目次
目次
目次
まえがき
まえがき
序章 「報われる時代」の終焉
序章 「報われる時代」の終焉
第1章 就職で報われない意外な理由
page 1
◆未経験者歓迎、経験者優遇の本当の意味
◆「○○代の男性(女性)活躍中」の本当の意味
◆求人備考欄「コミュニケーション能力を求む」の正体
◆職歴に空白期間があると、ほぼ不採用
◆書類選考は応募者をふるい落とすためのものではない
◆面接では何を一番観られているか
◆面接の段階で、合格・不合格を見抜く方法
第1章 まとめ
第2章 仕事で報われない意外な理由
page 1
◆社畜になる人は、入社の時点で運命付けられている
◆あなたの在籍年数は今、何年ですか
◆企業があなたに長時間残業させる、本当の理由
◆飲み会は決して、無礼講ではない
◆ノルマの本当の意味、ご存知ですか
◆高望み過ぎても、目標を達成できない
◆人がスランプになる時の共通行動
◆職場の空気を読んでも、何も変わらない
◆なんでも一人でやろうとすると、誰も近寄らなくなる
◆文章が得意な人ほど、出世できない
◆強力なライバルのいる業界を避けてばかりいると、本当のチャンスを失ってしまう
◆その道のメンター(師)に出会えないと、プロにはなれない
◆企業の最大の目的は、「存続する」ことにある
◆企業の不正が多いのは、正義の心と創業者の魂が失われてしまったから
第2章 まとめ
第3章 社会で報われない意外な理由
page 1
◆ネガティブな人ほど、生存本能が強い
◆日本が衰退したのは、人を本気で叱らなくなったため
◆田んぼが、日本人を横並び主義にさせた
◆格差が、横並び社会を粉砕した
◆懐古主義が、民衆と官僚の間に分厚い壁を作り、閉塞感を生み出している
第3章 まとめ
第4章 人間関係で報われない意外な理由
page 1
◆あなたの孤独感はどこから来ているのか
◆何かに熱中できない人は、自分を変えるどころか、成長すらできない
◆本当の仲間は、自分の周囲にはいないことが多い
◆本当の「親友」は、現代社会では作れない
◆興味のない人の話は、5%も理解されていない
◆人が人を騙す、最大の理由は「以前、人に騙されたから」
第4章 まとめ
第5章 恋愛で報われない意外な理由
page 1
◆合コンやナンパで、異性に絶対、言ってはいけないセリフ 
◆告白の成功率が上がらない理由
◆恋愛関係がうまくいかない(続かない)のは....
◆草食系は、異性とみなされていない
◆イケメンとブサメン、恋愛・結婚基準の違い
◆あなたが結婚できない意外な理由
第5章 まとめ
第6章 家族関係で報われない意外な理由
page 1
◆サイフのひもをにぎるのは、女性だけとはかぎらない
◆子供の養育は、本来は父親の仕事
◆「出来ちゃった婚」が、日本の家族制度を崩壊させた
◆夫婦別姓が、日本の女性を男性化させた
◆子供が反抗期を迎える、意外な理由
◆親が子を、子が親を殺すのは、血が薄れていっているからである
◆夫婦仲が倦怠期を迎える、本当の理由
第6章 まとめ
第7章 不健康で報われない意外な理由
page 1
◆スーパーの食品を、食べ続けて起こること
◆サプリメント食品は、寿命を縮める
◆日本の海産物は大丈夫か?
◆少子化の隠された原因、「食品の添加物」と「遺伝子組み換え食品」
◆医療改悪がもたらす未来
◆健康保険制度が形骸化される日
◆医療ミスを起こしそうな病院を回避する、いくつかのポイント
◆TPPで、多くの日本人が餓死する可能性がある
第7章 まとめ
第8章 老後で報われない意外な理由
page 1
◆60歳から起こる事いろいろ
◆70歳から起こる事いろいろ
◆80歳から起こる事いろいろ
◆歳をとると、人は本当に頑固になるのか?
◆ボケ老人が増えた最大の理由
◆現代のうばすて山
◆人間は、死ぬまでお金にこきつかわれる
第8章 まとめ
終章 報われる生き方をするための、8つの智慧
終章 報われる生き方をするための、8つの智慧
あとがき
あとがき
著者略歴
著者略歴
奥付
奥付

