twitterアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格2,000円(税込)
カテゴリー 小説・ノンフィクション 文芸 作者 江倉しおり
価格 2,000円(税込)
Bouquet ~焦がれ果てた人の為に〜  江倉しおり 』 『 Bouquet 〜細胞が恋した人のために〜  江倉しおり 』 『 Tempo Rubato 〜江倉しおり短編集〜 No.1 』 『 きれいづくし2011 』 『 きれいづくし2012 』 を購入した方は 1,500円(税込)
タグ 夫婦結婚別居離婚エネルギー電気エコ自然コミュニティ
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

0 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 3ページ (Web閲覧)
61ページ (PDF)
試し読み:1ページ
評判
  • 0(平均0 / 0人)
ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
【あらすじ】
 2011年の震災後発見された海底エネルギー「ビスキュイ」。日本は政府下でビスキュイを精製増幅させる施設「POCKET」の技術により国際的信頼も復権していた。運営は半官半民組織「創造的潜在エネルギー研究開発機構」が行っている。十二年後、火災事故が発生。原発の記憶が呼び起こされた国民は怒りを機構に向ける。一研究員の千夏は都内に隠れるさなか、能仲間でもあった上司の合力からビスキュイの危険性、政府の思惑を聴かされる。千夏はもとより別居をしている現場作業員の夫と息子と混乱の中で会えないままだった。解決法を尋ねにきたつもりが合力から「POCKET」阻止を頼まれる。だが、肝心の方法は合力も記憶が無い。手がかりは能の道成寺だけだった。身の安全を守るという国の計らいで千夏達は田舎の村に避難する。その避難が、夫婦としての亀裂、一研究員としての尊厳、道成寺の謎、あらゆる混沌の始まりだった。

この本には試し読みが 1 ページあります

試し読みを開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

1971年から1990年までの20年間にテレビ放映された日本の特撮ヒーロー番組に登場する「悪の組織」...
200円
絶景に出会える道の駅!“全国50選”

この本を開く

全国の道の駅巡りをしています。既に1000か所以上を訪問し、2014年5月に一応全国制覇を果たしたの...

この本を開く

平成時代に台湾に住んでいたからこそ縁があって知り合えた人たちによる文集です。皆さんから台湾に対する思...
100円
泣き虫ボッチ2 第十二歩目「小さなお姫様」

この本を開く

甘やかされて育った糖尿病のジェンヌちゃん。食事制限もお注射も、ジェンヌちゃんがイヤなことは一切したく...

この本を開く

誰もが知ってる桃太郎!でも、なんだか少し様子がおかしいようです。イヌもサルもキジもこんなんだったかな...

もっとみる