閉じる


<<最初から読む

6 / 12ページ

ミネラル・ビタミンが天然で最良

マカに含まれている成分は、天然のものです。当然ながら化学合成されたものよりも生体への吸収率は抜群に良く、働きも速やかです。

 

さらに、天然のビタミンとミネラルが一緒に摂れますから、さまざな機能を改善・調整します。

人類の食物の関係は、天然のものを元につくられており、その優位性はあきらかです。

 

下にマカに含まれるビタミンとミネラルの種類を掲載しておきます。

 

・ビタミンB1

・ビタミンB2

・ビタミンB6

・ビタミンB12

・ビタミンE

・カルシウム

・ナトリウム

・リン

・鉄

・亜鉛

 

などです。


若返り効果

人間である以上は老化は誰も避けて通ることはできません。しかし、遅らせることは可能です。

 

同じ年齢なのに、見た目が明らかに違う人というのがありますが、それがどうしてなのか。

それまでの生活習慣が影響したのは明らかなのですが、では、一体何が影響したのでしょか。

 

まず一つ目は成長ホルモン。脳下垂体で作られ分泌されているもっとも重要なホルモンです。

これが、皮膚、筋肉、骨、血管、細胞の成長とか新陳代謝などは成長ホルモンによって

コントロールされます。

この成長ホルモンの分泌が多い人が、肌のハリ、潤いのある若々しさを維持します。

シミ、シワが早くから現れる人は、この成長ホルモンが少ない人です。

 

ではこの成長ホルモンを増やすにはどうすればいいのでしょう。

増やせたら、老化現象を遅らせることができます。

 

成長ホルモンを刺激するものは、アルギニンと呼ばれるアミノ酸です。

このアルギニンを適切に摂取すれば成長ホルモンが刺激されて、分泌されます。

 

このアルギニンが 「マカ」 以外に含まれているものは

・大豆

・鶏むね肉

などですが、マカはこれらより5倍前後の含有料をもっています。

 

成長ホルモンを適切に分泌させるには、アルギニンだけでなくて、適度な運動と十分な睡眠が大切なことは言うまでもありません。

これらの生活習慣の中にマカを加えれば、最良の結果が年を重ねた頃にはっきり影響が出てくると思われます。


脳を活性化し、ボケ防止にも効果が!

人間は加齢とともに脳の機能も低下していきます。

アルツハイマーなども脳機能の低下が原因ですが、これはアルツハイマー型と脳血管型の二つに分かられます。

しかし、アルツハイマー型は原因が分かっていませんが、脳血管型は脳卒中が原因で起こります。

 

脳を活性化するのは、ビタミンB12です。

アルツハイマー型の「ボケ」になる方はこのビタミンB12が少ないということが確認されているそうです。

逆にこれがしっかり摂取されていれば、なり難いとも言えそうですね。

 

マカにはこれがしっかり含まれています。

また、抗酸化物質もしっかりと入っていますから、血管の老化も防ぎ、脳卒中もなり難いでしょう。


肌も髪もあらゆるものを蘇らせる

女性であれば誰でも、いつまでも美しくありたい、と願うものです。男でも身体の部位によってはそう願います。

 

ここでは肌と髪について書きます。

 

肌トラブルの原因は、内蔵疾患とか便秘、または体質が原因です。

酒の飲みすぎ、タバコの吸いすぎ、夜ふかしなどの不規則な生活が肌荒れの原因だということはよく知られています。

不規則な生活が新陳代謝の乱れなって、血管の流れが悪くなり、肌荒れとなっていきます。

美しくなるためには、身体の内側の対策を無視してはできない相談ですね。化粧でごまかせるのも若い内だけで、年と共にそれも厚化粧ということになり、益々肌が荒れていくことになります。

ファンデーションが、コンシーラーに変わっていったら要注意です。

 

まず美肌を保つには、タンパク質、ビタミン、カルシウムですが、良質なタンパク質は健康な肌を作り、ビタミンB群は皮膚の新陳代謝を促し、カルシウムは皮膚の抵抗力を高めます。

 

マカはこれら全てを補う栄養素を持っています。また、同時に白髪防止にもなり、マカを摂りだしたら、抜け毛が減り黒髪が回復したという例もあります。

 


更年期障害への対策にも効果が

女性のライフサイクルは

 

小児期 → 思春期 → 成熟期 → 更年期 → 老年期(高年期) 

 

の5つに分けられます。

 

この中で女性ホルモンが活発に分布されるのは成熟期です。

妊娠・出産が適しているのもこの成熟期です。

 

卵巣は排卵をするたびにエネルギーを消費しますから、当然ながらその機能は年齢とともに低下していきます。

 

人によって違うのですが、閉経を挟んだ前後10年間が高年期と呼ばれるのですが、この期間に様々な生理的、心理的な諸症状があらわれ、この障害を更年期障害と呼びます。

 

 

原因の一つに、ホルモン分泌の変化です。

このホルモンは種類がありますが、更年期にはホルモンのバランスを崩す影響を起こすものが

「エストロゲン」と呼ばれるもので、卵巣が分泌する卵胞ホルモン(エストロゲン)などが分泌を減少してホルモンバランスを崩して、自律神経などに影響を及ぼすそうです。

 

ラットで実験をしたところ、「マカは」この問題となるエストロゲンを補充する働きが見られた報告があります。

 



読者登録

村上@アイフォテックさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について