twitterアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格1,800円(税込)
カテゴリー ビジネス・教育・社会 学習・研究 , IT関連 作者 m-sakai
価格 1,800円(税込)
タグ 暗号セキュリティ技術
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

0 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 執筆中 ページ数 3ページ (Web閲覧)
2ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
あなたは何か重大な事実に気付いたが、それを秘密に保たなければならない。そのことを書いてまとめたいが、自分以外が知ることができないようにしておきたい。あるいは、いじめを受けていて自分の予定している行動がわかると先回りされて攻撃されるかもしれないので暗号で通信しなければならない。暗号とはこのような場面で使う秘密の書記法のようなものだ。国家間での意地の張り合いがネットを通じて激化する中、まるで国家にしか秘密の必要性がないかのように言われているが、私生活の平穏や恋愛にも秘密は必要なのである。しかしその必要性が何であれ、あなたが知りたいのは一体どうやって秘密を守ったらよいか?ではないのだろうか。

巷に暗号技術の本は溢れているが、どれも同じような説明が書かれてあって数学の嫌いな自分の場合にどう当てはめたらいいのか解らないという人もいるだろう。それにコンピュータは仕方がなく使っているけど、実は機械音痴という人も。この文書では、特定の暗号方式に偏ることなく暗号が成し遂げている機能とその仕組みについて説明する。

コメント一覧

この本へのコメントはまだありません。

facebook コメント一覧