閉じる


試し読みできます

目次

まえがき

 

序章 「報われる時代」の終焉

 

第1章 就職で報われない本当の理由

 

◆未経験者歓迎、経験者優遇の本当の意味

◆「○○代の男性(女性)活躍中」の本当の意味

◆求人備考欄「コミュニケーション能力を求む」の正体

◆職歴に空白期間があると、ほぼ不採用

◆書類選考は応募者をふるい落とすためのものではない

◆面接では何を一番観られているか

◆面接の段階で、合格・不合格を見抜く方法

 

第1章 まとめ

 

第2章 仕事で報われない本当の理由

 

◆社畜になる人は、入社の時点で運命付けられている 

◆あなたの在籍年数は今、何年ですか

◆企業があなたに長時間残業させる、本当の理由

◆飲み会は決して、無礼講ではない

◆ノルマの本当の意味、ご存知ですか

◆高望み過ぎても、目標を達成できない

◆人がスランプになる時の共通行動

◆職場の空気を読んでも、何も変わらない

◆なんでも一人でやろうとすると、誰も近寄らなくなる

◆文章が得意な人ほど、出世できない

◆強力なライバルのいる業界を避けてばかりいると、本当のチャンスを失ってしまう

◆その道のメンター(師)に出会えないと、プロにはなれない

◆企業の最大の目的は、「存続する」ことにある

◆企業の不正が多いのは、正義の心と創業者の魂が失われてしまったから

 

第2章 まとめ

 

第3章 社会で報われない本当の理由

 

◆ネガティブな人ほど、生存本能が強い

◆日本が衰退したのは、人を本気で叱らなくなったため

◆田んぼが、日本人を横並び主義にさせた

◆格差が、横並び社会を粉砕した

◆懐古主義が、民衆と官僚の間に分厚い壁を作り、閉塞感を生み出している

 

第3章 まとめ

 

第4章 人間関係で報われない本当の理由

 

◆あなたの孤独感はどこから来ているのか

◆何かに熱中できない人は、自分を変えるどころか、成長すらできない

◆本当の仲間は、自分の周囲にはいないことが多い

◆本当の「親友」は、現代社会では作れない

◆興味のない人の話は、5%も理解されていない

◆人が人を騙す、最大の理由は「以前、人に騙されたから

 

第4章 まとめ

 

第5章 恋愛で報われない本当の理由

 

◆合コンやナンパで、異性に絶対、言ってはいけないセリフ 

◆告白の成功率が上がらない理由

◆恋愛関係がうまくいかない(続かない)のは.....

◆草食系は、異性とみなされていない

◆イケメンとブサメン、結婚基準の違い

◆あなたが結婚できない意外な理由

 

第5章 まとめ

 

第6章 家族関係で報われない本当の理由

 

◆子供の養育は、本来は父親の仕事

◆「出来ちゃった婚」が、日本の家族制度を崩壊させた

◆夫婦別姓制度が、日本の女性を男性化させた

◆子供が反抗期を迎える、意外な理由

◆親が子を、子が親を殺すのは、血が薄れていっているから

◆夫婦仲が倦怠期を迎える、本当の理由

 

第6章 まとめ

 

第7章 不健康で報われない本当の理由

 

◆スーパーの食品を食べ続けて起こること

◆サプリメント食品は、寿命を縮める

◆日本の海産物は大丈夫か?

◆少子化の隠された原因、「食品の添加物」と「遺伝子組み換え食品」

◆医療改悪がもたらす未来

◆健康保険制度が形骸化する日

◆医療ミスを起こしそうな病院を回避する、いくつかのポイント

◆TPPで、多くの日本人が餓死する可能性がある

 

第7章 まとめ

 

第8章 老後で報われない本当の理由

 

◆60歳から起こる事いろいろ

◆70歳から起こる事いろいろ

◆80歳から起こる事いろいろ

◆歳をとると、人は本当に頑固になるのか?

