも伝えられなかった」人物表

人 物

相原 勇孝(ゆたか)25)研修医

森田 護(まもる)40)指導医

水谷 (
)
(ひかり)(29
)薬剤師

小出 (
)
(しょう)(患者

 

小出 律(32)翔の母


「君が生きるために大切なことはいつも伝えられなかった」本文

○東京男子医大病院・ICU

  水谷光(29)、患者にチューブで投与されている薬剤を交換している。

  相原勇孝(25)、森田護(39)に連れられ、ICUに入って来る。

森田「光ちゃん紹介するよ、今日からICU配属になった研修医の」

相原「相原です。よろしくお願いします」

光「水谷です。邪魔だけはしないで下さいね」

森田「光ちゃん薬剤師だから。相原先生には、ああ、あの子担当してもらおうかな」

  奥に透明のケースで覆われ、無数の医療機器がつながれた小児用ベッド。

  小出翔(2)、目をつむり人工呼吸。

森田「小出翔君だ。ICU入りは確か昨日だったか。あれ? カルテないな、どこだ?」

相原「森田先生、僕小児科の経験ないですが」

森田「大丈夫だよ。首の腫瘍取る手術成功して、術後の回復待ちだって聞いてるから」

相原「でもICUに来ているお子さんでしょ。僕なんかに任せて大丈夫なんですか?」

森田「相原先生、君は医師法上立派な医師だ。自信持てよ。人手も足りないんだから」

相原「こういう時だけ立派な医師扱いですか」

森田「この子は、ああバクファミル投与中ね」

相原「バクファミル? 人工呼吸中の幼児への使用は、禁忌指定の麻酔薬ですよ」

森田「長期の場合だけだよ。翔君はすぐここ出るし。杓子定規に考えなくていいから」

光「森田先生、製薬会社の営業来てますけど」

森田「じゃ相原先生、後はよろしく頼むよ」

  と入口に向かう。

 

○同・医局(夜)

  相原、席に座り、うたた寝。机の上には缶コーヒー多数。

  光が来て肩を叩く。

光「先輩に見つかったら大変ですよ相原先生」

相原「あ、ありがとうございます」

光「先生達はみんなお気に入りのナース乗せて、外車で帰っちゃったけどね」


相原「水谷さん、翔君のことなんですけど」

光「ああ、あの子」

相原「バクファミル投与されてますけど」

光「辞めた方がいいでしょうね」

相原「え?」

光「まともな病院なら子供には投与しないわ」

相原「そう思ってるなら、何で辞めさせないんですか?」

光「私も何度も言った。他に治療法がないだの、実際は安全だの、色々おっしゃられて」

相原「薬剤師には医師から独立した薬剤の選択権が認められてましたよね?」

光「教科書の話でしょ。ここは病院よ。医師と薬剤師の間には超えられない壁があるの」

相原「そんな習慣、変えてきましょうよ」

光「頼もしい研修医さん。でもあんまり目立ち過ぎない方がいいわよ、研修期間中はね」

  と言って立ち去る。

 

○同・ICU

  相原、透明のビニールバッグに入った翔の尿を見つめている。

  森田が来る。

森田「宿直明けか? 元気だね相原先生」

相原「翔君の尿の色、おかしくないですか?」

森田「あれ? この子まだICU出ないのか?」

相原「え? いつ出るか知らないんですか?」

森田「私もICUの当番回ってきたの昨日だから。カルテどこだ?」

相原「ベッドの下に落ちてましたよ」

  と翔のカルテを森田に差し出す。

相原「ICUに来て今日で4日目みたいです」

森田「4日目か……くそ、もうそんなに」

相原「バクファミルの投与は辞めましょう。心拍数も低下してます」

森田「いや待て。今ここで辞めたら容体が急変するリスクがある。投与は続けよう」

相原「昨日だけで96ミリも投与してますよ」

森田「総投与量は何ミリだ?」

相原「それがカルテに書いてないんですよ。翔君の主治医はどこですか?」


森田「耳鼻科の先生だ。今日は確か学会で、院長と一緒に京都行ってるな」

相原「そんな。森田先生、どう対処すれば?」

森田「とりあえず経過観察して。耳鼻科に連絡取ってみるから」

  と外に出る。相原、目を瞑り人工呼吸している翔を見る。

  光が入って来る。

相原「水谷さん! 翔君の心拍数が」

光「心電図見せて。ちょっと、やばいよ」

相原「え?」

光「バクファミルを投与した子はみんな同じ。心拍数が乱れた後、極度に低下してくの」

相原「水谷さん、どうすれば?」

光「血管作動薬の投与。輸血も急いで。後は翔君の回復力に賭けるしか……」

相原「翔君、頑張れよ」

  心電図上下に激しく振れた後、水平線。

相原「え? これって?」

光「心肺停止9時33分。カルテに記録して」

  相原、カルテを床に落とす。

 

