閉じる


<<最初から読む

28 / 29ページ

試し読みできます

20140131近況飯エッセイ

 今日も朝食は卵かけごはんだった。
一度食べ始めると続けて食べたくなる、癖になる美味しさの一品。

 今日も先に卵を溶いて、味付け海苔を砕いて入れた。味付け海
苔を砕いている時間が、早く食べたい気持ちを焦らして、よりお
腹が空いてくる。
 味付け海苔以外に今日はもうひとつ具を足してみた、冷蔵庫に
あった白魚の佃煮と書かれたもの。白魚なんていうのは高級食材
で、そのへんのスーパーに佃煮にして売ってあるとは思えないの
だけれど、きちんとパック詰めにされてあった。
 思うに多分、あの踊り食いで食べたりするものとは、また少し
違った魚なのかもしれない。ある程度の似た種類の魚を、まとめ
て白魚と呼んでいるので、安い種類もあるのかもなと思いながら、
ご飯に載せていた。

 食べてみるとなかなか美味しい、海苔入りの卵かけごはんはも
ちろん美味しいのだけれど、甘辛い味付けの佃煮が味に変化を付
けてそれでいて邪魔にならない。
 佃煮のタレが少なくて、その周りを佃煮味に染めてしまわな
かったからではないかと思う。汁気たっぷりの佃煮も、それはそ
れの味わいだけれど、卵かけご飯の味を楽しみたかった今日には、
きっと合わなかったろう。
 甘辛い味付けの他に、臭み消しと香り付けの意味で入れられて
いたのだろう山椒が美味しい。甘辛くこってりとした口の中で、
山椒の香りがはじけてさわやかになる。

 しかし、市販の佃煮というのはどうしても甘みが強めに味付け
されているように思う。糖分を高く仕上げれば、保存料などを使
うことを控えられるからだろうか?それとも、色々な味付けを試し
て、一番売上が良かったからだろうか?
 たまたま私の家族が甘めの佃煮を買ってきているからかもしれ
ないが、もう少しキリッと醤油が効いた味付けの佃煮が増えても
いいように思うのだけれど…。

 私がこの様な味付けの佃煮が食べたくなるのは、きっと祖母の
佃煮を食べてきたからだろうと思う。祖母の佃煮は、ふきと昆布
を合わせて煮てあったのだが、あの色合いと味わいから生醤油で
煮てあったのかもしれない。
 正直この祖母の佃煮まで行くと、少々やり過ぎ感があるのだが、
それでもふきの香りと昆布の旨味が凝縮された、とてもご飯が美
味しいものだった。もう食べることが出来ないのは、どうしよう
もなく寂しい。

 結局、自分で作ったほうが早いのかなと思いました。

ーーーーー


28
最終更新日 : 2016-06-25 17:32:05

試し読みできます

奥付



ぼちぼち生きてます第四集


http://p.booklog.jp/book/80930


著者 : 出雲一寸
著者プロフィール:http://p.booklog.jp/users/izumoissun2013/profile


感想はこちらのコメントへ
http://p.booklog.jp/book/80930

ブクログ本棚へ入れる
http://booklog.jp/item/3/80930



電子書籍プラットフォーム : ブクログのパブー(http://p.booklog.jp/
運営会社:株式会社ブクログ



29
最終更新日 : 2016-06-25 17:32:05

この本の内容は以上です。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格50円(税込)

読者登録

出雲一寸さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について