twitterアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格2,000円(税込)
カテゴリー 小説・ノンフィクション 文芸 作者 江倉しおり
価格 2,000円(税込)
Bouquet ~焦がれ果てた人の為に〜  江倉しおり 』 『 Bouquet 〜細胞が恋した人のために〜  江倉しおり 』 『 Tempo Rubato 〜江倉しおり短編集〜 No.1 』 『 きれいづくし2011 』 『 きれいづくし2012 』 を購入した方は 1,500円(税込)
タグ 夫婦結婚別居離婚エネルギー電気エコ自然コミュニティ
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

0 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 3ページ (Web閲覧)
61ページ (PDF)
試し読み:1ページ
評判
  • 0(平均0 / 0人)
ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
【あらすじ】
 2011年の震災後発見された海底エネルギー「ビスキュイ」。日本は政府下でビスキュイを精製増幅させる施設「POCKET」の技術により国際的信頼も復権していた。運営は半官半民組織「創造的潜在エネルギー研究開発機構」が行っている。十二年後、火災事故が発生。原発の記憶が呼び起こされた国民は怒りを機構に向ける。一研究員の千夏は都内に隠れるさなか、能仲間でもあった上司の合力からビスキュイの危険性、政府の思惑を聴かされる。千夏はもとより別居をしている現場作業員の夫と息子と混乱の中で会えないままだった。解決法を尋ねにきたつもりが合力から「POCKET」阻止を頼まれる。だが、肝心の方法は合力も記憶が無い。手がかりは能の道成寺だけだった。身の安全を守るという国の計らいで千夏達は田舎の村に避難する。その避難が、夫婦としての亀裂、一研究員としての尊厳、道成寺の謎、あらゆる混沌の始まりだった。

この本には試し読みが 1 ページあります

試し読みを開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

tovo が発行するポストカードサイズの小さなフリーペーパーです。311以降の青森県に住むごくごく普...

この本を開く

方子さんはどうしようもない方向音痴です。名前が悪かったのでしょうか。当人は至ってお気楽なのですが、周...

この本を開く

人は神さまに逆らって色のついた羊を造りはじめる・・・*アルファポリスの絵本ひろばでは「R」が付いてい...

この本を開く

人工知能は大量のデータ処理能力と速度において既に人間を超えているが・・・機械的ロボットは人の作ったプ...

もっとみる