閉じる


試し読みできます

 切り立つような断崖を背にして建てられた石造りの岩窟神殿の前に、神官たちに付き添われ、七人の着飾った娘たちが立っている。「神の花嫁」と呼ばれる巫女の候補者として選ばれただけあって、美しい娘ばかりだ。

 誇らかな笑みをたたえた娘たちの中で、ただひとり、顔を強張らせ、神殿をにらみつけている娘がいる。黒い髪と茶色の瞳の勝ち気そうな娘で、名はサシャという。美貌のゆえに選ばれたのだと信じて疑わぬ娘たちのなかで彼女だけが、自分たちは売られたのだと気づいていた。

 サシャは幼いころに両親を亡くし、遠縁の猟師の一家に身を寄せていた。サシャが巫女候補に選ばれたのと引き換えに、猟師は数枚の金貨を手に入れた。他の六人も、身寄りがないか、あるいは家族の愛よりもパンの方が大切なほど貧しい家の娘たちだった。

 神殿に祀られているのは荒ぶれる災いの神エデシュである。神に外を出歩かれては災いが撒き散らされるがゆえに、人々は神を崇め、壮麗な神殿を築いたのだった。神を神殿に封じ込め、外に出ようという気を起こさせないように、神に仕え、神をなだめる花嫁の巫女を選ぶ儀式が今から始まろうとしている。

「これはいけにえじゃないの」

 サシャがつぶやくのを聞きとがめて、神官たちがじろりとにらんだ。

 サシャとて、猟師の家に戻りたいわけではない。養家では、子供のころから肩身の狭い思いをしてきたし、こき使われもした。猟師の息子たちの好色な視線も不愉快だった。いつか出て行くつもりをしていたが、巫女になるなどまっぴらだ。いくら猟師の家を出て、食べ物の不自由のない生活が約束されていても、一生を神殿の薄闇に閉じ込められて暮らす気にはなれない。金貨と引き換えに売られたと知っているだけに、サシャの憤りは倍加していた。

 それに、七人の中に、エデシュ神の気に入る娘がひとりもなければ、花嫁を与えられなかった神の怒りを静めるために七人とも殺されることになっている。そんなことは何百年もの昔に一度あったきりだというが、それこそ本物のいけにえだ。

 七人の娘を促して表神殿の広間に入ると、神宮たちは、エデシュ神の坐す奥神殿につづく扉に向かって祈りを捧げた。この神殿には神の像はない。奥神殿につづく扉の脇に祭壇があるだけだ。災いの神は、はるか昔から地下に封じられており、あまりにも恐ろしい姿なので、巫女以外の者が神の姿を知れば災いがふりかかると言われている。

 神官たちは、祭壇で神に捧げるいけにえの羊を屠ると、呪文のような祈りの文句とともに扉を開いた。凶暴な獣のあぎとのように見える奥神殿への入り口を前にして、誇らかだった娘たちの顔に初めて恐怖がよぎった。

 神官たちに追い立てられ、娘たちは緊張と不安に震えながら奥神殿の暗黒の中へと足を踏み入れる。

 天然の洞窟を利用して造られた奥神殿の通廊は、曲がりくねった下り坂となって、果てしなく続いている。神官たちの持つ松明を頼りに、暗黒の通廊を下へ下へと進むうちに、娘たちの聞から、すすり泣きがもれ始めた。

 どれほど下ったろうか。一行はかなり広い部屋にたどり着いた。神官たちが地上へと戻っていき、暗闇の中に七人だけが取り残されると、幸せとは言えない境遇からの逃避と安楽な生活を夢見て巫女になりたがっていた娘たちは、すっかり気が変わっていた。

 今夜巫女を選ぶのは、ここよりもさらに地下深くに封じられた災いの神。だれもが、神のお眼鏡にかないませんようにと切実に願っていた。だが、ひとりも神に気に入られないと七人とも殺されてしまうゆえ、娘たちはみな、心の底で他の娘の不運を望んでいた。

 目が慣れてみれば、この部屋はまったくの暗闇というわけでもない。石の壁に生えたヒカリゴケの明かりで周囲がぼんやりと見てとれる。娘たちはひとところに集まって、心細げに震えている。

「何とか逃げ出せないものかしら」

 サシャがつぶやくと、娘たちが泣き声で口々に答えた。

「すぐに見つかるわ」

「みんな殺されてしまうわよ」

 神殿の前では、新しい巫女の誕生を待って、神官たちが一晩じゅう祈りを捧げているはずだ。たしかに逃げるのは難しい。

「わたしたちは七人よ。神官よりも頭数は多いわ。殴って気絶させて逃げるのよ」

 サシャの言葉に、今度はだれも答えない。すすり泣きだけが周囲の静寂を破っている。そのすすり泣きもいつしか聞こえなくなっていった。

「ちょっと、みんな、眠っちゃったの?」

 サシャの呼びかけにも、周囲はしんと静まりかえっている。

「あきれた。よくこんな時に眠れるわね。みんな、なんて神経が太いの」

 不安を打ち消すように、サシャはわざと陽気な声を上げたが、相変わらずだれも答えない。みなの眠りに何か超自然の力が働いていると、サシャはうすうす気づきかけた。

「もうたくさん。わたしは逃げるわよ」

 言い捨てると、サシャは、手探りとヒカリゴケの明かりを頼りに出口を探した。まもなく壁と同じ石材で造られた扉を見つけ、押し開けて部屋を出たが、そのとたん、足元の段差に気づかず前のめりになった。

