閉じる


<<最初から読む

16 / 24ページ

『切る』 茶屋

投稿時刻 : 2013.11.16 23:36
総文字数 : 971字
獲得☆3.455
 きし。きし。きし。
 踏み出すたびに霜の砕ける音がする。
 凍りついた草葉の細胞が砕けていく。
 止まった世界。死につつある世界。木々の影はやせ細り、落ちゆく葉もなく、ただ枯れ枝のみを虚しく風に揺らしている。うすぼんやりと浮かぶ、木々の骨たちの間をエパルたち歩いてゆく。手には弓を持ち、背中には矢を携えている。
 狩りか。
 だがこの森にはもう狐も兎もいない。鳥の鳴き声が聞こえる時もあるが、いつも遠い。
 枯れた木々には実はならない。かつては豊かな森として知られ、彩り豊かな果実で村人の喉を潤したその姿はもう跡形もない。
 エパルは凍りついた林檎を齧って、吐き出した。
 苦い味がした。
 どこかの国の言葉でその果実を指す自分の名。不吉にも感じられるがすぐに気持ちを切り替える。
 弓の弦をぴんと張り、感覚を確かめる。何度もやった最終確認。
 だが、今度こそ本当に本当の最後だ。
 森はやや傾斜し、下り坂になっている。
 先頭に立つピサンがよりゆっくりと慎重に歩く。
 霧の中でわずかに揺らめく光が見える。
 皆目はいいがさすがに霧の中ではよく見えない。だが、好都合でもある。
 慎重に斜面を下り、人影が見えるところまで近づく。
 そして、弦を張り矢をつがえ、放つ。
 ひゅん。
 ぎゅ、という蛙に似た短い悲鳴。
 それを合図に皆音もなく走り出す。
 腰に携えた思い鉈を抜き放ち、目についた人間の首元を次々と掻っ切っていく。
 静かに、だが、凄惨に。
 重く、鋭い刃は時には人の頭を首から切り離す。
 エパルたちの部族がが首狩りと呼ばれる所以だ。
 重心が刃先にあり、異様に重いその武器と遠心力を利用した独特の斬撃は首を切ることに特化しており、部族だけに伝承される特殊な戦闘様式だ。
 役に立たない技術になりかけ、形骸化どころか失われようとしていたその時、戦争が始まった。
 西の大国と東の小国の戦争だ。
 その戦争はエパルたちの部族を巻き込んだ。
 山間部に住んでいた彼らの部族はその屈強さを買われ、今、戦場にいる。奇襲にゲリラ戦。初めのうちは未開の部族として辛酸を舐めてきたが、今やその戦闘能力は称賛され、兵士たちには尊敬のまなざしを向けられる。
 戦争が栄誉を連れてきた。
 首狩り。
 もはや、それは侮蔑の言葉ではない。
 我らが技を世に知らしめ、その術が真っ当な評価を受ける時なのだ。
 首を狩る。
 潜血にまみれ、宙に舞う首に睨まれながら、エパル達は誇りを感じていた。

『祖母の庭』 粟田柚香

投稿時刻 : 2013.11.16 23:32
総文字数 : 2576字
獲得☆3.400
―庭の林檎の実をもいではいけないよ。
ーあれは、お祖母様の忘れ形見だからね。

