twitterアカウントでログイン

この本は、「【連載】後宮悲歌~何度でも、あなたに恋をする~⑦【第一部完結】」 のバックナンバーです。(2014-01-17 22:26:21 発行)

カテゴリー 小説・ノンフィクション 恋愛 , 歴史・時代 作者 megumi33
タグ 泣ける切ない韓流時代小説後宮王と女官側室朝鮮王朝時代語られなかった想い歴史の中の真実陰謀
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

29 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 18ページ (Web閲覧)
29ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
☆ そんなに哀しまないで。たとえ、何度生まれ変わっても、きっと私はあなたを探し出す。そして、何回でも、素敵なあなたに恋をするの-。
 だから、泣かないでね。 ☆

-激動の歴史の中を風のように駆け抜けて生きた少女がいた。
 恋のために生き、そして、散っていった生涯。
 
 生命を賭けて愛する男を守り、愛を貫いた少女の物語。-

  
 蘇明姫(ソ・ミョンヒ)は15歳。
 幼い頃、父は捕盗庁ポトチョンの副官であったが、王命で大臣の不正を
 探っていることが原因で殺された。

 大臣は卑怯にも明姫の一家を使用人に至るまで惨殺し、屋敷ごと
 火事に見せかけて焼き払ったのである。

 明姫は母方の祖母の崔チェ氏に引き取られたが、たびたび、生命を狙われ、
 伯母の崔尚宮サングンは明姫を女官として後宮に引き取ることに決めた。


 時は流れ、美しく成長した明姫は一人前の女官となり、
 伯母に叱られながらも、充実した宮廷女官としての日々を過ごしていた。
 そんなある日、牡丹が咲き誇る庭園で、明姫は一人の若者と出会う。
  果たして、イ・ユンと名乗る美貌の若者の正体は?
  

コメント一覧

この本へのコメントはまだありません。

facebook コメント一覧