閉じる


<<最初から読む

27 / 47ページ

 

なんという変態。

 

彫刻とかは不得意な方なのですが、現場で見たこの彫像から発せられる変態的なエモーションたるや、このあと他のを見るもんじゃないな、と思わせるぐらいのもので、こうして写真で見ても全然伝わってこないところが残念です。


 

という流れで来ると、この像もかわいそうなんです。ガイドさんは、ミケランジェロは完璧。それに比べると、他のは落ちるけれど、どこかこれはというところがあったりするなんて、言っちゃってますから。

この場合はこの顔にかかったベール?うす布?のところ。

 

うん、確かに、石なんですけどね、これ。


 

さて、この愛の彫刻は非常に人気があるそうです。

まあ、確かに。


 

そしてこの彫刻のお勧めは、このお尻だそうです。

まあ、確かに。

つるっと磨くのではなくて、細かな線を入れることで、人肌の柔らかな表現をしているのだとか。

まあ、確かに。さすが学芸員さま。

 

でもね。周りは日本語が通じなさそうな客だったんだけど、お尻お尻って何回もあなた。。。。


 

色大理石は、身分によって使える色が決まっているのだそうです。

奥の紫色。これが一番高級だそうです。



読者登録

真下魚名さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について