閉じる


<<最初から読む

2 / 53ページ

 

親切なマダムが、ゆったりとした革のソファーの席を勧めてくれました。

歩き疲れた足に、座り心地よかったです。こんな風に、店内も見渡せます。


さて、注文、、、メニューを開くと、店先のとレイアウトが違う。まじか、ルミステリーツアー。。。


 

まあ、落ち着いて改めて見れば、書いてある事は同じなので、注文はできたんですが、

一瞬あせりました。

店内見回すと、日本のチェーン店のカフェって見るからに安普請ですけど、

こちらはそんなことは微塵もありません。

 

そうそう、京都にはイノダコーヒーという有名な店が有りまして、そこだとパリのカフェの雰囲気

味わえると思います。


注文したのはオムレツ。味は普通に卵焼き。プラスコーヒーをダブルで。

シングルだとエスプレッソ。ダブルだと、日本で言うコーヒーの濃さになります。

連日の食べきれない食事に辟易していたので、これぐらいで丁度良かったです。

 

塩と胡椒とマスタードのテーブルセットって、日本じゃすっかり見かけなくなりました。

 

さて、お勘定ってなんていうんだっけ、ラディシオン・シモブクレ?、、、ってお多福やん。

などとアホな突っ込みをしていたら、マダムがすっと計算書を置いてくれました。

 

渡航前はフランス人てお店でも不親切な人が多い、なんて書き込みを良く見かけましたが、

そんなこと全然ありませんでした。みなさんいい人です。


年代物の駅の入り口。


横線が見事に揃っている。



読者登録

真下魚名さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について