閉じる


桜草の出逢い

   桜草の出逢い

 そっと手を伸ばしても、小さな白い蝶は微動だにせず花に止まったままだ。明(ミヨン)姫(ヒ)は全身に神経を集め、できるだけ気配を殺して花に近づく。春の穏やかな陽射しが惜しげもなく降り注ぐ広大な庭園の一角、今を盛りと咲き誇る牡丹園と白き蝶―、まさに一幅の絵画にも匹敵する光景である。

  明姫には別に蝶を捕らえようなどという下心はなかった。ただ、ほんのいっとき、その可憐な蝶を手のひらに乗せ、眺めてみたいという少女らしい欲求にすぎなかった。

  第一、蝶を飼おうとしたところで、狭い虫籠に閉じ込めれば、生きていたところで、せいぜいが数日の生命だ。自然界に生きるものは伸びやかに自由に羽ばたくからこそ、生き生きとして美しい。その美しさ、生命を理不尽に奪う権利は誰にもない。

  できれば、ただ眺めるだけが良いのは判っていたけれど、明姫のその誘惑心をくすぐってやまないほど、その可憐な蝶は魅惑的だった。そう、丁度、今にも開こうとている花の蕾のような彼女自身のように。

 「良い子だから、あと少しだけ、そのまま、じっとしててね」

  呟き手を伸ばす。白い小さな手が蝶に触れようとしたまさにその瞬間、蝶はひらひらと舞い上がった。

 「あっ」  

 明姫は悲鳴じみた声を上げ、慌てて周囲を見回した。今は勤務の真っ最中、こんな場所で呑気に蝶と戯れていて良いはずがない。  

 蘇明姫、当年とって十五歳になる。六歳で女官見習いとして宮中に上がり、今年で十年経った。大妃(テービ)に仕える崔尚宮(チェサングン)の許で女官としての心得や行儀作法・教養万端をみっちりと仕込まれ、去年の春に正式な女官と認められた。

 「ああ、折角、あと少しで捕まえられるところだったのに」

 明姫は小さく舌を出し、また、慌てて周囲を窺う。幼い頃からのこの癖は幾ら崔尚宮に厳しくたしなめられても、一向に直らない。 ―宮廷女官ともあろう者が下賤な者どものように舌を出すなどと、見苦しい。  

 見つかる度に叱責されるのに、いまだに気を緩めると出てしまう。

  たとえ伯母と姪の間柄であろうが、謹厳実直を自他共にもって任ずる崔尚宮には関係のない話なのだ。そう、上司である崔尚宮は明姫にとっては血の繋がった伯母である。両親もいない今、天涯孤独の明姫にとっては、この世で数少ない肉親なのだ。

 明姫の父は捕盗庁(ポトチヨン)の副官だった。長官である従事(チヨンサ)官に準ずる役職である。が、父明南(ミヨンナム)は明姫が六歳の冬に亡くなった。いや、父だけではない、母の玉彩(オクチェ)も同時に亡くなった。


 今でも時々、夜半の眠りのただ中に見る悪夢、あれは紛れもなく、あの夜の再現だった。真っ赤に燃え盛る焔、黒々とした夜空を不気味なほどに紅く染め上げていた―。その焔は明姫が慣れ親しんだすべてのものを飲み込み、跡形もなく灼き尽くした。優しかった両親、まだ乳飲み子にすぎなかった弟、母の次に大好きだった乳母、誠実に主人のために働いていた大勢の使用人が犠牲となったのだ。  

 明姫が分別というものを身につける年頃になった時、崔尚宮がこっそりと教えてくれた。亡くなった当時、父は極秘裏に王命で何かを探っていたのだという。それは時の左議政(チャイジョン)という権力者に拘わることであり、左議政は時の王妃―今の大妃の実兄であった。

  今、その左議政は朝廷の臣下としては最高位の領議政(ヨンイジョン)にまで上り、妹は王の母、そして我が娘は現国王の正妃となっている。まさに国王の外戚として幅を効かせ、栄耀栄華を極めていた。

  父が探っていた領議政(当時は左議政)の罪について、伯母である崔尚宮は薄々は知っているらしいが、明姫に語ることはなかったし、また明姫も訊ねることはしなかった。

  今が領議政の天下である限り、これはけして口外できない。何故なら、明姫の両親もそのために殺されたのだから。それは同日同夜、父の上官である捕盗庁の長官までもが殺害されたことでも明白だった。時を同じくして、捕盗庁の長官と副官の屋敷が火事になり、しかも一族、使用人までの殆どが亡くなるなど、あまりに不自然すぎる。

