閉じる


試し読みできます

ミリオンエクスプレス

 「新しい旅行のかたち、ミリオンエクスプレスは当院で」との張り紙が、放射線科の受付に掲示してある。はて、ミリオンエクスプレスとは……と思った僕は、受付の事務員に「これは何ですか」と訊いてみる。すると「こちらでございます」と、なにやら旅行パンフレットを差し出すではないか。昔人間の僕は「病院から旅? まさか、黄泉の国ではないだろうねえ」「いやですわ、ふふふ、全国、いや、全世界に行けるんです」

 

 東京~大阪間、往復千円……千円!

 

 「どうしたらこんなに格安なんですか」「患者様、ご興味がおありですか、さあ、こちらへどうぞ」と、中へ通された。そこには、陽気な放射線科医が座っていた。

 「ミリオンエクスプレスですね。ご説明しましょうか?」「は、はあ……」「要は、これが遺伝子レベルでのスキャナです。これで、あなたの身体の全ての細胞をスキャンします。一度、符号情報に置き換えて、ネットワーク網を通ります。そして、到着地の病院で、遺伝子レベルから復号します。あなたの身体は元通りに復元されます」「ほー」

 

僕は「ほー」としか言いようがなかった。椎間板ヘルニアを治しに来ただけなのに、なぜだかその「ミリオンエクスプレス」なるものに徐々に興味を引かれた。なおも、医師の説明は続いた。

 

 「で、ちょっと専門的になりますが、人体専用のAチャネル、物品専用のBチャネルを使って、エンコードとデコードをすることにより、あなたの身体はもちろん、手荷物や着衣が転送されるわけです」「ほー」

 

 どうしても東京に行きたかった。ちょっとしたイベントに参加するためだ。しかし、人体を符号化するという発想には、口があんぐり開いてしまった。

 

 「名古屋からご到着の金井さん、デコード終了、ご到着されましたー」
 「はい、そこに着替えとお荷物がありますので、そこで着替えちゃってください、お疲れ様でした……まあ、万事こんな具合です」「は、はあ……」

 

 その「金井さん」とやらが、放射線室の扉から出てきた。すこぶる元気そうだった。

 

 「運ぶ、というよりは、転送する、といったイメージですね。ただ、ファクシミリと違うのは、人体はあくまで1人1つだということです」「と、いいますと?」「人体を複製しようとすれば、まあ出来ないことはないんですが、それでは電気通信法に抵触、つまり、違法行為になりますので」「そんなことが出来るんですか……」

 

 しばらくの沈黙が流れた。僕は初歩的なことだろうと思って訊いた。

 

 「い、痛くはないんですか?」「全然大丈夫です。たとえば……ごく普通のMRIだと思ってください。ちょっとガガガ、という音がするかと思いますが、目覚めた頃には目的地ですんで、まあ、安心してお任せください。患者さん、東京に行きたいんでしょう?」「まあ、8月になりますが」「じゃあ、ご予約を入れておきますね」「では、8月18日東京着、8月19日大阪着でお願いします」 「そしたら、そういう段取りですんで。遅れないようにしてくださいね」「はい、どうぞよろしくお願いします」「お大事にー」

 

 病院の予約券をもらった。予約券というよりも、それは文字通り切符に近かった。何だか変な気分になった。人体を転送する……。理屈では、アタマでは分かっていても、何だか解せない感じがした。

 

――8月――

 

 僕は、実を言うと「コミックジャパン86」という、日本最大級の同人誌即売会に行くのだった。分厚いコミJカタログと、旅行用のカートを引っ提げて行くと、あのにこやかな医師が放射線科で待っていた。

 

 「やあ、鈴木さん、あなたそういう趣味だったんですねー、僕と同じですー」
 「は、はあ……」
 「僕も行きたかったなー、でも、仕事があるので無理なんです今年はー」
 「お仕事って……これですか」

 

 その「ミリオンエクスプレス」なる、新しい機械を指さして僕が言った。

 

