閉じる


<<最初から読む

12 / 29ページ

試し読みできます

20140114近況飯エッセイ

 朝食に目玉焼きを食べる。
久しぶりにおかずとご飯の組み合わせで食べた。

 ここ最近いつも朝食はお茶漬けとかおじやとか、汁気の多い暖
かいものばかり食べていた。朝一番に体を温めるには、汁気の多
い温かいものが一番温まるように思うので、どうしてもそれを食
べる機会が増えてしまった。
 そんなわけで朝から普通のご飯を食べたのだが、ああ私はやっ
ぱりこっちのほうが好きなのかもしれないなと思った。
口に入れてしっかりと噛むことで、ご飯の粒を確かめながら食べ
ることが出来る。おかずの味も、汁気の多い飯物と食べているよ
りも、ずっと引き立つように思う。
 ご飯が主食の国に生まれて、本当に良かったと思う朝食だった。

 昼食にお餅を食べる。
すまし汁に入れて、関東風お雑煮みたいにしていただいた。

 私の住んでいるところは、味噌汁系のお雑煮圏なので、お正月
は味噌味ベースのお雑煮だった。今日は別にお雑煮のつもりで
作られたわけではないのだけれど、普通のおすましにお餅を一つ
いれただけで、とっくに終わったお正月気分が蘇ってきた。
 おすましに入っていた具材は、しめじとネギだけ。多分お雑煮
として食べるおすましには、もっとおめでたい具材が沢山入って
いるのだろうと思う。関東でお正月を過したことがないので、実
際に食べたことはないのだが、かまぼことか鯛の切り身とか、想
像したらなかなか美味しそうだ。普段と違った味付けで食べた今
日のお餅は、新鮮で美味しかった。

 夕食にクリームシチューを食べる。
冷えて帰ってきた体が芯から温まる一品だった。

 普段ならメインのメニューとして出てくるであろうクリームシ
チューなのだけれど、今日はなぜかものすごく量が少ない。
効いてみたところ、以前にクリームスパゲティを作った時のあま
りのルーで作ったとのこと。
 なるほど、それなら量が少ないのにも納得がいく。具材はたっ
ぷりあって、味付けはその他の調味料でごまかせたとしても、
ルーが少ないのではクリームシチューではなくシャバシャバシ
チューといった仕上がりになってしまうだろう。

 クリームシチューのいいところは、あのとろみに占めるところ
が大きいのではないかと思う。とろみがあるとないのとでは、食
べている間の冷め具合が随分と違ってくるのではないだろうか。
 しばらく経って食べても、温かい。あんかけなどのとろみたっ
ぷり系統の食べ物の、この保温性の高さは冬の食べ物としては
実に理にかなっていると思う。

 ここ最近やたらに寒い日が続いているけれど、体を中から温め
る食べ者をたくさん食べて、元気に乗り切りたいものですね。

ーーーーー


12
最終更新日 : 2016-06-25 17:32:05

試し読みできます

20140115近況飯エッセイ

 昼食に丼を食べる。
今日の丼は一味違っていた。

 卵とお肉の組み合わせの丼で鶏肉を使っていないのだから、メ
ニューの名前としては他人丼としていいかと思う。ただ使われて
いたお肉がベーコンだった。
 お昼のメニューなので、多分使いかけの残っていたベーコンを
使ったのだろうと思う。それにしてももう少し使い方が他にあっ
たように思うのだけれど、自分で作っているのではないのであま
り文句を言う訳にはいかない。

 味は美味しかった。普通の豚肉を使ったものよりも、多少塩気
が強いように思ったが、塩辛くて困る程ではなかった。ベーコン
の特徴である、燻製の香りがほんのりと香ってきて、食べたこと
のない味わいでありながら嫌いな感じではなかった。
 ただ、食べ慣れた味ではないので、最初は口の中に違和感が
あった。多分、もう二三度同じものを食べたら、もっと美味しく
なってくるような気がするが、シッカリとした量のベーコンがあ
るときには別の料理に使われるだろうから、ひょっとすると今日
が最初で最後かもしれない。
 食べ物というものも、一期一会なのかもしれないなと思いまし
た。

 夕食のデザートにバームクーヘンを食べる。
外周に砂糖のコーティングが施されたほっとする一品だった。

 知り合いのおみやげとして頂いたもので、このお店は大変有名
なお店とのこと。お店の名は「クラブハリエ」、滋賀県近江八幡
市にあるそうだ。
 有名であるにふさわしい、美味しいバームクーヘン。冷やして
食べたのでしっとりとしていたが、買ってきてくれた人によると
買ってすぐに食べたらふわふわと柔らかかったとのこと。
ふわふわを味わいたければ、どうやら自分で出かけて買いに行か
なければいけないのかもしれない。
 本当に美味しくものを食べたいのならば、手間を惜しんではい
けないのかもしれないなと思いました。

