閉じる


四阿山

長野県と群馬県の県境にある山で、長野市や須坂市、上田市街からのアクセスも良い百名山。「吾妻山・吾嬬山」と呼ばれることもあり、嬬恋村では吾妻山と呼ぶこともあるせいか頂上には両方の標がある。
近くの根子岳や奇妙山などと四阿火山を形成しており、草津白根山や浅間山などの火山も近くに聳えている。山腹には大きな安山岩の塊がいくつもある。

 

日本百名山・信州百名山・群馬百名山・信州百名山

標高:2,454m

所在地:長野県上田市・須坂市、群馬県嬬恋村


四阿山レポート

上田市の菅平高原から望む四阿山は
日本百名山で標高2354mほどの山。

近所ではわりと根子岳の名前は聞くのだけれど、県外から訪れる人からは四阿山の名前をよく聞く。
群馬からの登山道や、米子大瀑布からの登山道、須坂の峰の原高原からの登山道など、
いくつものルートがあって、しかも四阿山の頂上から根子岳へ尾根を伝っていけることも
魅力の一つだと思う。

長野市からも近いし、百名山といえども身近な山のひとつ。

もうシーズンも終わりに近いのだけれど、この山へチャレンジすることになり、
朝7時に須坂で集合して、菅平の登山道へ向かった。
高原牧場


通り道の菅平高原管理事務所で通行料金を払うつもりで向かったら、
どうやらこの時季は誰もいないらしい。
気にしながら素通りし、駐車場に車を停めた。

つい先日、降った雪。
まだココにも残っていた。
高原牧場

寒いんだな。と思いつつ、準備を整えて8時頃スタートした。
登山口へ

駐車場から登山口までは200mほどのアスファルト。
左手にはこれから登る四阿山と根子岳が見える。
山
手前には牧場。
きっと暖かい時季には牛さんがいるんだろうな。

登山口

入口には白い看板が立ててあった。
足元は霜が降りて硬く締まっている。
ドロドロになっているより歩きやすい。

牧場の横を過ぎ、小さな沢を越え、だんだんと笹が茂る山の中へ入っていく。

勾配は割と急。
もう紅葉も終わり、落ち葉の季節になったので眺望も良い。
白樺林

葉の落ちた白樺の枝がキレイ。

上田方面

菅平は北信と東信の間にあるので、地形的に両方が望める。
長野市と須坂市と、北は遠く妙高山もよく見え、浅間山の東側がよく見える。


ガツガツと登り進み、ひとつめの目安になる尾根に出た。
根子岳がほぼ同じ高さに見える。
小四阿

進む先の四阿山もだいぶ近く見えてきた。
先を行く登山者も見える。

登山道

足元はだんだんと岩の転がる道になってきて、標高の高い山らしくなってきた。
木が無くなった分、風が強く当たって寒い。
小さなピークの上って下りることを繰り返し、後ろを振り向くと北アルプスと菅平の平地がよく見える。

眺望

そして生えている木は、ちょうど西側だけ雪が解けずに凍みている。

雪

木の間から見える浅間山もとってもキレイ。
浅間山


頂上が近くなると、とってもキレイな階段が敷かれていた。
ところどころ踏み板が外れてはいたけれど、この高さまで来て、この整備され具合は驚いた。
階段
登山道での階段は自分の歩幅で歩けないので、とても疲労する。
頂上までもうひと息というところでのこの用意は、なぜ??と思う。


四阿山には南峰と北峰があるそうだ。
ほとんど標高に違いは無いのだけれど、どちらも小さな社が設けてある。

こちらは南峰。
南峰
菅平からは、こちらが先に見える。

北峰
群馬から登ると先に見える北峰。
西側に石積みがあるのは、やっぱり風対策なのだろうか。
東側からの強い風で飛んでいかないようになのかなと思う。


頂上の標はふたつ立っていた。
頂上
これを見ると登ってきた実感が湧く。
ここまで2時間掛からないくらいだった。

いつものように写真を撮って、少しでも風の避けられるところに腰を掛けた。
コーヒーを入れようと火を付けると、コンロの下が凍り付いてしまう。
きっと気化熱をそのまま地面に伝えているのと、風が強いのと、もともと凍みていたのとで、とっても凍りやすい条件が整っていたんだろうな。
蹴飛ばしてもコンロは動かないので沸いたお湯を掛けて外す。