 この火事で屋敷にいた大半の者が生命を落とした。明姫の他にはたった一人生き残った老齢の執事に背負われ、明姫は生命からがら屋敷を脱出したのだ。  眼を閉じれば今も思い出す、あの無残な光景。火の粉を巻き上げながら燃えていた屋敷の中には父や母、幼い弟がいた。いや、その前に自分がこの眼で見たものをけして忘れはしない。  

 部屋中に血飛沫が飛び散り、一瞬の中に息絶えた父や母の姿。何か異変を察して泣きわめく赤児の弟の口を塞いだ大きな手。  

 そう、両親は火事で死んだのではない。焔に飲み込まれる前に殺されたのだ。黒装束に身を包んだ、どこの誰とも知れぬ輩たちが剣を振り上げ、一瞬の中に次々と屋敷の者たちの生命を奪っていった。それから逃れる前、屋敷に火を放ったのだ。  あの夜の惨事はすべてが仕組まれたものだった。だからこそ、崔尚宮は幼い明姫によくよく言い聞かせた。 ―お前はあの夜、何も見なかった、知らなかった。あの日、お前はお祖父さま、お祖母さまの許に遊びにきていたということになっています。ゆえに、くれぐれも軽はずみなことは口にせぬように。


 黒装束の賊たちが室に踏み込んできた時、明姫は一緒に眠っていた乳母の機転で衝立の背後に隠された。明姫は物陰で震えながら、乳母の断末魔の悲鳴を聞いた。賊たちが足音も荒く出ていった後、彼女の眼にしたのは部屋中を染めた乳母の血と血まみれで事切れた乳母だった。

  慌てて両親の部屋を訪れた時、まさに剣が二人の胸を刺し貫き、うす汚い手が幼い弟の口を塞ぐところであった。  衝撃で声すら出なかった。ここで見つかれば、自分もあのように無残に殺されると本能的に悟り、明姫は扉を細く開けたまま零れ落ちる涙はそのままに小さな手で口を押さえ、懸命に嗚咽が洩れるのを防いだ。

 泣きながら廊下をさまよっているところ、生命からがら逃げ出した老執事と遭遇し、彼に背負われて逃げ出したのだ。執事はそのときの衝撃のせいもあったのか、それからほどなく病の床につき、亡くなったという。

  ほぼあい前後して捕盗庁の長官・副官の屋敷が火事となり、家族、使用人の大半が生命を落とした。そのあまりに不自然な事件は意外にも〝不注意による火事〟とされ、たいした取り調べもなく終わった。

 いや、調べる必要もなかったのだ。探られ明るみにされては困る罪を抱える者―左議政こそがすべてを仕組んだ大元であるとは判っていた。しかし、証拠は何もなく、また、左議政ほどの大物を敵に回したい者がいるはずもない。  それはまた、当時の国王への左議政による牽制の意味もあったに違いない。

 ―私を甘くご覧になりますと、このような目に遭いますぞ。  事実として、国王はそれ以降、左議政の罪を暴こうとするのを止めた。当然、左議政による生き残りに対しての追及はあった。明姫は事件の夜、直接、賊を見ているわけではない。が、副官の幼い娘が屋敷内のどこかに潜んでいたのは事実であった。

 たとえ伯母の崔尚宮が明姫を守るために明姫はあの夜、屋敷はいなかったと苦しい嘘をついたとて、それで老獪な左議政を騙しおおせるはずがなかったのだ。

  明姫は両親の死後、すべてを失い、祖父母の許に身を寄せた。母の両親が当時はまだ健在であり、そこに引き取られたのである。祖父は現役時代は中級官吏をしていたが、その頃には引退して屋敷で隠居生活を送っていた。  しかし、左議政の追っ手はそこにまで魔手を伸ばしてきた。幼い明姫が人知れず紛れていた偽の女中に首を絞め殺されそうになったのを機に、崔尚宮が明姫を宮中に入れることに決めたのだ。祖父には二人の娘がいて、上が若くして女官となり、大妃付きの尚宮にまで出世した伯母、下が明姫の母であった。

 ―宮中にいれば、かえって、そなたの身は安全というもの。


 伯母の読みは正しかった。流石に国王の住まう宮殿では左議政も大それたことはできないと悟ったのだろう。更に、明姫が賊の姿を直接見ていないことも向こうを安心させたのか、以来、明姫が生命を狙われることはなかった。  こうして月日は流れた。明姫は崔尚宮の許で女官としての基礎をみっちりと仕込まれ、正式な女官となったのである。

 左議政はこの九年間で領議政(ヨンイジョン)になり、まさに我が世の春を謳歌していた。が、天は彼の所業を見ているのか、事は思い通りにはなかなか運ばなかった。掌中の玉と愛でる一人娘を年若い国王の妃としたものの、結婚後七年を経ても、王妃に懐妊の兆はなかった。

