閉じる


<<最初から読む

19 / 47ページ

 

この壁の裏側にモナリザの微笑みが1枚だけ飾ってあります。


 

それぞれの衣服の色分けが面白かったので。


 

テオドール・ジェリコー 「メデューズ号の筏」


 

何で誰のどういう絵か分からないままに、撮ったんですが、これまで行った教会の

人々が祈りを捧げていた当時の姿がここに有るのだなあ、と。


 

ウジェーヌ・ドラクロワ 「サルダナパールの死」

モナリザの前以外はこんな感じです。目の前には絶えず人がいるんですが、

日本の美術館で”何とか展”を見る時のような混雑はありません。

羨ましい限り。



読者登録

真下魚名さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について