 あやうく転びかけたとき、だれかがサシャの体を受け止めた。

 驚いたサシャの顔のすぐそばに、ヒカリゴケのかすかな明かりに照らされて、闇に溶け込むかのような黒い髪にふちどられた若い男の顔がほの白く浮かび上がった。この世にこれほど美しい男があろうかと驚くほどの若者の美貌と、まっすぐ見つめる黒い瞳に、サシャは頼を赤らめた。

「あなたはだれよ? 何でこんなところにいるの?」

 サシャの問いに、若者は返事に困ったように微笑した。

「ここは災いの神さまの神殿よ。見つかったら大変だわ。さっさと逃げるのよ」

「逃げられない」

「何言ってるの。殺されるわよ」

 よく考えてみれば、災いの神エデシュででもなければ、こんなところにいるはずはないのだが、若者の悲しげなほど繊細な美しい顔立ちは、サシャの頭の中で、恐ろしい災いの神とは結びつかない。神殿の奥に迷いこんだ旅人に違いないと、サシャは思いこんだ。

 若者はそっと手を伸ばし、サシャの頼に触れた。若者の美貌に魅せられていたサシャは、抗うことも忘れて彼を見つめた。若者の魂がサシャの魂に触れ、差し招いた。若者の魂の凍りつくほどの孤独と、孤独よりも深い悲しみに、サシャは打ちのめされ、こんなふうに人の魂と魂がじかに触れ合うことのふしぎさにさえ考え及ばなかった。

 若者の魂はサシャの魂を欲し、導かれるままに、彼女の魂はするりと体を抜け出て若者についていった。魂の抜け出た後の体はその場に残されたのだが、サシャは、自分の魂が体を離れたことにも、若者もまた体を持たぬ魂だけの存在であることにも、まったく気づいていない。しだいに地下へと下っていることへの疑念さえ、サシャの念頭には浮かばない。サシャは、ただ若者の悲しみを癒すことだけを考えていた。

 いつしかサシャと若者の二つの魂は、互いを欲し、融合した。互いの孤独と愛と悲しみ、快楽と怒り、魂のすべてが一つに溶け合い、かつて味わったことのない至福の時の後に、サシャは若者のすべてを理解した。

「ペテンだわ」

 闇の中で身を起こし、サシャが言った。いまやサシャは若者の正体を悟っていた。

「わたしは人間だと言った覚えはない」

 言い伝えとは違って美しい災いの神エデシュは、心外そうに答えた。

「神さまだとも言わなかったわよ。これで、わたしは一生囚われの身になってしまったわ」

「わたしは人間の一生の何百倍ものあいだ地下に封じ込められている。好きでこんな暗い所に住んでいるのではない」

「わたしを巻き添えにしなくてもいいじゃないの」

「花嫁を差し出せと、わたしのほうから人間に要求した覚えはない。おまえを花嫁に選ばなければ、七人とも神官に殺されただろう」

「ほかの娘を選ぺばよかったのに」

「七人のなかでわたしの精神と共鳴したのはおまえだけだ。ほかの娘では巫女は務まらぬ」

 サシャは不機嫌そうにぷいと立ち上がると、ふり返りもせずに元の部屋に戻っていった。

 部屋の中央に自分の体が横たえられ、六人の娘と松明を掲げた神官たちが取り囲んでいるのを見ても、サシャは驚かなかった。エデシュ神に導かれた時、自分の魂が体から抜け出したのだと、今ではサシャは知っていた。

 サシャの魂は横たわった体にすっと引き込まれた。サシャが目覚めて起き上がると、神官たちが深々と頭を下げてひざまずき、娘たちは安堵と同情と畏怖の入り混じった視線を向ける。巫女選びの儀式は終わったのだ。

 神官と娘たちが立ち去ったのち、サシャは、先ほど神に導かれたときの感覚を思い出そうとした。

 言い伝えでは、神に導かれてひとたび体から離れるこつを覚えた巫女の魂は、次から自力で体を離れることができるようになると言われている。少し時間がかかり、ぎこちなくはあったが、サシャの魂はふたたび体から抜け出し、エデシュ神のもとへと降りていった。

 サシャはもう神を許していた。神の孤独と愛、悲しみと怒り、魂のすべてを共有し、至福の時をともに過ごした後で、憎むことなどできなかった。美貌の災いの神もまた、サシャが心底から怒ってはいないことをとっくに知っており、花嫁を出迎えた。少なくともそこには、サシャが村の人間たちからは決して得られなかった、確かな魂の粋があった。


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格50円(税込)
絵画 』 『 赤の領主と黒の兵士 』 『 今はもう失われた民の神話 』 を購入した方は 40円(税込)

読者登録

other-worldさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について