 「そうですそうです。いまの時期、コミJに行く人って、案外多いんです。新幹線も飛行機も予約で一杯ですから、疲れないこれを使う方って案外多いんですよー」
 「へええー」

 

 その日、東京都区内では「雷注意報」が出ていたことを、僕も、そして医師も失念していた。なにせここは大阪。テレビでは甲子園球児の活躍が写され、灼けるような太陽、そして青空だった。

 

 手荷物はおろか、ピアスやチケットまで「Bチャネルの箱」とやらに入れて、僕は緑色の手術用の薄手のガウンに着替えてその装置の「Aチャネルの寝台」に寝そべった。しばらくの沈黙があった後、放射線科の医師が大声を出した。

「息吸ってー」

濃密な酸素が出ているのだろうか、一気に気分が爽快になった。

「はい、止めて!!」

 

 ガシャン、という衝撃音が聞こえたかと思うと、身体は重力を失って行った。次いで、ヒュインヒュインと、僕をスキャンする音が聞こえた。網膜には……もう網膜は符号化されていて実体化されていないのだろうけれど、意識の中の画像には「転送率60%」といった進捗状況が表示された。僕はどこへ行くのだろう……意識というか、魂というか、実態のない僕が、どこかを急速に流れながら移動していることだけがわかった。

 

 転送率67%……転送率73%……転送率94%……で、画面が急に止まった。まわりじゅうが静かになった。あれ、僕は転送されるはずだけれども、ミリオンエクスプレスってこんなんだっけ? 何かがおかしい気がした。刹那、画面が暗転し「サージ電圧発生中 バックアップモード」の画面に切り替わって、フェードアウトするように光は消えた……僕は眠るように意識を失った……。

 

 あれから、幾らほど時間が過ぎたのだろう……。再度、画面がフェードインするように光が復活した。転送率は94%から徐々に復帰しつつあったが、画面の動きが先程よりも遅い。あれ、ここはどこだろう……今はいつ? 今何時? ……気にする僕に気になるメッセージが表示された。

 

 「ミラリング復帰成功 記憶ポインタ部分損傷」

 

 記憶……ポインタって何だ? そういえば記憶……あれ、僕はどこに行こうとしてたんだっけ……。誰と会うんだったっけ……。ここはどこだろう……。

 

 気がつけば、僕は息をふうっと吐いていた。僕は装置の中で全裸で、一応身体は無事らしかった。あらゆる関節を動かしたが何ともない。欠損している部分もないらしかった。ここは本当に大阪なのか。僕はここがどこなのかが全く分からなかった。

 

 「何だここはっ!!」
 「き、気が付かれましたかー、あのー、す、鈴木さーん」「あの、あなたは誰、ここはどこですかっ」「東京の病院の看護士です」「は?」

 

 どうやら僕は大阪から「ミリオンエクスプレス」なるものに乗せられてここまで来たらしいのだが、どうやら何をしに東京に来ているか、それに、今がいつなのか、なぜここに寝そべっているのかがわからなかった。

 

 「と、取りあえず、着替えをくださいっ、な、何か着せてください」
 「わかりました、これです。カーテン閉めておきますので、ご、ごゆっくり」

 大変ですー、鈴木さんが大阪から無事に来られましたーという看護士の甲高い声がした。

 

 すると、「ご無事ですかっ!」と白衣の医師団がカーテンをやおら開けるので、僕はびっくりしてGパンとTシャツを身体にたぐり寄せた。

 

 「と、取りあえず、着替え中なので……あなたがた一体……」
 「記憶ポインタが飛んだということで、大変申し訳ない。あなたは今、ほぼ無事に東京に着きました」
 「ほ、ほぼってどういうことですか」「記憶のポインタが飛んでしまったのです」「はあ?」
 「取りあえず、Bチャネルは無事だったので、荷物は無事です。着替えてください」
 「ぼ、僕の身体は?」「取りあえず記憶のポインタを除いて全部無事です」「ここは大阪じゃないんですか」「いいえ、東京の病院です」「そ、そんな……」

