閉じる


<<最初から読む

25 / 29ページ

試し読みできます

20140128近況飯エッセイ

 朝食におにぎりを食べる。
とても洋風な一品だった。

 昨日の夕食に食べたパエリアを、家族がおにぎりにしておいて
くれたので、今朝はそれを頂いた。すっかりと冷えていたので、
食べる前にレンジでチンしてしっかりと温めて、お腹が冷えてし
まわないようにして美味しく頂いた。
 温めると多分サフランの香りなのだろう、特有のいい香りがし
て朝のぼやけた体でも、食欲が湧いてくる。手のひら一杯くらい
の大きさがあったので、かなりの量をおにぎりにしてあったのだ
ろうけれど、あっという間に食べてしまった。
 おにぎりという日本のお米の食べ方と、パエリアという料理が
合体すると、とても美味しいということが分かりました。

 昼食にエビカツを食べる。
今日食べたものは少し残念なものだった。

 いつも食べるエビカツは、エビがそこそこ入っていてぷりぷり
した食感もそこそこ楽しめるものなのだけれど、今日のものはと
にかくエビが少なかった。
 買ったスーパーが違うのだろうと思うが、ほとんどが練り物で
出来ていて、三つ食べたうちの一つはエビが全く入っていなかっ
た。中身の殆どを占める練り物にしても、何だか身が詰まってお
らずゆるくて柔らかすぎた。
 お店の方針なのだろうか、とにかくなんだか残念で仕方のない
一品だった。

 もう一品のおかずは美味しかった、玉ねぎとひき肉の煮物。
味付けは牛丼風ですき焼き風、醤油と砂糖の甘辛い味付けに玉ね
ぎの甘みが加わって、とてもいい風味の甘さが楽しめた。
 御飯のおかずとしてはもう少し醤油が強いほうがいいかな、と
思ったけれど、優しい甘さは食べ心地が良かった。

 夕食にカレーを食べる。
いつ食べても安心の美味しさだった。

 今日のカレーは甘口で作られていたのだろう、味見したところ
少し物足りなさを感じてしまった。
 カレーは辛いモノが好きなのだけれど、他の家族は辛いモノが
全く得意ではないので、鍋の中に唐辛子やコショー等のスパイス
を入れることは出来ない。スパイスを入れて全体的に味付けした
ほうが、美味しいように思うので少し寂しい。
 仕方が無いので、自分のお皿の分だけ唐辛子とコショーをかけ
て、辛さを調節する。カレーを盛り付けたうえにかけると、か
かった量がわかりにくいので、何も載せていない状態のお皿に
唐辛子とコショウを振って調節する。
 大体お皿にうっすらと唐辛子を振れば、丁度いい辛さになるよ
うだ。食べることが出来ないほど辛いわけではなく、物足りない
こともない。実に上手く辛さを調節することが出来たと思う。

 明日の分もあるので、明日もこの手で美味しく食べようと思い
ます。

ーーーーー


25
最終更新日 : 2016-06-25 17:32:05

試し読みできます

20140129近況飯エッセイ

 朝食にお茶漬けを食べる。
またついつい簡単な食べ方に逃げてしまった。

 まあいい、ずっと食べ続けているわけではないのだから、それ
ほど胃にも悪くはないだろうと思う。それに消化を助けるための
食べ物も、シッカリと食べているから大丈夫だろう。
 消化を助けるだろうと思って食べているのは、たくあん。大根
の持っている酵素は、炭水化物を分解すると聞いたことがあるか
らだ。

 別に消化を助ける為でなくても、たくあんはお茶漬けにはとて
もいいつけものだと思う。お茶漬けにしてしまうと、どうしても
ご飯を噛む回数が減りがちなのだけれど、シッカリとした噛み心
地のたくあんを一緒に口に入れることで、ご飯をシッカリと噛む
こともできているのではないだろうかと思う。
 まあ、単に美味しいからというのが一番の理由だけれども。