ーーーーー


13
最終更新日 : 2016-06-25 17:32:05

試し読みできます

20140116近況飯エッセイ

 朝食にお茶漬けを食べる。
毎日食べても飽きることのない一品だった。

 朝は昔から苦手なので、ついつい簡単に食べることが出来る汁
気の多いご飯に逃げてしまう。本当は普通の白いご飯におかずの
組み合わせで食べたほうが、胃腸にいいし栄養バランスもいいの
だろう。だけどさらさらと食べてしまえる汁気の多いご飯は、面
倒くさがりの私には朝のメニューとしてとても魅力的。
 そういうわけで、今日もお茶漬けを食べてしまった。別に悪い
ことではないのだけれど、あまりにも立て続けに食べ続けること
で、体調を崩してしまったら美味しく食べることができなくなっ
てしまうので、気をつけたいと思う。

 今日はこれといってトッピングするものもなかったので、お茶
漬け海苔と塩昆布で簡単にしておく。単純なものほど美味しいと
いうのは、まあ人の好みもあるだろうけれど、大体本当ナノでは
ないかと思う。
 色々と工夫をこらしたお菓子の美味しさは、それはそれでとて
も美味しい。単純なものとはまた美味しさの方向が違うかもしれ
ないが。

 昼食にエビカツを食べる。
初めて食べた時に比べたら感動は薄いけれど、プリプリとしたエ
ビの食感が嬉しい一品だった。

 初めてエビカツを食べたのは、そんなに昔のことではなくて、
ここ10年位のウチのいつかだったと思う。世間ではファースト
フードのお店で食べていた人が多いのかもしれないが、私はあま
り食べに行かなかったので、スーパーに並び初めてからしか口に
する機会がなかった。
 いつからエビカツというものが商品として出回り始めたのか、
さっぱりわからないけれども、とにかく私好みの食べ物だった。
しかし最近、エビが不足しているためか、スーパーの収益の都合
だろうか、エビの身が少なくなってきてその分つなぎの練り物が
増えてきているように思う。
 エビカツの何よりも美味しさの原因と私が思っている、エビの
食感がすっかり減ってしまって、実に残念に思う。

 夕食に煮込みハンバーグを食べる。
夕食のメインのおかずにふさわしい一品だった。

 味付けは食べてみたところ、ケチャップとウスターソースのブ
レンドしたものだろうと思う。ブレンドの比率が絶妙で、ご飯が
進む丁度いい甘さ辛さ酸味のバランス。
 ご飯のおかずとして食べても美味しいだろうが、パンに挟んで
食べてもきっと美味しいと思われる。しかし日本人ならお米だろ
う、パンに挟んで食べるのはおやつとしてだけにしておきたい。

 ハンバーグには汁物としてスープの方が合うのかもしれないが、
我が家では味噌汁の方が多い。ここでも日本人なら味噌汁だろう、
という意識が働いているかどうかは、作ってくれている家族に聞
かなければわからない。
 よくファミリーレストランなどで、ハンバーグメニューにライ
スを付けることができるが、ライスに合わせるのならぜひ味噌汁
にしてほしい。スープバーで汁物を選ぶことが出来るのなら、
色々試せるので具合がいい。ファミレスの利点の一つだと思える、
自分の家でも出来るけれど、手間が問題になってくるだろう。

 今日も美味しく過ごせました。

ーーーーー


14
最終更新日 : 2016-06-25 17:32:05

試し読みできます

20140117近況飯エッセイ

 朝食に海苔佃煮を食べる。
温かいご飯によく合う一品だった。

 今日は我慢して汁かけ飯はやめておくことができた、普通にご
飯を茶碗によそっておかずと味噌汁でいただいた。
 おかずは昨夜の野菜の煮物の残り、豚肉と水菜などの冬野菜を
炊いたものの残りに卵を張って白身が固まるまで温めて食べた。
豚肉の出汁と多分鍋のもとの出汁の味がしっかりと染み込んでい
て、味わい深かった。

 そんなしっかりしたおかずと、インスタントとはいえ味噌汁が
あったら、朝食としては普段と比べてぐっと立派に思える。
 しかし、ご飯を食べるにあたって少々塩辛さが足りなく感じた
ため、のり佃煮の出番となった。ほかほかご飯にひとすくい乗せ
て、それだけでもご飯一杯いってしまいそうになる。

 のり佃煮というのも不思議な食べ物だと思う、元の食材の形が
全くわからなくなっているのに、誰も不審に思うことなくご飯に
載せて食べている。もともと海苔自体がそれほど自身の形を主張
している食材ではないからだろうか、黒黒としたペースト状のも
のを美味しく食べることが出来るのは、先人たちが工夫し続けて
くれてきたからだろう。
 のり佃煮を食べるのは、どうやら日本人だけではないとのこと。
海外でノリのペーストを食べる時は、パンに塗って食べるとどこ
かで読んだことがある。主食に合わせて食べるという方法が共通
しているところが、なかなか面白く思う。
 もし日本でパンに塗って食べるのならば、出来る限り味付けが
薄い食パンに塗って食べたほうが美味しいのではないだろうか。
今流行の豪華な食パンは砂糖とバターの味付けがしっかりしすぎ
ていて、のり佃煮の味わいを弱めてしまうように思う。
何なら自分でパンを焼けばいいのだけれど、それよりも小麦粉を
できるだけ純粋に味わえるであろう、無発酵のパンである、ナン
を焼いて塗ってみても美味しいかもしれない。
今度試してみたいと思います。