 

 僕はGパンのジッパーをじーっと上げると、周囲を見回した。何だか見慣れた機械だが、少し前のことは余り思い出せない。確か、腰を痛めて大阪の病院に行ったことは記憶にあるのだけれど……。着替えが終わると、僕は見慣れない荷物にぎょっとした。

 

 「何だろう、この大荷物は……僕は、家出でもするつもりだったのだろうか……」
 「す、鈴木さん、ちょっとこっちへ」
 「は、はいっ」

 

 僕は医師団が待ち構える席に着席すると、医師が重い口を開いた。

 

 「このカタログ、覚えていますか」「ああ、コミJですよね、来月開催される……」「って鈴木さん、これって今日から開催のイベントですよ」「あ、そうなんですか?」

 

 医師団は首をかしげて、まるで難民でも見つめるような困った表情を浮かべた。

 

 「あのー、このパンフレット、見覚えありますよね、ミリオンエクスプレス……」
 「はい……来月乗る予定だった、あの人体を転送するあれですよね」
 「そうなんですが、今日は東京では落雷がありまして、当院は雷の直撃を受けまして……電源系統のバックアップには気を遣ったのですが……バックアップには万全を尽くしたつもりなのですが、当方の手違いで、鈴木様の記憶のポインタまでは完全にバックアップできなくて、ご不便ご不自由をおかけしております」
 「ご、ご不自由って、余り不自由を感じていませんが……」
 「どうも、済みませんでした」
 「急に謝られても困るなあ……今日は7月28日でしょ?」「いいえ、8月18日です……」
 「ええっ?」「窓の外をご覧いただければお分かりの通り、外は雷雨でして……私どもも早く転送をキャンセルすれば良かったのですが、もう大阪側でエンコードを始めてしまっていたので……やむを得ず運転の続行をしました」

 

 僕は状況がイマイチ飲み込めず、一切合切ちんぷんかんぷんだった。取りあえず医療保険の書類にサインして、後日、僕の口座にお金が振り込まれると医師団は言う。何でも、ミリオンエクスプレスとやらの運転後、初めての事故だったらしい。

 

 「では、お大事に、帰りは新幹線のチケットを用意してありますので、お納めください」
 「は、はあ……じゃあ遠慮なく……」

 

 ところで僕はどこへ行くのだろう。ミリオンエクスプレスって何? なんで東京の病院なんだろう……僕は分厚いカタログを手に取った。あ、これかな、と思った。

とりあえず、国際展示場へはゆりかもめで行くことにしよう。考えるのはそれからだ。僕は病院から無償で貸し出された一本の傘を差して、新橋駅へ続く道を歩き始めた……。


1
最終更新日 : 2015-05-30 19:06:46

試し読みできます

もじゃ先輩とさくら君 2011/08/04 採用一発ギャグ

ここは、午前中の銀行。そこに、警備の隙を突いて、銀行強盗犯が現れた。

 

男 「おい、そこの! 3000万円出せ! いいからすぐにだ、分かったか!」

行員「それでは、お通帳とご印鑑をお願いします」

 

男の戦意が喪失したのは、それから間も無くの事だった。


試し読みできます

白泉社LaLa桜蘭高校ホスト部携帯シナリオ

LaLa二大巨男無口対決!

もしも、銛之塚崇(桜蘭高校ホスト部)と、宮下 武(お兄ちゃんと一緒)が会話したら……。

 

モリ 「茶だ」。

宮下 「アア」。

 

……鹿威しが鳴る、古風な和室にて。

 

宮下 「花だ」。

モリ 「アア」。

 

……園芸部の花を受け取って、うれしそうなモリ。

 

モリ 「……」。

宮下 「……」。

 

 そういうわけで、似たもの同士の会話は、静かに続いていくのであった!