 そのため、この度、有力両班(ヤンバン)の息女の中から新たな側室が選出されることになった。そうなると、国中の両班の娘で適齢期の者に対して禁婚令が発布される。無事に国王の新しい側室が決まるまで、結婚してはならないというお触れである。

 大臣たちが集まり、予め側室候補として名の上がった息女たちについて十分に吟味を重ねる。数名上がったお妃候補たちの面接試験も終わり、二人の息女が側室として内定した。  一人は兵曹判書(ヒョンジョパンソ)の娘だというが、今ひとりはもちろん、領議政の息の掛かった娘である。領議政には娘が一人しかいないので、遠縁の娘を養女にして側室として納れる目算だった。

 二人の新しい妃たちは既に正式に入宮し、それぞれ殿舎を賜って側室としての待遇を受けている。  領議政は両親の敵であった。むろん、憎くないはずがない。しかしながら、一介の女官にすぎない自分に何ができるだろう?   崔尚宮は幼い彼女にくどいくらいに言い聞かせてきた。

 ―良いですか、すべて忘れるのです。あの夜、起こった出来事はなかったこととして忘れ去りなさい。余計な復讐心など抱けば、今度こそ、そなたも亡き両親同様、闇から闇へと葬られるのですから。  ただ一人生き残ったそなたの役目は無謀な仇討ちなどではない、家門の存続です。

 そのときだけは厳しい上司ではなく、伯母の瞳になって崔尚宮は告げた。

 ―実家は既に絶えたも同然ではあるが、そなたさえその気になれば、復興はできる。そなたが婿を迎えて家門を立て直せば、亡き両親も少しは浮かばれよう。  遠縁の娘を養女にして国王に侍らせてまで、王の外戚になりたいのか。領議政の果てのない野望は怖ろしくもあり、また、愚かしくも思えた。人の世の栄華を極めたとて、所詮は一時の儚い夢。夏の早朝、蓮の葉の上に宿った露雫のようなものではないか。


 またたきするほどの間に、消えてなくなる。なのに、何故、人はそれほどまでに地位や財産に拘り執着するのだろう。父は、その領議政の野心について調べている中に、殺されたのだ。この世のありとあらゆるものを手にした領議政にとって、捕盗庁の副官にすぎなかっ父など、虫けら同然だったのだろう。顔の回りを飛び回ってうるさいから、目障りだから、殺された―ただ、それだけの理由で。

 ならば、伯母の言うように、復讐など所詮は意味のないものだ。一介の小娘に時の権力者を潰せるほどの力などあるはずもないし、いずれ天をも怖れぬ悪行の報いは必ずや彼に下るだろう。  

 それよりも、虫けらだって、ちゃんと生きていけるのだと心意気を見せてやる方がよほど利口というものだ。一度は叩きつぶされたかに見えた家門を復興することこそが復讐であり、両親の無念を晴らすことになるはずだ。

 明姫は小さく首を振った。いけない、あの夜のことを考えまいとすればするほど、どうしても思い出してしまう。やはり、昨夜見た夢のせいだろうか。

 夜空を焦がし燃えていた紅蓮の焔、焔がぱっくりと口を開けた巨大な魔物のように屋敷を飲み込んでいた―。いつもの、あの夢。

  明姫は俄に悪寒を感じて、華奢な身体を震わせた。忽ちにして春のたけなわの長閑な庭園が色褪せた無味乾燥なものにしか見えなくなってしまう。

  いつのまにか白い蝶は消え去り、後には咲き誇る緋牡丹が風にひっそりと揺れているだけ。そこで、明姫は初めて我に返った。

 「いけない、こんなことをしていては、また崔尚宮さまに叱られてしまう」

  宮中では、たとえ伯母と姪であろうが、そんなことは通用しない。殊に崔尚宮は身内であろうと容赦はない。失敗をすれば、即座に厳しい叱責を受けるし、時には罰も受ける。宮中には、明姫が崔尚宮の姪であると知る者はいない。何故なら、明姫は正確な素性を隠して宮仕えに出ているからだ。

 明姫は足許に置いてあった風呂敷包みを腕に抱えた。山吹色の風呂敷に包んだそれは、かなり重みがある。かれこれ四半刻余り前、宮中の書庫に行って、指定された数冊の書物を取ってくるようにと崔尚宮から言いつけられた明姫である。

 それらの書物は、王室の歴史を始祖太祖(テージヨ)に始まって現国王直宗まで綿々と綴ったものらしい。今、大妃殿では、新しい側室のためのお妃教育が始まっている。両班の息女だから、それなりの教養を身につけているが、これから更に磨きをかけるため、大妃自らが教育指南役として指導に当たるのである。  そこまで大妃が熱心なのも、やはり兄である領議政に頼まれてのものだろう。現に、今ひとりの兵曹判書の娘に対しては、そのような気遣いは見せてはいない。



読者登録

megumi33さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について