目次
はじめに
はじめに
更新履歴
更新履歴
page 2
page 3
戦場の一休宗純(課題30:時代劇)
「戦場の一休宗純」人物表
「戦場の一休宗純」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
三転倒立ライフスタイル(課題29:ホームドラマ)
「三転倒立ライフスタイル」人物表
「三転倒立ライフスタイル」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
君のアドリブパパ(課題28:喜劇)
「君のアドリブパパ」人物表
「君のアドリブパパ」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
STAP2号対ドロチ~北半球最後の戦い~(課題27:アクションドラマ)
「STAP2号対ドロチ~北半球最後の戦い~」人物表
「STAP2号対ドロチ~北半球最後の戦い~」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ライン上のゴースト(課題26:サスペンス)
「ライン上のゴースト」人物表
「ライン上のゴースト」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
失われた地図を集めて(課題25:メロドラマ)
「失われた地図を集めて」人物表
「失われた地図を集めて」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
BLACK BENGO(課題24:弁護士)
「BLACK BENGO」キャラクター表
「BLACK BENGO」人物表
「BLACK BENGO」本文
page 4
page 5
page 6
page 7
君が生きるために大切なことはいつも伝えられなかった(課題23:医師)
「君が生きるために大切なことはいつも伝えられなかった」キャラクター表
「君が生きるために大切なことはいつも伝えられなかった」人物表
「君が生きるために大切なことはいつも伝えられなかった」本文
page 4
page 5
page 6
page 7
ワケあり先生とハダカの王子様(課題22:教師)
「ワケあり先生とハダカの王子様」キャラクター表
「ワケあり先生とハダカの王子様」人物表
「ワケあり先生とハダカの王子様」本文
page 4
page 5
page 6
page 7
再会の脱法ハーブ(課題21:刑事)
「再会の脱法ハーブ」キャラクター表
「再会の脱法ハーブ」人物表
「再会の脱法ハーブ」本文
page 4
page 5
page 6
page 7
プライバシー・ゼロの国(課題20:記者)
「プライバシー・ゼロの国」人物表
「プライバシー・ゼロの国」キャラクター表
「プライバシー・ゼロの国」本文
page 4
page 5
page 6
page 7
約束のカヌー(課題19:別れの一瞬)
「約束のカヌー」人物表
「約束のカヌー」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
10秒チャレンジ(課題18:愛する一瞬)
「10秒チャレンジ」人物表
「10秒チャレンジ」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ちゃいくら(課題17:憎しみの一瞬)
「ちゃいくら」人物表
「ちゃいくら」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
論文盛りました?(課題16:裏切りの一瞬)
「論文盛りました?」人物表
「論文盛りました?」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
一日一善、ときどき変態(課題15:男と女)
「一日一善、ときどき変態」人物表
「一日一善、ときどき変態」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ペテン師のレクイエム(課題14:再会)
「ペテン師のレクイエム」人物表
「ペテン師のレクイエム」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
オレスタイル(課題13:古痕)
「オレスタイル」人物表
「オレスタイル」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ウォーター・ビジネス(課題12:雨)
「ウォーター・ビジネス」人物表
「ウォーター・ビジネス」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
九尾の狐とディープフリーズ日本列島(課題11:雪)
「九尾の狐とディープフリーズ日本列島」人物表
「九尾の狐とディープフリーズ日本列島」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ホームレスのライフノート(課題10:葬式)
「ホームレスのライフノート」人物表
「ホームレスのライフノート」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
シンデレラは嘘をつきすぎてる(課題9:結婚式)
「シンデレラは嘘をつきすぎてる」人物表
「シンデレラは嘘をつきすぎてる」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
18歳以上閲覧できません(課題8:不安)
「18歳以上閲覧できません」人物表
「18歳以上閲覧できません」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
ミイラ男は焼肉の秘密を知っている(課題7:宿命)
「ミイラ男は焼肉の秘密を知っている」人物表
「ミイラ男は焼肉の秘密を知っている」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
アフター・ネグレクト(課題6:死)
「アフター・ネグレクト」人物表
「アフター・ネグレクト」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
お父さんもう来ないで(養成講座課題:別れ)
「お父さんもう来ないで」人物表
「お父さんもう来ないで」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
紙袋の女(養成講座課題:出会い)
「紙袋の女」人物表
「紙袋の女」本文
page 3
page 4
page 5
はしるかける(養成講座課題:魅力的な叔父さん)
「はしるかける」人物表
「はしるかける」本文
page 3
page 4
page 5
page 6
奥付
奥付

閉じる


紙袋の女(養成講座課題:出会い)

「紙袋の女」人物表

 人 物

倉橋ネネ(25)フリーター

町村静雄(30)会社員

真島清治(35)結婚相談所職員

工藤美香(25)町村の部下


「紙袋の女」本文

○歩道
   倉橋ネネ(25)の脚が見える。
   黒のハイヒールでゆっくり歩いている。

 

○居酒屋綱吉本社・面接室
   町村静雄(30)が奥のテーブルに座っている。手前の椅子は無人である。
   町村は、氏名欄に『倉橋ネネ』と書かれた履歴書を見ている。
   履歴書の写真欄には、写真が貼られていない。
町村「おかしいな、はがれたのかな?」
   町村、書類をめくって写真を探す。

 

○同・エントランスホール
   ネネがホールを歩いてエレベーターに向かう。下半身までしか見えない。

 

