閉じる


<<最初から読む

1 / 57ページ

試し読みできます

目次

国生みと神生み
神々の誕生
天つ神(あまつかみ)
神代七代(かみよななよ)
国生み
オノゴロ島
男女の契り
大八島(おおやしま)
神生み
八百万の神
イザナミの死
黄泉の国
イザナミとの再会
見てしまうイザナギ
イザナギの逃亡
桃の実
イザナギとイザナミの別れ
黄泉返り
禊(みそぎ)
三貴子
アマテラス
アマテラスとスサノオ
スサノオ
誓約(うけい)
誓約の結果
天の岩屋戸
暴れるスサノオ
神々の相談
神々の祭り
姿をあらわすアマテラス
出雲国
ヤマタノオロチ
クシナダヒメ
ヤマタノオロチ退治
オオクニヌシ(大国主神)
オオナムチ
誕生
因幡の白ウサギ
オオナムチの受難
オオナムチの試練
スセリビメ
救いのねずみ
最後の試練
根の堅州国からの脱出
国作り
国つ神
オオクニヌシの子作り
ヤカミヒメ
ヌナカワヒメ
子だねまき
スクナビコナ(少名毘古那)
オオモノヌシ(大物主神)
天孫降臨
国譲り
アマテラスのもくろみ
国つ神の抵抗
失敗するアマテラスの子たち
アメノワカヒコとナキメ
還矢恐るべし(かんしゃおそるべし)
タケミカヅチノ神の派遣
タケミカヅチとタケミナカタ
オオクニヌシの敗北
天孫ニニギノミコト(邇邇芸命)
サルタビコ(猿田毘古)の登場
日向の高千穂へ降臨
猿女の君とサルタビコ
カムヤマトイハレビコの誕生
(神武天皇)
コノハナノサクヤビメ(木花之咲夜比売)
ニニギの結婚
コノハナノサクヤビメの出産
海幸彦と山幸彦
ワタツミの宮
トヨタマビメ(豊玉毘売)
ワタツミノ神の呪
海幸彦の服従
トヨタマビメの出産
神武天皇の誕生


試し読みできます

国生みと神生み

神々の誕生

天つ神(あまつかみ)

 まだ天と地は、まじり合っている状態でした。
 やがて天と地が分かれたとき、天にある高天原と呼ばれるところに、次々と神が現れました。
 
 最初に天に現れたのは、アメノミナカヌシノカミ(天之御中主神)という天の中央にあって天を主宰する神様です。
 次に、タカミムスビノカミ(高御産巣日神)とカミムスビノカミ(神産巣日神)という創造神が現れました。
 この三柱(神様の数は、「柱」で数えます。)の神々は、万物の創造の神です。
 
 その次に、地上がまだ水に浮かぶ脂のごとく、くらげのようにただよっていた時に葦の芽が芽吹くように現れたのが、ウマシアシカビヒコジノカミ(宇摩志阿斯訶備比古遅神)という、生きものに生命を吹き込む神とアメノトコタチ(天之常立神)という天上界の永遠を守る神様でした。
 
 これらの五柱の神様は、コトアマツカミ(別天つ神)といって、それぞれ独身(ひとりみ)で現れた天の神様たちでした。

試し読みできます

神代七代(かみよななよ)

神代七代(かみよななよ

 次に地に神々が現れます。

 地上の永遠をつかさどるクニノトコタチノカミ(国之常立神)、自然をつかさどるトヨクモノカミ(豊雲野神)の二柱が独り神で現れました。

 その次からは、男女一対の神々が五組現れ、五組め最後に現れたのが、男神のイザナギノ神(伊耶那岐命イザナギノミコト)と女神イザナミノ神(伊耶那美命イザナミノミコト)でした。

 クニノトコタチの神からイザナミの女神までを「神代七代(かみよななよ)」といいます。※夫婦の神は、二柱で一代です。


試し読みできます

国生み

国生み 

オノゴロ島

 ある時、三柱の天つ神たちが話あい、イザナギとイザナミを呼び出し「地上は水に浮かぶ脂のように浮遊している、これを固め、整えよ」と言いつけます。
 そして、天にある天沼矛(あめのぬぼこ)という矛を授けました。
 
 そこで、イザナギとイザナミは、天と地を結ぶ天の浮橋(あめのうきはし)までやって来て、天沼矛を降ろすと、どろどろの地上をかきまわしはじめます。
 そして、天沼矛を引き上げてみると矛の先からどろどろとした潮が滴り積もりました。それは、見る間に固まって島となったのです。
 
 この島がオノゴロ島といい、イザナギとイザナミが降り立ち国づくりを始めるところとなるのです。
 

試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格350円(税込)

読者登録

pcpisjpさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について