目次
はじめに
はじめに
更新履歴
更新履歴
page 2
page 3
戦場の一休宗純(課題30:時代劇)
「戦場の一休宗純」人物表
「戦場の一休宗純」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
三転倒立ライフスタイル(課題29:ホームドラマ)
「三転倒立ライフスタイル」人物表
「三転倒立ライフスタイル」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
君のアドリブパパ(課題28:喜劇)
「君のアドリブパパ」人物表
「君のアドリブパパ」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
STAP2号対ドロチ~北半球最後の戦い~(課題27:アクションドラマ)
「STAP2号対ドロチ~北半球最後の戦い~」人物表
「STAP2号対ドロチ~北半球最後の戦い~」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ライン上のゴースト(課題26:サスペンス)
「ライン上のゴースト」人物表
「ライン上のゴースト」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
失われた地図を集めて(課題25:メロドラマ)
「失われた地図を集めて」人物表
「失われた地図を集めて」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
BLACK BENGO(課題24:弁護士)
「BLACK BENGO」キャラクター表
「BLACK BENGO」人物表
「BLACK BENGO」本文
page 4
page 5
page 6
page 7
君が生きるために大切なことはいつも伝えられなかった(課題23:医師)
「君が生きるために大切なことはいつも伝えられなかった」キャラクター表
「君が生きるために大切なことはいつも伝えられなかった」人物表
「君が生きるために大切なことはいつも伝えられなかった」本文
page 4
page 5
page 6
page 7
ワケあり先生とハダカの王子様(課題22:教師)
「ワケあり先生とハダカの王子様」キャラクター表
「ワケあり先生とハダカの王子様」人物表
「ワケあり先生とハダカの王子様」本文
page 4
page 5
page 6
page 7
再会の脱法ハーブ(課題21:刑事)
「再会の脱法ハーブ」キャラクター表
「再会の脱法ハーブ」人物表
「再会の脱法ハーブ」本文
page 4
page 5
page 6
page 7
プライバシー・ゼロの国(課題20:記者)
「プライバシー・ゼロの国」人物表
「プライバシー・ゼロの国」キャラクター表
「プライバシー・ゼロの国」本文
page 4
page 5
page 6
page 7
約束のカヌー(課題19:別れの一瞬)
「約束のカヌー」人物表
「約束のカヌー」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
10秒チャレンジ(課題18:愛する一瞬)
「10秒チャレンジ」人物表
「10秒チャレンジ」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ちゃいくら(課題17:憎しみの一瞬)
「ちゃいくら」人物表
「ちゃいくら」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
論文盛りました?(課題16:裏切りの一瞬)
「論文盛りました?」人物表
「論文盛りました?」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
一日一善、ときどき変態(課題15:男と女)
「一日一善、ときどき変態」人物表
「一日一善、ときどき変態」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ペテン師のレクイエム(課題14:再会)
「ペテン師のレクイエム」人物表
「ペテン師のレクイエム」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
オレスタイル(課題13:古痕)
「オレスタイル」人物表
「オレスタイル」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ウォーター・ビジネス(課題12:雨)
「ウォーター・ビジネス」人物表
「ウォーター・ビジネス」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
九尾の狐とディープフリーズ日本列島(課題11:雪)
「九尾の狐とディープフリーズ日本列島」人物表
「九尾の狐とディープフリーズ日本列島」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ホームレスのライフノート(課題10:葬式)
「ホームレスのライフノート」人物表
「ホームレスのライフノート」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
シンデレラは嘘をつきすぎてる(課題9:結婚式)
「シンデレラは嘘をつきすぎてる」人物表
「シンデレラは嘘をつきすぎてる」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
18歳以上閲覧できません(課題8:不安)
「18歳以上閲覧できません」人物表
「18歳以上閲覧できません」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ミイラ男は焼肉の秘密を知っている(課題7:宿命)
「ミイラ男は焼肉の秘密を知っている」人物表
「ミイラ男は焼肉の秘密を知っている」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
アフター・ネグレクト(課題6:死)
「アフター・ネグレクト」人物表
「アフター・ネグレクト」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
お父さんもう来ないで(養成講座課題:別れ)
「お父さんもう来ないで」人物表
「お父さんもう来ないで」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
紙袋の女(養成講座課題:出会い)
「紙袋の女」人物表
「紙袋の女」本文
page 3
page 4
page 5
はしるかける(養成講座課題:魅力的な叔父さん)
「はしるかける」人物表
「はしるかける」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
奥付
奥付

閉じる


ワケあり先生とハダカの王子様(課題22:教師)

「ワケあり先生とハダカの王子様」キャラクター表

桜木超(さくらぎこゆる)35)は私立応徳学院大学付属中学校2年2組産休代替教員。専攻は理科。

 

都内国立大学の教育学部卒業後、中学校教諭免許状取得。都内の私立中学で教諭になる。出世コースを歩んでいたが、28歳の時、初担任になったクラスで、いじめ、モンスターペアレント、学級崩壊の三重苦に見舞われる。うつ病を発症して休職。復帰後は非常勤講師として都内各地の中学校を渡り歩いている。

