twitterアカウントでログイン

カテゴリー 小説・ノンフィクション 雑誌 作者 スーパーどん底タイム
価格 無料
タグ 神聖かまってちゃんマンガ惡の華悪の華仲村雑誌
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

12 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 15ページ (Web閲覧)
17ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
抜文
「三人とも孤独だった。興味深いのは、それを埋めるための行動はそれぞれ違っていたということだ。佐伯は異性と付き合うことでそれを埋めようとした。春日は憧れに思いをはせることで埋めようとした。仲村は向こう側へ行くことで埋めようとした。(略) 光だった佐伯は春日に町に止まることを訴えた。闇だった中村は町から出ることを訴えた。闇は進む力がある」

語って欲しいバンドを語ってくれない音楽雑誌やライターに我々、は反旗をひるがえそう!
これは、神聖かまってちゃん評である。そ、ニートの。。。
音楽の文脈を知っている音楽ライターが書かないから、
20代のks底辺が違った角度から「神聖かまってちゃん」評を紹介します。

今回は、押見修造の『惡の華』を軸に、神聖かまってちゃんのパワーについて語っていきます。

コメント一覧

この本へのコメントはまだありません。

facebook コメント一覧