閉じる


<<最初から読む

17 / 49ページ

 

これと対になる男性の肖像画もありました。

 

神話、戦争、装飾過剰な王様、その中に何故この地味な肖像が2枚。

鬘をとり、衣服を脱ぎ、老いた身体でベッドに腰掛ける

孤独の王様の姿が見えるような気がします。


 

閣議の間

壁面の装飾が優美です。


 

ところがアップにすると、、、どうしてもこう言う柄を入れたいのね。


さて、先述の意外な事実。

いま、天井から吊るされているシャンデリアは、19世紀後半ごろに作られたもので、

この燭台はなんと、マリー・アントワネットのお輿入れの時のもの、そのもの!

と聞かされて、気合いを入れ直して撮影した1枚。



読者登録

真下魚名さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について