◆ボケ老人が増えた最大の理由

◆人間は、死ぬまでお金にこきつかわれる

 

第8章 まとめ

 

終章 報われる生き方をするための、8つの智慧

 

あとがき

 

著者略歴

 

奥付


試し読みできます

まえがき

最初、本作は、デビュー作「我がフリーター人生 セキララ赤面日記」の、実質的な続編として、7年前に出版を予定していた、「あなたが報われない本当の理由」をベースに、加筆修正をしながら、電子書籍として仕上げる予定でした。

 

しかし、ドキュメント形式で仕上げた旧作を読み直してみて、「ずいぶんと時代が変わってしまったな」、という読後感を拭えずにいました。

 

旧作では「頑張れば、報われる」というテーマで、ものごとを前向きに捉え、執筆していましたから、現代の世相から相当、ずれていることがわかり、違和感を禁じえなかったのです。

どうも、一番肝心の「報われない現実」といった部分に、スポットを充分、当てていなかったばかりでなく、根底となる底知れない問題から、逃げまくっていたような気がしてなりませんでした。。

結果的には、原稿を破棄することに決めました。

 

そこで、新たに書き下ろすため、制作コンセプトを一から見直し、幅広く情報収集やリサーチを行いました。

収集した情報は多岐に渡るもので、教育・社会・家庭など、僕達が普段、問題視している、あらかたの分野を深く、掘り下げてみました。

その結果、「頑張れば、報われる」時代が、とっくの昔に終焉を迎えており、現在の僕達が、「頑張っても、報われない」時代の荒波にさらされている、ことを痛感したのです。

この時点で、テーマの方向性が180度、がらりと変わりました。

 

テーマは「報われない今」を掲げ、どうして多くの人間が報われなくなったのかという、根本的な原因を、収集した情報の中から考察し、仮説を立て、検証していった結果.............

それぞれの、報われないできごと、ものごとの原因の奥に、巧妙に隠された、意外な理由があることを、突き止めました。

しかも、その意外なところに、問題解決のヒントが、真に隠されているような気が、します。

 

ですから、本作は、ひぐらし工房5作目となる自己啓発書となりながらも、実際は、「暴露本」の性質が極めて強い内容に、仕上がっています。

僕らは一体、なにものによって、何によって、虐げられ、等しく報われない時代を生きているのか.......

僕は、制作のポイントを、ここに置きました。

 

残念ながら、僕自身の未熟さゆえに、原因解決に至る、具体的なご提案という点でにおいては、どうしても弱い部分がありますが、それでも、普段、僕達が気付かないような、諸問題の原因に触れ、多くの読者の方に対し、問題提起の書くらいにはなったのかな、と思います。

 

後は、御覧になった読者の方々の、ご判断にお任せし、現状打破のためのご英断を祈るばかりです。

まえがきの最後と致しまして、この本の制作に多大な協力をお寄せいただいた、多くの方々に、心から御礼申し上げるとともに、最初のご挨拶とさせていただいます。

 

平成26年4月下旬

ひぐらし公房代表 日暮学


試し読みできます

あとがき

本書を書き上げて思ったことは、「不条理なものごと、できごと」には、常に反対の意思を表明し、具体的な行動で示すことが今、僕達日本人には求められているのではないか、という、確たる確信です。

 

例えば、社会的に目立つ行動としては、過激な手段によらない、静かなデモなどがあります。

問題提起というのは、問題の所在を明らかにし、不特定多数の誰かに、知ってもらわなければ、そもそも、問題提起にすらなりません。

例え、まっとうな主張が、多くの人に無視されても、権力に圧殺されても、必ず、誰かに声が届いています。

署名なりの手段で、そういった共感者・賛同者を一人一人、自分の周囲に増やしていくことで、主張に力が蓄積され、やがて、政治・社会・経済・文化のありかたを変える、大きな原動力になっていきます。

 

「何もしないのでは、何も変わらない」と、シンプルながらも、最上の行動規範を後世に残したのは、17世紀のイギリスの社会学者、エドワード・ハリスの言葉です。

 

