twitterアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格200円(税込)
カテゴリー 小説・ノンフィクション 文芸 , ヒューマンドラマ 作者 三輪たかし
価格 200円(税込)
タグ 鬱病、パワハラ、スカイツリー
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

1,720 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 14ページ (Web閲覧)
60ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
 この物語はフィクションであり、実在の人物及び団体とは一切関係ありません――吉岡常務のパワハラが重なり、鬱病になった六道優太。それでも優太が加藤えりという天使に支えられコンプライアンス委員会に訴え戦うと、何とか勝利できた。しかし、新たな自分の学歴詐称という落ち度に、優太は退職に追い込まれる。 加藤えりにも愛想を尽かされる。それでも最後には味方が現れ、重要なポストと加藤えりとの愛を復活させるという、優太の闘争の日々を描いた作品。

コメント一覧

最近は良くある話ですが、主人公とヒロインの魅力に惹かれました。 最後までよくまとまっていて感動でした。ありがとうございました。
sekaiheiwa : 2018-10-26 15:36:48

昔は鬱なんてあんまり話題にならなかったのに、人間の生命力が落ちているのか、医学が発達したのか判りませんけど、繊細な人間の心を三輪さん良く書いていますね。某議員のパワハラではないけど、人間をものとしか見ない傲慢さには本当に腹が立ちます。そういうことをちゃんと正しくとらえなければならない時代になったのですね。
masaakim : 2018-07-20 15:46:11

会社員に対するおろかなパワハラパターンの乗り越え方を、教えてもらえたような気がする。 乗り越えていく先にある幸福とはこういうものだと感動した。
kenryoku : 2018-06-22 18:10:22

凄く緊迫感があって面白かった。作者の人生が滲み出ているのでしょうか? パワハラに気をつけないと!遭遇したくないし、自分からも仕掛けたくないですね。
seinentati : 2018-04-06 18:15:49

情景描写に優れ、主人公の心の葛藤に引き込まれました。 六道輪廻ですね!
20180102 : 2018-01-19 16:38:27

パワハラはいけないわ!イジメは大嫌い。エゴイストばかりの社会を変えるのは、多分正しい教育しかないのだと思う。
keikobaba : 2017-11-02 23:22:19

どんなに時代が変わろうと、人間の奥にある愚かさを変えない限りパワハラはなくならないのだろうね。それに人それぞれによってパワハラに見えたり見えなかったり。色々なことを考えさせられた。
20170824 : 2017-09-10 15:01:10

ぶっ飛ばしてやりたい何とか常務。判るよ。こう言うやつ何処にでもいそう。ひょっとして三輪さんの経験談かな?
3453333 : 2017-04-09 14:57:08

おもしろかった。鬱に負けるな!権力に負けるなです。 三輪さんの体験かな?
hinatas : 2017-03-24 20:48:03

私の会社にも同じようなことがありました。 先輩の闘っている姿を見て涙したこともありました。 やっぱり一年ぐらいかかって解決しましたが、その時の笑顔が忘れられないです。 この小説にはそんな心の動きがとてもリアルに描かれていて泣いてしまいました。 ありがとうございました。
373912 : 2017-01-09 15:50:16

facebook コメント一覧