 父の実家を訪ねるのは嫌いだ。
 中央駅から1時間。さらに田舎へ進む単線に乗り換えて2時間。自動改札機があることすら不思議な駅を降りた先に広がるのは、侘しい、さびれた、なんて言葉は情緒がありすぎる、はっきり言ってつまらない駅前の風景。鋏と女の人の顔が浮かぶ、小学校の子どもが描いたような美容院の看板。湯気を上げるコーヒーのアイコンと「喫茶」というゴシック体の文字が貼られたガラス戸はなぜか薄茶色で、中を除くと、しわしわ顔のおばさんが、どこかのリビングにありそうなソファに腰掛けて、ぼうっとテレビ画面を見上げている。旅の途中で通りかかっても、絶対中には入りたくない、そんなお店。そうしたお店ばかりが並ぶ風景を脇目にみながら、タクシーに乗り込んで(いつも座席がヤニ臭い)15分程度か。雑草がはびこる空き地の隣で、ところどころ塗り残しがある壁に囲われた一軒家、あれがおじいちゃんの家。
 畳と土壁でできた家。リビングにはいつもお線香の匂いがする。欄間にはずらりと誰かの白黒写真が並んでいる。みんな正面を向いているから、見下ろされているようで落ち着かない。おじいちゃんは足が悪いからほとんど使っていない。小学校にあがる前まではいとこがいて、小さい頃は彼女に遊んでもらえるのが楽しかったけれど、ずっと前に一家で転勤してしまった。以来2階は放り出してある。いとことの思い出が懐かしくて、昔はわざわざ様子を見に上がったけど、埃っぽくて、抹香臭くて(抹香ってなんだか知らないけど)とても人がいられる場所じゃなくなってる。へんな箱や本や、あとはとにかく紙の山がそこら中に積み上がっている。要するに1階丸ごと物置。きっと、おじいちゃんがあの世に行くまであのままなんだろう。
 居間の隣はおじいちゃんの部屋だ。趣味で描いている日本画の道具が雑多に散らばっている。真ん中にある木の机にはいろんな顔料がこびりついていて汚い。ここもなぜかお線香の匂いがする。わたしの肖像画を描いてやろう、という話があったらしいけど、結局見せてくれなかった。きっと完成しなかったんだと思う。わたしの家には、おじいちゃんが描いたフルーツやお花の絵が飾ってある。上手い下手は知らない。きっと下手だと思う。
 その部屋の障子を開けるとぎしぎし鳴る縁側があって、そこから庭へ出られる。狭い庭。猫の額ほどの部屋。縦は家の長さと同じだけど、幅は3mほどしかない。狭い地面を囲むように椿とか山茶花とか南天とか生えていて、端っこに信楽焼の狸がでんと腰掛けている。そいつの傍らに、植木屋さんが持ってきた大降りの木々に見下ろされて、一本の若木が場違いそうに生えている。

―庭の林檎の実をもいではいけないよ。
ーあれは、お祖母様の忘れ形見だからね。

 去年ここに来た時、おじいちゃんにそう言われた。
 変なことを言うなあ、と思った。

 だってあれは、まだ植えてから3年経ったか4年たったか、そんな木だ。テレビで見るリンゴ農家の木は、どれも桜公園の木のように大きく育っている。あんな若木に林檎が実るわけがない。だけど、黙っていた。おじいちゃんは耳が遠いし、声も聞き取りづらい。ちゃんと会話するのは、しんどい。
 おばあちゃんはずっと昔に死んでいる。私が生まれるのよりも前に。父さんがまだ学生だった頃に。居間の欄間の遺影の中にいるはずなんだけど、着物姿の若い女性は何人かいるのでどれかわからない。そんな理由で、わたしはずっと片祖母無し。だからどうということもない。
 なので、あの林檎の若木がおばあちゃんの忘れ形見というのもおかしい。そんな昔に亡くなった人の形見なら、当然その形見も古くなきゃいけないはずだ。あんな新参者の木、お祖母ちゃんとは何の関り合いもない。
 おじいちゃんは寂しい人なんだなと思ったら、なぜか胸が傷んだ。