それにしても頂上からの眺望が良い。
根子岳
西側にある根子岳。
あとでこっちも行く。

群馬方面
群馬の方。
草津白根山や横手もよく見える。
こちらがわのルートは、本当に尾根を伝ってくるようだ。
標高差はそんなにないらしい。

妙高
須坂方面を眺めると、妙高がとてもよく見える。
妙高の後ろは火打山だろうか。

登ってきたところ
つい先ほど登ってきた登山道は、西側がしっかりと凍り付いているのが見えた。
この場所も冬は風が冷たくて厳しいところなのだろう。

菅平
こうやって菅平を見ると、今の季節は落葉松の紅葉がちょうど良い。
北アルプスも見えるし、最高の天気だった。


下山ルートは途中から先ほどと違う道に進んで根子岳を経由して行くことに。
根子岳ルート

下り坂
このルートはとにかく勾配が急で、そんなに長い道では無いのだけれど、雪が残っていて滑る。
足元に細心の注意を払って転ばないように。

下りきると視界が広がり、一面の笹。
もふもふとしているような質感の先に根子岳が見える。
このルートも風を避けてくれる木々が無くて、とにかく強く風が当たる。
根子岳

気温も上がってきたようで、登りでは凍みていた登山道も、ここではドロドロになってきた。
強い風とドロドロで滑る道。
これは予想外に気を遣う。
帽子が飛ばされそうだし、足の裏には土がごっそりだし。
そんな目の前には、大きな岩がいくつか点在している。
きっとこれは白根山の噴火の時にここまで飛んできたのでは無かろうか。
石

石


石の間を抜け、強い風の中、頂上に到着。
振り向けば、さっき登ってきた四阿山が見える。

四阿山
あんなに高い所だったのか。
四阿山からここまで1時間ほど。

頂上の祠

ここも風を避けるところが無くて寒い。
風が強い。
祠の影で風を避けながらご飯。

北側の林
四阿山ほどではないけれど、眺望が良くて、北側の林がキレイだった。

下山
根子岳からの帰りは、比較的緩やかな傾斜が続く。
笹だらけの道から、木に囲まれた道に変わり、駐車場に到着した。
この下山ルートは約30分ほど。


全行程で3時間半。
四阿山から根子岳への縦走ルートで約10.3kmの道のりだった。
10キロ余りを3時間半で歩くというとっても早いペースだった。
平均速度は2.9km/h。
普段の倍に近いスピードだった。

がんばった。


四阿山 登山データ

時季によると思いますが、風が強かったです。それでも東西南北が見渡せる山としては市街地からも近く気軽に景色もトレッキングも楽しめる山です。
ルートもいくつかあるので楽しめると思います。

 

山頂標高 2,354m 距離 10.3km
登山口標高 1,650m 所要時間 3時間30分
登り 菅平高原 下り 根子岳
累計高度 m 歩行速度 2.90km/h
時期 2012年11月  

周辺情報

バッジ

四阿山420円でゲットしたピンバッジ。色がカラフルなバージョン。やはり四阿山は根子岳とセットなのだろうか。。。と思わせるようなデザイン。夏はきっと赤い花が綺麗なんだろう。

 

四阿山

しゃくなげ

420円

四阿山このごつい「四阿山」という文字が印象的なバッジ。ピンでは無く針のタイプ。中心の山が四阿山で、左側は根子岳だと思われる。

 

四阿山

しゃくなげ

420円


この本の内容は以上です。


読者登録

shimashimanoさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について