試し読みできます

オフィスの妖精

誰もいなくなった仕事場、深夜3時のことだ。
僕は半分うたた寝しかかっていて、胃も痛くて最悪だ。
机に頬杖をついて、しばらく目を休めることにした。
13時間もモニターに向かい合っていたら、気が変になる。

……。

目を閉じて、しばらくすると、どこからともなく羽音が聞こえた。

……。

羽音? こんな十七階のオフィスで? まさか。
見ると、握りこぶしほどの大きなアゲハチョウが、僕をじーっと見ていた。

アゲハチョウと、少女の混血といった感じだった。
小さな蜂蜜のつぼを下げて、僕の視界をうろうろしていた。
やがて、そのアゲハチョウとおぼしき少女が口を、利いた。

「疲れているんでしょう、はい、これ」

これを、飲めということだろうか。

「あ、ありがとう……」

僕はお猪口ほどの小さな壷を口に運んだ……
何だろうこれは! 不思議な味だ……

「おいてけぼりをくったキミが、見てらんなくて」
「どうも、それはそれは、ありがとう」

おいてけぼり……か……確かに僕は期待されていて、仕事もこんなに……
でも、おいてけぼりかも知れない。要領が悪いんだ、昔から……
彼女は僕の頭の周りを何度か飛んだ後、僕の肩にとまった。
いつの間にか、すうすう寝息を立てている。
起こしちゃ悪い、と思って、僕も頬杖をついた姿勢のまま、立つことも動くこともできずに……。


僕もやがて、眠りについた。

「浅井さん、浅井さんってば!」
「浅井君、浅井君!」
「ほわ……ふあい?」

 みんな背広にネクタイ。オンタイムの服装をしている。時計……午前八時五十五分?

「徹夜明けご苦労……なんだ、まだ出来ていないのか……」

蜂蜜の壷が、小さな陶磁器が、僕の鉛筆立てのとなりに転がっていた。


試し読みできます

赤鼻のトナカイ

 年の瀬は、こんな田舎町にだって平等にやってくる。

 そこに「サンタ業界新聞」を広げて座っている老人男性がいた。老人は「少子高齢化で岐路に立つサンタ業界」という見出しを見ると、深く深くため息をつくのだった。さらに「どうなるサンタクロース」という一般の新聞記事を見ると、なおさらサンタの一人として、自分自身が、どうしようもなくやりきれなくなるらしかった。

 彼はトナカイに向かってこう言うのだった。

 「昔の何もかもすべてが良かったとは思わないが、少なくとも今よりはマシだった。なにせ子供の数が多かった。もちろん、その中にも、プレゼントをあげても感謝しない子供や、物を粗末に扱う子供がいて、たいへん心を痛めた。それでも、今よりも多くの子供たちがいた……もっともっとお前たちにエサをやりたいのだが……こう子供の数が少なくては……」

 あるトナカイが、真剣に悩んでいた。そのトナカイはどうしたかというと、ある日こっそりと、先輩のトナカイに、自分の悩みをこっそりうち明けてみた。

 「僕たち、何のために走っているんでしょう。来る日も来る日も同じ粗末な餌ばかりで、気力が出ないんです。走る方向を間違えてはサンタさんにたびたび怒られるし、走り方がなっていないと怒られるし、僕はいったい、何のために、どうして走っていなければいけないんでしょう」
 「おいおい、一体何を言い出すんだ……走る意味ってのは……そもそも、子供たちにプレゼントを届けるためだろう」
 「ところがですね、最近子供の数が少ないし、走っても走っても子供がいないんです」
 「そりゃあ、俺だって同じ悩みだけど……もし一人でも子供が待っているなら、そこへ走っていかないといけないだろう……俺たちはトナカイなんだから」
 「もう僕は、この群れにいる意味がわからなくなってきました。走っても走っても以前のような喜びが感じられなくて……群れを、抜けようと思うんです」
 「……」