 

非常勤講師となった後は、保護者、生徒、先輩教師のご機嫌取りを辞めた。クレームを恐れず、子供達の将来のために直言する桜木の姿勢は、時に反発を呼び、何度も保護者や学校と対立した。桜木のことを慕う生徒もいるが、多くの場合、桜木の発言と行動は問題になり、半年に一度の契約更新前に契約切れになっている。

 

教師間でのあだ名は訳あり先生。生徒には超さん、桜木町などと呼ばれる。趣味は化学実験、理科の実験器具でコーヒーを作ること。


「ワケあり先生とハダカの王子様」人物表

 人 物

桜木 超(さくらぎこゆる)(35)私立応徳学院大学付属中学校・2年2組産休代替教員

冷泉穂高(れいぜいほだか)(14)同・2年2組生徒

成瀬薫子(42)同・教務主任・英語教師

早川 凛(14)同・2年2組生徒

男子A

男子B


「ワケあり先生とハダカの王子様」本文

○浜松町・駅前(朝)

  桜木超(35)、学生達に混じって歩く。

 

○応徳学院大学付属中学校・外観(朝)

  美術館のような現代建築の校舎。

 

○同・2年2組教室(朝)

  早川凛(14)他生徒達はしゃいでいる。

  桜木と成瀬薫子(42)、教室に入る。

薫子「ビー・クワイエット!」

  生徒達、教壇の桜木を見つめる。

薫子「三上先生が産休の間、このクラスの担任になります、桜木先生です」

  桜木、黒板に桜木超と書く。

桜木「桜木こゆるって読むからな。よろしく」

男子A「桜木町」

  凛他生徒達、笑う。

男子B「ここは浜松町だよ。横浜帰ったら?」

  桜木、ほくそ笑む。

 

○同・校門(朝)

  高級リムジンが到着する。

  冷泉穂高(14)、車から降りてくる。

  清掃中の用務員、冷泉におじぎする。

 

○同・2年2組教室(朝)

  桜木、黒板に元素記号を書いている。

  凛、机の下に隠してスマホを操作。

  冷泉、後ろのドアから入って来る。

桜木「君は、冷泉君かな?」

冷泉、返事をせず席に座る。

桜木「遅刻だろ。挨拶は?」

冷泉「おっさん誰?」

男子A「桜木町」

桜木「三上先生が産休の間、担任の桜木超だ」

冷泉「三上のおばさん、もう帰って来ないと思うけど」

桜木「あ?」

冷泉「少なくともこのクラスにはね」

  冷泉、英語の教科書と辞書を広げる。


桜木「おい。今は理科の授業中だぞ」

冷泉「知ってるよ。好きにやんなよ」

桜木「お前何か間違えてないか?」

  冷泉、英語の辞書をめくる。

桜木「誰にも愛されて来なかったようだな」

  と、冷泉の教科書を取り上げる。

 

○同・図書館

  凛、本棚の奥に座り込み、スマホを操作。

  画面には薫子と中年の男が夜の街を歩く写真が写っている。

  桜木、影から現れスマホを取り上げる。

桜木「スマホ利用禁止だったよな、ここ」

凛「返してよ」

桜木「お、これ成瀬先生じゃないか。盗撮か?」

凛「薫子様のお相手誰だと思う? 冷泉君のお父さんだよ」

桜木「は? 何でまた?」

凛「桜木町まだ知らないんだ。冷泉君のお父さん、応徳学院の理事長なんですけど」

桜木「親子そろって不良だな、これじゃ」

  と、スマホをポケットにしまう。

凛「ちょっと、返してよ」

桜木「静かに。ホームルームの後、返すから」

  冷泉、二人の様子を遠くから見ている。

 

○同・職員室(夕)

  桜木、自席で事務作業をしている。

  薫子がやってくる。

薫子「桜木先生、冷泉君の英語の辞書、取り上げたでしょう?」

桜木「何で知ってんですか?」

薫子「お母様から苦情の電話が来たそうよ」

桜木「理科の授業中に英語の勉強しようとしたんだ。取り上げて当然でしょう」

薫子「あなたね、産休穴埋めの非常勤講師なんだから、問題起こさないでください」

桜木「薫子様はあいつの味方する気ですか?」

  凛が走って来る。

凛「桜木町!」


桜木「どうした?」

凛「冷泉君がやばい。とにかく来てよ」

  桜木、立ち上がる。

 

○同・グラウンド(夕)

  冷泉、倒れている。頭に血。生徒達、冷泉を囲んでいる。

  桜木と凛が来る。

  桜木、冷泉を抱き上げ、ハンカチで冷泉の血を拭う。

桜木「大丈夫か? 保健室の先生は?」

冷泉「いいよ。うちで医者に診てもらうから」

桜木「何があった?」

冷泉「いじめられた」

桜木「何? 誰にやられた?」

冷泉「わかんないけど誰かに突き飛ばされた」

桜木「誰がやった? 見た奴いるか?」

  生徒達、おそるおそるその場を離れる。

 

