twitterアカウントでログイン

カテゴリー 趣味・生活・芸術 雑誌 作者 スーパーどん底タイム
価格 無料
タグ 庵野秀明新世紀エヴァンゲリオンエヴァンゲリオン神聖かまってちゃんの子
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

3 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 24ページ (Web閲覧)
26ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
神聖かまってちゃんと庵野秀明 〈魂を獲得したけもの〉

本文抜文
「 “四年間は壊れたまま何もできなかった” 庵野秀明は監督を務めた前作(不思議の海野ナディア)から『新世紀エヴァンゲリオン』が放送される四年間を回想してそう語っている。 (略) 庵野はアニメ視聴者を敵に回すようなことをアニメで行った。アニメばかり観てただの消費者になるなよと言い切った。神聖かまってちゃんは一般の音楽リスナーを敵に回すようなことを音楽で行った。誰も言い切れないような《死ね!》を言い切った。これがロックンロールだ。」


語って欲しいバンドを語ってくれない音楽雑誌やライターに我々、は反旗をひるがえそう!
これは、神聖かまってちゃん評である。そ、ニートの。。。
音楽の文脈を知っている音楽ライターが書かないから、
20代のks底辺が違った角度から「神聖かまってちゃん」評を紹介します。

今回は、庵野秀明の『新世紀エヴァンゲリオン』のTVアニメ後半の崩壊を軸に、神聖かまってちゃんについて語っていきます。

コメント一覧

この本へのコメントはまだありません。

facebook コメント一覧