 たくあん以外にも色々と漬物はあるが、今の時期は早めに仕込
まれたたくあんが丁度美味しく漬かり上がってくる頃なのではな
いだろうか。漬物が美味しくいただけるというのは、幸せだなと
思います。
 家族の中には早いうちに歯を悪くした人がいて、たくあんも薄
くスライスしたものか細かく刻んだものを食べている。
短冊切りの物が無くなったら、私もそれらをわけてもらうのだけ
れど、やはり歯ごたえがイマイチで食べた感じが寂しい。
こうしてたくあんを食べる度に、歯の大切さを実感する。

 最近は歯医者の治療法も随分変わってきていて、大きな穴が開
くような削り方をすることは少なくなってきているらしい。
 私が子供の頃は、歯医者といえば子どもにとって恐怖の対象で
しか無かった。あの何とも言えない病院臭、歯の詰め物を入れる
時の詰め物の匂い、なにより歯を削るドリルの音が待合の時間を
恐怖で染める。診察台の側に用意されているドリルが、またもの
すごく大きかった。直径一センチ位ありそうなものもあって、あ
んなものが虫歯の穴に入るのだろうかと疑問に思っていたものだ。
 幸い、大人になってからはあまり歯医者のお世話になることが
少なくなって、あの恐怖感に苦しむことも少なくなった。
多分歯磨き粉や歯ブラシの進歩のおかげもあるのだろう、とても
助かる。

 孫が出来るような年令になっても、美味しくたくあんが食べら
れるように、しっかりと歯の面倒を見なければなと思いました。

ーーーーー


26
最終更新日 : 2016-06-25 17:32:05

試し読みできます

20140130近況飯エッセイ

 朝食に卵かけごはんを食べる。
卵と醤油の香りが目覚めを助ける一品だった。

 卵かけごはんを食べるのは久しぶり、前にいつ食べたのかはも
う思い出すことが出来ない。多分一年以内には食べているだろう
けれど、そんなに毎日の食事を覚えていられるほど記憶力が良
かったら、きっと人生は今と違っていただろう。良いか悪いかは
別として。
 そんな久しぶりに食べた卵ご飯は、やっぱり美味しかった。久
しぶりだけれど、卵と醤油だけではなく、今日は味付け海苔をも
み砕いて味付けに変化を付けた。変化をつけたと言っても、味付
け海苔の味は、醤油と砂糖の味なので安心して食べることが出来
る。

 何かで頂いた味付け海苔の大きなパックがあって、早く食べて
しまわないと湿気ってしまうということだったので、贅沢に五枚
入りのパックを三つ使うことにした。
 細長いビニールのパックを封を開けずに、そのまましっかりと
中の海苔を細かく砕くようにモミモミする。あまり強引に揉もう
とすると、パックが破れて粉状の海苔が飛び散ってしまうので、
程よい力加減でモミモミする。
 シッカリと砕けたら、袋の端を破って先に卵を溶いておいたワ
ンの中に入れる。3パックも入れたので、少し卵が少なく感じたが、
シッカリと混ぜるとよく馴染んでいい感じに出来上がった。
 お次はご飯、少し大きめのお椀を使っているので、卵と混ぜな
がら食べてもこぼしにくい。卵の量と合わせて、いい具合の量を
測る。この調節がなかなか難しい。

 卵かけごはんをする人は、ご飯を先によそっておいて、ご飯の
真ん中に溶いた卵を入れるか、卵の状態を気にしない人はそのま
まご飯の穴の中に卵を割り入れる、という人が多いのだろうか。
けらえいこ氏の「あたしんち」では、ご飯に卵をかけていた。
 だけどわたしは、先に卵を溶いておいて、そのうえにご飯をよ
そって少しずつ混ぜながら食べる方法を取っている。これなら卵
の状態を確認したうえで、汚れるお椀が一つで済むので。汚れる
食器が少ないということは、洗うための労力も水も洗剤も少なく
て済むだろうし、ちょっぴり地球に優しいのではないかなと思っ
ている。