○同・会議室(夜)

  桜木と薫子、広い会議室に2人でいる。

薫子「放課後遊んでいたら、誰かに押されて頭を打ったと。そうですね? 桜木先生」

桜木「さあ。どうでしょうか」

薫子「冷泉君はそう言ってたんでしょう?」

桜木「見た人誰もいませんからね」

薫子「嘘ついてるって言うの? 何のため?」

桜木「教師を困らせたいんじゃないですか」

薫子「推測でものを言うのは辞めなさい。いじめがあったら桜木先生の責任ですからね」

桜木「僕は今日赴任したばかりですよ」

薫子「図書館で女子生徒といちゃついてたって、匿名の報告もありましたけど」

桜木「え? いちゃついてた?」

薫子「ワケあり先生って噂、本当だったみたいね。なんで理事長はあなたみたいな人、雇ったのかしら? ソー・クレイジー」

桜木「今度会ったら聞いてみたらどうですか?」

薫子「とにかく犯人を捜しなさい」


○同・理科準備室

  桜木、アルコールランプでビーカーを温め、凛にコーヒーを出す。

桜木「誰もやってないんだよな?」

凛「さあね。先生みんなあいつの言いなりだから。みんなも面倒だから近づかないし」

  桜木、顕微鏡にデジカメを接続する。

凛「もうさ、あいつ怒らせない方いいよ。三上先生みたいになっちゃうよ」

桜木「三上先生、産休じゃなかったっけ?」

柿野「冷泉君の担任なんてさ、小学校の時から何人も替えられてるんだから」

桜木「最高だな。だがこっちも準備万端だ」

  と、顕微鏡のレンズにカメラを当てる。

 

○同・室内プール

  冷泉、一人壁際に座り、英語の勉強中。

  桜木、入って来る。

桜木「そんなに英語好きか? それとも薫子様の英語の授業なんて受けたくないか」

冷泉「チクってもいいよ。問題ならないから」

桜木「やりたい放題の王子様か」

冷泉「早く犯人見つけてよ。そいつ退学になっちゃうかもしれないけどね」

桜木「はい。ここで王子様にクイズです」

冷泉「は?」

  桜木、血球の拡大写真を3枚出す。

桜木「写真が3枚あります。1つだけ本物の血の拡大写真です。さあどれでしょう?」

冷泉「バカにするなよ。一番左に決まってる」

桜木「ピンポン。正解です。はずれの2枚そっくりですね。うち1つは冷泉君の血、もう1つは食用の赤い色素の拡大写真でした」

冷泉「だから何?」

桜木「いじめられたなんて嘘だな」

冷泉「桜木町の言うことと僕の言うこと、みんなどっちを信じるだろうね?」

桜木「お前は学院の理事長の息子、ここじゃいわば王子様だ。教師も生徒も王子様のご機嫌取りに忙しい。俺はやらねえけどな」

冷泉「文句あるならここ辞めたら? すぐ追い出してやるよ」


桜木「分かってるか? みんながご機嫌取るのはお前がすごいからじゃないって」

冷泉「何言いたいわけ?」

桜木「裸のお前は何者でもない。親がすごいだけだ。このままだとお前は常識を知らないまま、外の世界に出ることになるぞ」

冷泉「あのさ、俺は将来この学園継ぐこと決まってんの。このままで何も問題ないの」

桜木「すごいですね立派ですねって本当は裸なのに言われ続ける人生、寂しくないか? 友達だって思える奴、ここにいるのかよ」

  桜木、上着を脱ぎ始める。

桜木「俺はな、一度全部ぶっ壊れた。最初に担任したクラスが崩壊して、自信なくしてさ。全部捨ててみた。そしたら楽なったよ」

冷泉「服着ろよ、おっさん」

桜木「裸の王子様よ。自分は裸だ、何も持ってないって気づいてみろ。楽になるぞ」

  桜木、プールに飛び込む。

桜木「冷房のきいた室内プールにいたら飼い殺される。冷泉、このままでいたくないのはお前自身だろ」

冷泉「……男の裸には興味ないね」

  冷泉、立ち上がり、出口に向かう。

 

○同・職員室

  薫子、事務作業。濡れた桜木が入室。

薫子「桜木先生、どうしたのその恰好?」

桜木「ああこれ? 理科の実験演習です」

薫子「冷泉君、自分で躓いて転んだだけだったって、さっき職員室に謝りに来たそうよ」

桜木「はあ。ようやくわかったか(くしゃみ)」

薫子「はあじゃないわよはあじゃ。それに突然ロンドンに留学したいとか言い出して」

  桜木、微笑む。

 

○同・理科準備室・校門の見える窓辺(夕)

  桜木、コーヒーを飲みつつ、夕日を受けて一人歩いて帰る冷泉を見ている。(了)