 (…寒い)
 大晦日を明日に控えて、わたしはまたおじいちゃんの家に連れて来られた。
 友達との架空の約束を盾にずいぶん駄々をこねてみたけれど、来年は受験勉強でそれどころじゃないでしょうと言われたのに加えて、
 ーおじいちゃんもそう長くないんだから。
 そんなことを言われたら、折れざるを得ない。
 つっかえつっかえの挨拶を済ませると、おじいちゃんの相手は両親に任せて、わたしはとっとと庭に退散する。
 やることもないので、花壇の枠内へ侵入しようとしている雑草を2、3本引っこ抜いて、その辺に捨てる。それほど意味もないことなのですぐにやめてしまう。庭の奥から信楽焼がじっとこっちを見ている。
 (…いつ見ても、可愛くない)
 ぐりぐり目玉が大きすぎて気持ち悪いし、ぬめぬめした感じの塗りも嫌い。
 (もうちょっと愛嬌ある顔立ちできないの?)
 そうつぶやきながら、陶器の顔をつっつく。ちょっと強くつつきすぎた。首はカラリともげて、壁際の金木犀の葉下の薄暗がりへ、朝の霜が溶けてぐちゅぐちゅしている泥の中へ落ちた。
 「・・・・・・・・・」
 しまった。
 これは…どうしたものか。
 でも、湿気た泥の中へ手を突っ込むのもごめんだ。
 『…悪い子だね。』
 不意に、頭上から叱られた。
 誓ってもいい。誰もいない庭の片隅で、突然声がしたのだ。
 『こんなに行儀の悪い子どもは見たことがない』
 女の人の声だ。
 線香臭い畳だらけのこの家では聞いたこともない、張りのある、厳しい女の人の声。
 おそるおそる、見上げる。
 頭上には…地面にしゃがみこんでいるわたしの頭上へ、樹齢3、4年くらいの林檎の若木が、骨ばった枝をピンと伸ばしている。葉はもうみんな落ちて、黒く染まった枝に点々と白いものがある。それがわたしをじっと睨む顔のようにも見える。
 『狸さんに謝りなさい』
 ぴしゃりと一喝。
 それでわたしの我慢も限界。
 ぱっと飛び上がり、庭を数歩で駆け抜け、障子を押し開けて祖父の部屋へ逃げ込む。
 そこはよく知っている、埃っぽい祖父の部屋だった。机の上には新聞紙がひかれ、赤いつやつやした林檎が2つと蜜柑が1つ。林檎にはバーコード付きのラベルが貼りっぱなしだ。そしてそれらをデッサン途中のスケッチブックが開いていた。あれは確か、いとこが祖父にあげたものだ。
 居間からはほのかに抹茶の香りが漂ってくる。それを胸いっぱいに吸い込みながら、私は
 ーもう二度と、ここには来たくないなと思った。

『大都会』 碧

投稿時刻 : 2013.11.16 23:42
総文字数 : 737字
獲得☆3.333


《弘法は筆を選ばず賞》
大都会



 初霜の降りた日、家を出た。こんな田舎にはうんざりだったのだ。いつまでも時代遅れの価値観に染まり、世の中の中心から取り残されていることもわからずに、うわさと干渉しかすることのない老いたじじばばがいなか臭い物差しを押し付けてくる、こんな田舎にはうんざりだったのだ。たしかに俺は県で一番の高校には入れなかった。だがそれでなぜ、親戚の集まりがあるたびに、できの悪い孫で・・・などと言われなければならない? ようし、そんなら、進学校のやつらが将来何のやくに立つとも知れない数式を丸暗記している間に、俺は東京で一旗あげてやる! と、そんな具合で俺は豚の貯金箱を叩き割った。首から2万円がでてきた。これでどうにかなるだろう。俺は林檎のマークのついた携帯電話を握りしめて、特急にのりこむ。新宿駅には3時間ほどで辿り着いた。すごい人だった。駅のホームがいっぱいあった。改札もやたらたくさんある。意味がわからない。出口の矢印ありすぎ。出口ひとつにしとけよややこしい。なんとか建物の外に出る。三次元だ。なんで道路が幾重にも折り重なっているんだ。道路の反対側に行きたいだけなのにどこをどう進めばいいのかわからない。次元が違うのだ。呆然と立ち尽くしていると、後ろから歩いてきた人にぶつかった。
「あ、あ、あ、え、えらいすんまへん・・・」
 そう言うと、その人はあからさまな舌打ちをした。
「気を付けてくださいよ」
 どうみても60にはなっていそうなそのご婦人はきれいな標準語を話した。こんな歳で、まったく訛ってないなんてすげーな。そこまで考えてから、東京のじじばばは方言なんか話すわけないということに気付いて戦慄した。ここは魔界都市東京なんや・・・!
 俺は東京弁アレルギーを起こして死んだ。
 アーアァァー果てしないぃぃー