○T『君が生きるために大切なことはいつも 伝えられなかった』

 

○東京男子医大病院・ICU前の廊下(夜)

  相原と森田が立っている。

森田「いいか、絶対に謝罪するな。謝った瞬間に私達の責任になるぞ」

相原「そんな」

森田「研修医はだまって。ほら来た」

  小出律(32)がやって来る。

森田「翔君、急性の循環器不全でした」

律「どういうことなんですか? 手術は成功したって伺いましたけど」

森田「何らかの合併症が起こったかと」

律「手術担当された先生はどちらですか?」

森田「生憎、別の患者様の手術がありまして」

律「やっと腫瘍が治ったって安心してたのに」

相原「翔君にバクファミルという薬を投与していたこと、御存じでしたか?」


律「いえ、初めて伺いましたけど」

森田「相原君」

  と、相原の背中を引っ張る。

相原「バクファミルの使用で、病状が悪化したり、副作用が起こりやすくなるんです」

律「副作用があるような薬、私に説明なく使うなんて、どういうことですか?」

森田「お母様、この件については経緯を詳細に調べた上で、説明の機会を設けますので」

  森田、相原の足を靴で踏む。

 

○同・小会議室(夜)

  森田と相原、にらみ合っている。

森田「お子さん亡くされた直後なんだから、相手を動揺させるようなことしゃべるなよ」

相原「事実を伝えなきゃいけないでしょう、事実を。隠すつもりですか?」

森田「隠す? 何をだよ?」

相原「バクファミルですよ。副作用」

森田「因果関係なんてそんな簡単に証明できないんだよ。断言は慎め」

相原「お母さんにも薬の説明なしって、どういうことですか?」

森田「私だって誰か説明してると思ってたさ。とにかく君はこれ以上この問題に関わるな」

相原「納得できません」

森田「ICUに来る子供なんて半分死んでるようなもんだ。バクファミルなしでも死亡確率は50%以上あるんだぞ」

  相原、森田を見つめる。

森田「副作用を認める認めないは研修医が口突っ込む問題じゃない。病院経営の問題だ」

相原「僕は経営なんてわかりませんが、翔君のお母さんが困っていることはわかります」

森田「副作用なら君の過失になるんだぞ」

相原「え? 僕の責任ですか?」

森田「当たり前だろ。担当医は君なんだから。何でバクファミルの投与やめなかった?」

相原「それは……」

森田「カルテの整理でもしてなさい」

  と言って去る。


○同・廊下(夜)

  相原、ベンチに座りうなだれている。

  光、缶コーヒーを差し出す。

光「もしかして初めて? 自分の担当した患者さんが亡くなるのは? ……辛いよね」

相原「僕が、助かるはずの命をあやめてしまったんでしょうか?」

光「聞いたよ。翔君のお母さんに伝えたんだってね、バクファミルのこと」

相原「すみません。投与が公になったら、水谷さんも責任問題になるかもしれないのに」

光「人殺しの薬剤師はクビになっても、病院様はしぶとく生き残るんでしょ」

相原「僕は、薬剤師さんとかスタッフのみんなが病気になったら、入院したいって思える病院で働きたかった。でもここは……」

光「こんな病院でも遺族が本気で動いたら、変わっていくかもね」

相原「家族はいつか遺族になるんですね」

光「お母さん、さっきまだロビーにいたよ。伝えるなら今だよ。相原先生」

  相原、立ち上がり、走り出す。

 

○同・病院付近の歩道(夜)

  歩く律。猛ダッシュで相原が追いつく。

相原「待ってください」

律「あなたは」

相原「お力になれず本当にすみませんでした」

  と深くお辞儀をする。

律「翔の顔見ましたよ。眠ってるみたいで、まだ信じられません、亡くなったなんて」

相原「これカルテ開示申請書です。他にも知りたいことがあったらおっしゃって下さい」

  と、律に開示申請書を差し出す。

律「何があったのか本当のこと教えて欲しいんです、2歳で亡くなった翔の為にも。先生のことは、信じてもいいんですよね?」

  相原、律の目を真っ直ぐ見て頷く。(了)