例えば、国内だけでなく、海外との関係を見渡してみると、靖国参拝の問題、戦後の歴史観修正(自虐史観からの脱却)、現行憲法下における、集団的自衛権の解釈容認、憲法改正もしくは新憲法制定、近隣諸国である中国・韓国との関係の悪化、アメリカ合衆国との外交関係の亀裂など、枚挙にいとまがありませんが、これらの問題の根底には、戦後長きに渡って、諸外国からの理不尽な処遇や態度に対し、抗議の声だけでなく、反対の立場を、具体的な行動で示してこなかった、「日本人特有の、事なかれ主義」があり、僕達日本人みずからが招いた、過酷な状況だと思います。

 

口だけではなく、行動で示す-一方的な自己主張を美徳としない、日本固有の伝統的社会と環境に育ってきた、多くの日本人にとっては苦手なことかもしれませんが、克服しなければ、今まで以上に他国に搾取され、本当の意味での「家畜」に成り下がり、自分より大きな存在や力によって、飼い慣らされてしまうだけの価値しか、もてなくなるでしょう。

 

私達は、誰かに、なにかに搾取され、苦しみ続けるために、自分の言動や考えを拘束されるために、この世に生を受けたのではなく、何かを実現するために、幸せになるために、生まれてきたのですから、誰もが、人生を楽しみ、幸せになる権利をもっているはずです。

 

不幸せだと思っている方、自分が報われないと感じている方、本来もてたはずの幸せや、やりがいを、ほんの少しの勇気と努力、そして行動で、少しずつ、取り返していってください。

その積み重ねが多ければ多いほど、幸せややりがいは、あなたの手元に戻ってくるはずです。

 

現状打破するためには、100の言葉に加え、10の燐とした行動が必要です。

社会をよりよいものにするための力を持った、あなたの目覚めを待望致します。

 

最後になりますが、本書を最後まで御覧いただき、誠にありがとうございました。

 

 

2016年4月下旬

ひぐらし工房代表 日暮学


試し読みできます

著者略歴

1967 年  北九州市に生まれる

1986 年  戸畑高等学校卒業

1990 年  福岡大学人文学部英語学科卒業 民間企業数社に就転職する

1999 年  ひぐらし工房設立 著述業を開始する

2005 年  ドキュメンタリー『我がフリーター人生セキララ赤面日記』出版

2006 年  自己啓発書『あなたが報われない本当の理由』出版

2007 年  小説『かん兄ちゃん』第27 回新風舎出版賞受賞

2010 年  出版コンサルタント業を開始する

2012 年  ビジネスガイドブック『紙の本を書きたくなったら読んで欲しい本』出版

2012 年  小説『かん兄ちゃん〜寛治編(電子書籍リミックス2012ver.)』出版

2012 年  小説『かん兄ちゃん〜翔太編(電子書籍リミックス2012ver.)』出版

2012 年  小説『共生〜ともに、いきる』出版

2013 年 ひぐらし工房公式サイト開設

2013 年 自己啓発書『人生を切り拓く声の出し方』出版

2013 年 小説『異形からの報酬』出版

2013 年 自己啓発書『セレブ奥様から教わった予想外の金銭管理術』出版

2013 年 小説『あいつもこいつも疫病神』出版

2013 年 自己啓発書『誰も気付かなかった予想外の学習法~脳は一度見たものをすべて記憶している』出版

2013 年 アメリカ発電子出版ビジネスモデルに関するWEBセミナーを開催

2014 年  絵本・児童書『シャンバラ』出版

2014 年 自己啓発書『あなたが報われない意外な理由』出版

       書籍出版タイアップ企画

 

『あなたが報われない意外な理由』

平成26年4月 第一版

著者:日暮学

販売:ひぐらし工房

 

※著作権法に準じる形で、著者の許可のない本文の引用、転載を固く禁じます。


試し読みできます

奥付

 

あなたが報われない意外な理由

ひぐらし工房公式サイト
 
ひぐらし工房公式ブログ
 
facebook
 
twitter
 
メルマガ(メルマ)

 
感想はこちらのコメントへ
http://p.booklog.jp/book/80155

ブクログ本棚へ入れる
http://booklog.jp/item/3/80155



電子書籍プラットフォーム : ブクログのパブー(http://p.booklog.jp/
運営会社:株式会社ブクログ

 


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格100円(税込)

読者登録

日暮学さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について