『寒い荒野と発掘と』 うわああああああ

投稿時刻 : 2013.11.16 23:25
総文字数 : 1665字
獲得☆3.182
 霜で凍った土を踏みしめながら、真中は煙草を吸っていた。ネックウォーマーを鼻が隠れるまでずり挙げていて、遠くから見る姿は少しテロリストの様だ。真中は煙草を吸いながら機械が地面を掘削していく様子を眺めている。こんな真冬に首長竜の化石の発掘をするなんて、少しおかしいかもしれないが、こんなことを生業にしている真中にとっては仕方がない。
 今では、化石の発掘なんてものはとんと廃れてしまった。それでも真中はたとえ一人であっても地面を掘り続ける。子供のころのロマンを忘れられないのか。
真冬の発掘作業は孤独で体力のいる作業だったが、真中はそんな真冬のピンと張りつめた空気が好きだった。
 一人で煙草でもふかしながら採掘機械を動かしたり、刷毛で掘り出した石の砂を払うのは本当に探検家の様で、真中の子ども心を動かした。
「なかなか出ないですね」
 真中が機械を眺めていると、助手の植草が話かけた。
「あぁ、根気のいる作業だ」
「寒いですね」
「そうだな。コーヒーでも入れてきてくれないか」
 真中がそういうと、植草は律儀に返事をして、停めてあるジープの後部ドアを開け、用意された機材でコーヒーを作り出した。
 我ながら、優秀な部下を見つけたな。真中はそんな風に思って遠くの景色を見つめた。
 先ほど植草にも言われたのだが、なかなか化石なんてものは発掘されない。地層の重なりは明らかに古く、古代このあたり一帯は海ではなかったのかということが推理される。
 それならば魚の化石、あわよくば首長竜の化石などが発掘されても良いようなものなのだが、なかなか発掘されない。
 気の遠くなる作業だ。
 今度はノミと金槌を手に取り、真中は土を削りだした。いっそのことダイナマイトで爆破したいような気もしたが、真中は火薬の扱いに慣れていなかった。
「コーヒー入りましたよー」
 植草がステンレスのマグカップを二つ持ってこちらに歩いてきた。
「あぁ、ありがとう」
 まだ作業に取り掛かったばかりであったが、いったんその手を休め、休憩をすることにした。
「あ、そういえば、ジープに林檎が乗っていたかもしれないな。すまないがとってきてくれないか」
「はいー」
 (もー人使いが荒いんだから)
「ん?なんか言ったか?」
「いえ、なんでもないですー」
「すまないな」
「いいですよー」
 そう言って植草は再びジープの方へ行き、パックに入った林檎を持ってきた。
 爪楊枝を二本取り出し、植草と二人で食べた。少し冷たかったが、水分と糖分を吸収できるし、何より林檎はおいしかった。
「あれ、機械止まってません?」
「あ、そうだな」
 近くへ行って見てみると、確かに機械は停まっていた。地中に杭を打ち、杭の振動で土や砂と化石を剥離させるという、真中お手製の発掘機械であったが、いまいち役に立っていなかった。
「う~む、燃料切れかな。とりあえずこの辺もう少し掘ってみるか」
「そうですね~」
 そういって二人はそのあたり一帯を掘り始めた。最初はシャベルを使っていたが、次第にノミや刷毛を使って、慎重に・・・。
 寒さで手がかじかみそうになるが、そんなことは気にしていられなかった。少し掘り出すと、層状になった石が出てきたが、それが具体的に何の化石であるかはその場では判別できなかった。
 見ると、魚の骨のような模様をしているのだが・・・・。
「なんか出ましたね」
「出たな」
 予想よりもいささか小さい成果に、二人はあまり驚くことができなかった。
「これ、なんですかね」
「おそらく魚じゃないかと・・・」
「まぁ、見るからに」
「つまり・・?」
「つまり・・・」
 真中と植草は顔を合わせた。何しろ真中の仮説が当たっていたからだ。
「ここは昔海だった可能性が高いな」
「まぁ、そうですね」
「そうだな」
 植草はあまり喜んでいいのかどうなのか分からなかった。誰かがここに魚を捨てた可能性も無きにしも有らず。
 