○同・面接室
   町村、腕時計を見て、
町村「次の方どうぞ」
   ノックの音。
ネネの声「失礼します」
   ドアが開き、ネネが入ってくる。
   ネネは、頭に紙袋をかぶっており、顔が見えない。

   目のところに穴があいていて、目だけが見える。
   ネネが歩く姿を凝視する町村。
   ネネ、椅子の横に立つ。
町村「君、紙袋って」
   ネネ、礼をする。
ネネ「はじめまして、倉橋ネネと申します」
町村「いや、だから紙袋」
ネネ「座ってよろしいでしょうか」
町村「紙袋取ってからでしょ」
ネネ「は? 紙袋?」
町村「紙袋、あなた今してるよね。とってそれ」
ネネ「とれません」
町村「なんでよ?」


ネネ「ちょっと事情がありまして」
町村「何事情って? 怪我?」
   ネネ、首をふる。
   紙袋がごそごそ音を出す。
町村「怪我じゃなきゃ何? 恥ずかしいとか?」
   と笑顔で尋ねる。
   ネネ、首を振る。
   町村、真顔になって、
町村「じゃあ何?」
   ネネ、無言で座っている。
   町村、ネネをにらむ。
   ネネ、紙袋の位置を直す。
町村「ここね、芸人の面接してるわけじゃないから。ふつうの企業の面接。わかる?」
ネネ「わかります」
町村「何か事情あるんだろうけど、面接の評価に響くよ。それでもいいの」
   ネネ、うなづく。紙袋がずれたので、また元の位置に戻す。
町村「一応聞くけど、志望動機は何ですか」
ネネ「特にありません」
町村「特にありませんって、あなたね。おちょくってるの」
   ネネ、首を振る。がさごそ音がする。
町村「こっちも忙しいの。仕事なの」
ネネ「仕事、忙しいんですね」
町村「はあ、じゃ特技とかあります?」
ネネ「笑顔には自信があります」
町村「あれかな、今笑ってるのかな?」
ネネ「真顔です」
町村「そうですか、顔が見たいなあ」
ネネ「ちょっと、近くまで行っていいですか?」
町村「何? 顔見せてくれるの?」
ネネ「ちょっとだけです」
   ネネ、立ち上がって、町村の近くによる。
   かがんで紙袋をしたまま、町村の顔に自分の顔を近づける。
   町村の顔に紙袋が当たる。
   目の前にある町村の顔を凝視するネネ。


町村「何? 何かついてる?」
   ネネ、腰をあげて、溜息をつく。

 

○同・表
   紙袋をかぶったままのネネがビルから出てくる。
   しばらく歩いた後、ネネが紙袋を外す。
   歩道にセダンが停められている。
   ネネ、助手席に乗り込む。

 

○同・オフィス
   パソコンとデスクが並ぶオフィス。
   工藤美香(25)が結婚相談所のパンフレットを見ている。
   町村が部屋に入ってくる。
   町村、工藤の隣の席に書類の束をおく。
工藤「面接終わりました?」
町村「うーん、一人変なのがいた」
工藤「変なのって?」
町村「紙袋かぶって面接受けに来たの」
   工藤笑う。
工藤「何それ? 本気ですか」
町村「とろっかなあれ。スタイルいんだよね」
工藤「町村課長、こんなのやってるんですか」
   工藤、結婚相談所のパンフレットをひらひらさせる。
町村「勝手にデスクあさらないでよ」
   町村、パンフレットを奪い返す。
町村「ちょっと休憩もらうわ」
   町村、廊下に向けて歩き出す。

 

○自動車の車内
   運転席に真島清治(35)。助手席にネネ。停車中である。
真島「どうやった?」
ネネ「なかなかイケメンでした」
真島「次も会いたいか?」
ネネ「うーん、まあ」
真島「30歳で課長やで。ええ条件やろ」
   ネネ、紙袋をつかみあげて、


ネネ「けどこれいいんですか? 絶対あやしくないですか?」
真島「いいって」
ネネ「だってほら、向こうもすごい気にしてたし」
真島「気にすんなって。紙袋かぶっとるやろ。相手が油断するやろ。こういうのが大事なんやて。もうネネちゃんのこと忘れへんて」
ネネ「普通の結婚相談所に頼むんだったなあ」
真島「出会いが肝心なんやて。次会って顔見せたら、するするいくわ」
ネネ「もうかぶりませんからね、これ」
真島「ネネちゃん! 来た! 町村さん!」
   歩道に町村が歩いている。
真島「ほれ、はよ紙袋かぶって」
ネネ「ええ?」
  真島、ネネから紙袋を奪い、ネネの頭にかぶせようとする。
真島「ここで見つかっちゃあかんて!」
ネネ「いやいや、紙袋かぶってる方が絶対あやしいでしょ」
真島「じっとして!」
   ネネ、紙袋をかぶる。
   町村、ネネに気付いてあゆみをとめる。

   ネネ、手を振りながら、
ネネ「最悪」
   町村、手を振り、通り過ぎる。
真島「ほー、あぶな」
   ネネ、紙袋を外し、髪型を整える。
ネネ「もう、これかぶりたくないな」
真島「町村さんと会う時は、しばらくかぶっとくか」
ネネ「いやいや、もうかぶる必要ないでしょ」
真島「会社で会う時はかぶっとった方がええんちゃう? 採用されたら毎日会うことになるんだし」
ネネ「採用されるわけないですよ」
真島「一旦事務所戻るか。次の作戦考えよ」
   真島、アクセルを踏む。(了)