 先輩のトナカイは、彼をどうなぐさめてよいか、一瞬わからなくなった。群れの一員として、彼の俊速さも瞬発力も全部見ていて知っていて、そんなに劣るトナカイだとも思ってはいなかったのだ。
 ただ、子供の数が少なくて、トナカイをやっていながら、その俊敏さをなかなか活かせないという点で、ふがいない思いをしているのは、先輩のトナカイも一緒だったし、同じ気持ちだった。

 「群れを抜けるっていってもなー、走る気力が起こらなかったら、この先どこで何を引っ張っても、今と同じ繰り返しだと、俺はそう思うんだ……幸せになれるかというと、そうでもないかも知れない……」
 「僕は、他の業界を知らなくて……」
 「よっぽど脚に自身があるとか、鼻が利くとか、なにか取り柄がないと、他でソリを引こうと思っても、なかなか難しいんじゃないか?」
 「でもですね、サンタさんは最近、家で酒乱だし、愚痴ばかりこぼすし、僕らに必要以上にムチ打つし、もう背中が痛くてたまらないんです」
 「……まあ、サンタさんも、トナカイにムチ打つのは仕事でやってるだけだからね。俺たちが憎くてムチ打ってるんじゃないんだと思うよ。もしそうでなかったら、私生活まで俺らをムチ打ってるはずだから」
 「子供たちにこれ以上、ウソを言うのがイヤなんですよ……僕は本当のことが言いたい……サンタさんはいい人です、夢のあるプレゼントを持って飛んできます……そんなはずないじゃないですか実際のところを見てたら……」
 「まあ、サンタさんも人間なのかも知れないな……そりゃあ、子供相手だから、これは実は去年の残り物のプレゼントですとか、実は一度地面に落としてぶつけたプレゼントなんです……って、正直なことばかり言えるはずないじゃんか……俺たちは夢を売る仕事なんだから……子供を幻滅させちゃダメだって」
 「でも嘘はいけないと思うんです……もし自分が子供の立場だったら……」
 「……どうせつくなら、上手な嘘をつこうよ。夢をこわさないように……気分良く子供を満足させられるように……運送途中で起こったすべての出来事を、敢えてつまびらかにする必要も無いんだよ」
 「そんなもんですかねえ」
 「そんなもんだと思うよ」

 サンタさんは、自宅ではパイプばかりを何度も吸っていた。加えて、睡眠薬代わりにあおる、お気に入りのバーボンの量が、昔に比べてかなり増えているようだった。

 良い子はどこにいるんだろう……こうのとりさんは、なぜこの街に来ないのだろう……数少ない子供たちをどうやって探せばいいんだろう……走り方が悪いのか、届け方が悪いのか、プレゼントが悪いのか、プレゼントの包装が古くなってしまったのか、そもそもサンタクロースという仕事は時代にそぐわないのだろうかとか、様々なことを走りながら考えていた……

 12月25日、午前0時……北米防空司令部が、ノルウェーを出発した今年最初のサンタクロースとトナカイの一団の姿を、レーダーで確認した。人工衛星は彼らの働きをつぶさに司令部へ報告し、ウェブサイトを通じて世界中にその存在を知らしめた。

 トナカイは一団となって闇夜を切り裂き、星をたよりに天を駆けてゆく……子供の眠りを妨げないように、子供の夢をこわさないように、子供が目覚めようとする前に、明日を待つ子供のもとへと着実に、正確に……

 「僕は何だか、ここでトナカイをやっていて良かったと思えるようになってきました」
 「たとえ悪ガキだって、ガキ大将だって、あれでいて内心喜んでいると思うよ」
 「大事に使ってくれるといいですね、プレゼント」
 「……お前、鼻が赤いよ」
 「……だって、さっきまで泣いてましたから」

 街角に、少子高齢化のニュースが流れるたびに、嘆き、胸を痛める人たちがいる。それは、世界各地でサンタクロース業をいとなんでいる、個人商店主たちだ。



読者登録

田所稲造さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について