 味付けに入れた砕き海苔だけれど、とても美味しかった。
味付け海苔だからそれ程磯の香りはしなかったけれど、醤油だけ
では出せない微妙な旨味があった。
 今日はたまたま味付け海苔があったのでいれたけれど、のり佃
煮に変えてもきっと美味しいだろうと思う。
難点は色合いだろうか、とにかく黒い。ご飯と混ぜたら、とても
汚れた感が出てしまうので、見た目はいまいちとしか言えない。
 この点だけが今後の課題だと思う。まあ美味しいから、自分で
食べるにはどうでもいいことだとも思う。

ーーーーー


27
最終更新日 : 2016-06-25 17:32:05

試し読みできます

20140131近況飯エッセイ

 今日も朝食は卵かけごはんだった。
一度食べ始めると続けて食べたくなる、癖になる美味しさの一品。

 今日も先に卵を溶いて、味付け海苔を砕いて入れた。味付け海
苔を砕いている時間が、早く食べたい気持ちを焦らして、よりお
腹が空いてくる。
 味付け海苔以外に今日はもうひとつ具を足してみた、冷蔵庫に
あった白魚の佃煮と書かれたもの。白魚なんていうのは高級食材
で、そのへんのスーパーに佃煮にして売ってあるとは思えないの
だけれど、きちんとパック詰めにされてあった。
 思うに多分、あの踊り食いで食べたりするものとは、また少し
違った魚なのかもしれない。ある程度の似た種類の魚を、まとめ
て白魚と呼んでいるので、安い種類もあるのかもなと思いながら、
ご飯に載せていた。

 食べてみるとなかなか美味しい、海苔入りの卵かけごはんはも
ちろん美味しいのだけれど、甘辛い味付けの佃煮が味に変化を付
けてそれでいて邪魔にならない。
 佃煮のタレが少なくて、その周りを佃煮味に染めてしまわな
かったからではないかと思う。汁気たっぷりの佃煮も、それはそ
れの味わいだけれど、卵かけご飯の味を楽しみたかった今日には、
きっと合わなかったろう。
 甘辛い味付けの他に、臭み消しと香り付けの意味で入れられて
いたのだろう山椒が美味しい。甘辛くこってりとした口の中で、
山椒の香りがはじけてさわやかになる。

 しかし、市販の佃煮というのはどうしても甘みが強めに味付け
されているように思う。糖分を高く仕上げれば、保存料などを使
うことを控えられるからだろうか?それとも、色々な味付けを試し
て、一番売上が良かったからだろうか?
 たまたま私の家族が甘めの佃煮を買ってきているからかもしれ
ないが、もう少しキリッと醤油が効いた味付けの佃煮が増えても
いいように思うのだけれど…。

 私がこの様な味付けの佃煮が食べたくなるのは、きっと祖母の
佃煮を食べてきたからだろうと思う。祖母の佃煮は、ふきと昆布
を合わせて煮てあったのだが、あの色合いと味わいから生醤油で
煮てあったのかもしれない。
 正直この祖母の佃煮まで行くと、少々やり過ぎ感があるのだが、
それでもふきの香りと昆布の旨味が凝縮された、とてもご飯が美
味しいものだった。もう食べることが出来ないのは、どうしよう
もなく寂しい。

 結局、自分で作ったほうが早いのかなと思いました。

ーーーーー


28
最終更新日 : 2016-06-25 17:32:05

試し読みできます

奥付



ぼちぼち生きてます第四集


http://p.booklog.jp/book/80930


著者 : 出雲一寸
著者プロフィール:http://p.booklog.jp/users/izumoissun2013/profile


感想はこちらのコメントへ
http://p.booklog.jp/book/80930

ブクログ本棚へ入れる
http://booklog.jp/item/3/80930



電子書籍プラットフォーム : ブクログのパブー(http://p.booklog.jp/
運営会社:株式会社ブクログ



29
最終更新日 : 2016-06-25 17:32:05

この本の内容は以上です。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格50円(税込)

読者登録

出雲一寸さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について