閉じる


試し読みできます

もくじ

●まえがき

 

●使い捨てカイロを張る個所

 

●あとがき


試し読みできます

まえがき

身体に生じる痛みは血流の悪さや冷えが原因である。

 

血流が悪いから痛み物質が生じても上手く運びさることが出来ないで痛みが生じる事になる。

痛い時にお風呂に入るなどして暖めると、痛みが消えることを経験している人も多いと思う。

つまり暖めることで血流が良くなり痛み物質が運び去られるからである。

 

お風呂で暖めるなどは、暖まっているときは痛みは消えるが、お風呂から出ると再び冷える事になり痛みがぶり返してくる。

 

身体に流れる血液は、何処で止められているのだろうか?

血管内にコレステロールが溜まり、血管が細くなるのも一因。

筋肉が硬くなっているのも一因。

身体には多くの関節があり、関節でも血流が阻害される。

特に人体で最大の関節である股関節は最もその影響力が大きい。

 

そんな理論の発見はアルティメットチューブを股関節に巻くだけで、股関節の血流が促され股関節が柔らかくなったり、股関節を始め他の様々な部位の痛みや症状が取り去られる。また全身が暖まるなど多くの実証を得て来た。

手技療法でも、その理論には違いが無い事を確信した。

 

巻く事よりも、手技による療法よりも、更に簡単に全身のあらゆる痛みを取り去る方法は無いものかと模索した。

思いついたのが、使い捨てカイロを張る方法である。

張って暖めるだけで、様々な部位の痛みが消えていく。

これなら子供からお年寄りまで、どなたでも簡単に実践できる。

 

「全身の血流の善し悪しは股関節にも現れている」

身体の多くの部分がそうだと感じているが、全身の血流が悪くなると、様々な部位の血流も同じように悪くなる。

それが足裏だったり、フクラハギだったりする。

足裏やフクラハギも全身の血流の善し悪しを現わす部位なのである。

足裏を柔らかくするだけでも全身の血流が促され、痛みが消えたり、スッキリしたりする。

フクラハギも同じである。

 

体幹だって同じ事。

体幹の血流も巻くだけ筋トレなどで筋肉を柔らかくパワフルに改善すると血流も促され、それだけで肩首がスッキリしたり、目がスッキリしたりする。

腕の筋肉でも同じ事が言える。

 

全身がツボなんだと考えると理解しやすいし、全ての筋肉が大切なんだと認識できる。

 

そして股関節は何度も書くが最大に血流を阻害しやすい個所である。

疲れているとき、つまり血流が悪い状態の時は股関節も血流がとても悪い状態なのである。

そんな股関節周辺には老廃物が溜まってしまっている。(手技療法をすれば直ぐに判ってくる)

 

すると身体の中でも弱い部分に痛みや症状として現れてくる。

「もう身体は疲れていますよ、休ませて下さい。」という注意信号を発信しているのである。

 

そんな弱った身体の股関節の血流を促してあげると、全身の血流が良くなり、痛んでいた、症状が出ていた個所が修復され痛みが症状が消えてしまうのである。

全身の血流が促されるから、同時に元気にもなる。

 

そんな股関節の血流を促す個所が、今回のこの電子書籍に書かれている。

そして写真付きで使い捨てカイロを張る位置を載せてある。

 

 

 

 

 

 


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格3,000円(税込)

読者登録

原田 秀康さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について