発掘成果:魚の化石

 いささか出来すぎた話かもしれないが真中は内心喜んでいた。昔からへっぽこと呼ばれていた真中であるが、自分の仮説に有利な証拠が出てきたのだから。
 それでも、首長竜には程遠い。がんばれ真中。へっぽこ真中。

『間に合わなかった。』 秋吉君

投稿時刻 : 2013.11.17 01:45
総文字数 : 970字
獲得☆3.545
※制限時間後に投稿
嫌な夢だった。
リンゴ畑のあちこちに、無数の首が落ち散らばっていた。
天を仰いでいたり、地面に埋もれていたり。バラバラの方向へ顔を向けて、一様に首は目は閉じていた。
俺は首を避けながら、木々の合間を進む。
土に降りた霜を踏むたび、足の裏から感触が伝わってくる。
呼吸が荒くなる。俺は白い肌を思う。あの木の向こうにあるぬくもり。丸い乳房と甘い吐息。
下腹部がもどかしい。
俺は首を避けながら、足早に進む。
黒い幹の向こうに、マフラーの切れ端が見える。
「美由紀!」
叫ぶが声は出ない。俺は走り出す。全裸だった。固く尖った肉が屹立し寒気に突き刺さる。
思うように足が進まなくて、あっと思った瞬間、白髪頭の首に躓いた。
「この土地から出るな!」
地面から咆哮が響き、無数に落ち散らばった首が一斉に目を見開いて、俺をにらみつけた。

「ねえ、ほんとにそれでいいの?」
「ああ。もう決めたことだから」
「ふうん……じゃあ、離れ離れになっちゃうね」
美由紀はマフラーで口元を隠した。
「お前こそ、本当に東京の大学に行くのか?」
「私、こんな田舎で一生過ごすなんてヤだから」
高校からの帰り、リンゴ畑へと続く細道は薄暗く、人の気配はない。俺は夢を思い出していた。
「先祖代々の畑なんだ。知ってるだろ、農園を継ぐのは俺しかいない」
「私のことはどうでもいいんだね」
「そうじゃない、遠距離だって、続けられるだろう……」
「ムリだよ、そんなの」

陽が傾くにつれ影は濃くなり、木々の根本から首が生えてくる。
俺は制服のスカートから生える白い太ももに目をやる。
「俺、失いたくないんだよ」
美由紀は答えず、足を早める。
リンゴ畑のあちこちに、首が落ち散らばっている。
首はバラバラの方向へ顔を向けて、目を閉じている。
呼吸が荒くなる。美由紀が足を速める。マフラーの隙間から煙のように白い息が吐き出される。俺は追う。
道は更に細まり、畑との境目が消える。
足元には無数の首が落ちている。
「美由紀!」
下腹部から咆哮が響く。いつのまにか俺は服を脱ぎ捨て、全力で逃げる女を追っている。
首を蹴飛ばし踏みつけ、俺は追い、肉体は逃げる。
「お前は逃げられない」首が吠える。「お前の血は縛られている。逃がすわけにはいかない」
首の目が開かれると、黒々とした枝に果実が実る。
月明かりが真っ赤な実を照らしたとき、無数の俺の首が、女の肉に噛みつくのが見えた


読者登録

てきすとぽいさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について