 おやつにホットケーキを食べる。
あっさりとした甘さが優しい一品だった。

 テレビの食べあるき番組を見ていると、ここ最近良くパンケー
キ屋さんの風景が流れている。画面に出てくるパンケーキはとに
かく色々と乗っているか、はちみつなどの味付けをたっぷりと
使った物が多いように思う。
 しかし見ている限り、それ程特別な食材を載せているようには
見えない、多分手間さえ惜しまなければ、自分の家でも再現でき
そうに思うのは素人考えだろうか。

 そんなふうなお店のものとは違って、家で食べるホットケーキ
はシンプルであっさり。元のホットケーキミックスの味付けだけ
と思う甘さで食べると、口の中がしつこくなることなく気持ちよ
く食べ終えることが出来る。
 ガチガチの甘党の人ならば、物足りなくて悶絶しそうなくらい
あっさりさっぱりとしているが、たまにはあっさりしたおやつも
いいものなのではないだろうか。

 こんど食べる時は、ジャム位塗ってみようと思います。

ーーーーー


15
最終更新日 : 2016-06-25 17:32:05

試し読みできます

20140118近況飯エッセイ

 夕食にお餅を食べる。
ついつい食べ過ぎてしまう一品だった。

 今日焼いたのは、白餅二個とエビ餅一つ。特にエビ餅は焼いて
いる途中から、その匂いが美味しかった。
 お餅だけでは出てこない、動物質のものが焼ける時の香ばしい
香りが何とも言えず食欲をそそる。

 味付けは醤油のみ、夕食の味噌汁もまだ残っていたけれど、今
日はお餅はできるだけお餅の味だけで食べようと思ったので、醤
油だけかける。それもべったりと全体に醤油をまぶすのでなく、
醤油の付いていない部分も少し残しながら食べた。
 醤油をつけるとお餅の美味しさがひきたつ、もともとあっさり
としたお餅の味だが、醤油をつけることで噛むとだんだん口の中
に広がる甘みが、より強く感じられる。多分、スイカに塩を少し
振りかけたり、あんこに砂糖だけではなく塩も入れるのと同じこ
となのではないだろうか。
 かといって、砂糖などのしっかりした甘さというわけではなく、
ほんのりと甘いという優しい甘さ。何でも甘ければいいというわ
けではないが、甘さという味覚はどうも気持ちを和らげてくれる
ように思う。甘いモノを食べていると、幸せを感じることが出来
るのは、私だけではないと思う。

 お餅という食べ物は少し不思議だ、食べる前に餅つき機や杵と
臼でしっかりともち米の粒を潰して練ってあるうえに、口の中で
更に噛み砕いて食べる。ついてから日にちが経ったものは、周り
が固くせんべいのように焼きあがるけれど、それでも中身はモチ
モチで粘りがある。
 お餅を口の中で噛み砕く音の表現を、ウンニャラコウンニャラ
コと表現したのはかの東海林さだお氏だったように記憶している。
私も好きで沢山読んだ、丸かじりシリーズの中で書かれていたは
ずだと思う。
 やっぱり本物の物書きの力というのは凄い、私がお餅の咀嚼音
を表現するなら、ニチャニチャといったなんだかやな感じの音に
しか出来ない。プロって凄いなと思う。

 おやつにブッセケーキを食べる。
ミニサイズでかわいい一品だった。

 ブッセケーキの存在を初めて知ったのは、中学生の時だった。
同級生との帰り道に駄菓子屋で買って食べたのが、もう随分昔に
なってしまった。あの時食べたものは、ブッセケーキではなくア
イスだったかもしれないような気がするが、挟むブッセの部分は
多分同じものだったと思う。
 しかし、ほんとうのところは何がブッセなのかよくわかってい
ない。ブッセの意味もわかっていない。ただ、入っている袋に
ブッセケーキと書かれているからそう読んでいるだけなのだ。

 大体ブッセと言うのはどういう意味なのだろうか、調べたら多
分すぐに分かってしまうので、推測してみる。
 後ろにケーキとついているのだから、英語である可能性はとて
も高い。英語であった場合、初めて作ったか世に広めた人物名を
そのまま名前としているのではないかと思う。
 英語でなかった場合、ドイツ語な雰囲気が音の響きから感じら
れる。イッヒ リーベ ディッヒとかグーテンモルゲンとか、
バームクーヘンくらいしかドイツ語を知らないので、雰囲気だけ
で考えてみた。ブッセ ケイク ブッセ。どうだろう。

 アジア圏の言葉だった場合、多分仏教の影響から出来たのだろ
うと思う。仏世契機。もともとは穏やかな味わいの食べ物だった
のだろうか、漢字にしてしまうと、いっぺんに民明書房の香りが
してきた。

 名前の由来がどうであれ、美味しいお菓子であるという事実が
何よりも真実だと思います。

ーーーーー


16
最終更新日 : 2016-06-25 17:32:05


読者登録

出雲一寸さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について