閉じる


試し読みできます

引き寄せの法則に出逢うまで

私は大手企業の下で働いてました。

自分の声は違うものがあったけど、周りの人達に合わせて、

ただ何となく就職してしまった、そんな感じです。

ただ、自分の声に従わないまま仕事をするのは、

やっぱりストレスになってしまいました。

最愛の人とも別れてしまいました。

 

そして、、、

 

身体表現性自律神経機能不全。


精神的ストレスとかが原因で、自律神経が異常になって、
身体のどこかに影響がでちゃう病気です。
4年前に、この病気にかかって、
それがモロに胃に現れてしまって、
何を食べても吐いちゃう、
横になっても気持ち悪くなるという
状態になってしまいました。

食べることすら、トラウマになってしまいました。

その一ヶ月くらい前から、ご飯を残すようになって、
気がついたら食が細くなってきて、もうボロボロ。
最寄りの駅に行くのにも気持ち悪くなってました。
心療内科に行って、薬ももらいました。

 

まさに人生のどん底。

 

何にでもすがりたくて、そして、心を落ち着けたくて、

自宅療養中は、読書をして過ごそうと思いました。

 

その時に、ロンダ・バーンさんの本

「ザ・シークレット」に出逢いました。

 

当時の私は、

スピリチュアルなものを全て信じてませんでした。

その状態から、この本を読むことで、

引き寄せの法則を通して、

人生の底に落ちてしまったけど、

一からやり直そうって思えるようになりました。

 

ただ、この法則は、

知っているだけでは、当然、何も変わりません。

 

それを知って、私がどう実践してるか、

それを、ココに記したいと思います。

 

ココには、引き寄せの法則を介して、

スピリチュアルな世界のお話を

沢山、旅して、感じた色々なこと、

それを記したいと思います。

 

初めまして。タルです。

読んで頂いてありがとうございます。


試し読みできます

引き寄せの法則を実践して

引き寄せの法則。

 

「欲しいもの、したいこと、なりたいもの、

 何でも叶います。」

 

億万長者は、「引き寄せの法則」を使って、
望みを次々と実現したといいます。

人生で自分に起きている事は、
全て、自分が引き寄せている。
自分が思い、イメージすることが、
自分に引き寄せられてくる。

だから、これから
何かイイコトが起きるかもって
ワクワクした状態でいると、
イイコトが引き寄せられて起きるし、
何か嫌な予感がするままでいると、
本当に嫌なことが起きてしまう、
それが引き寄せの法則です。

自分が実現したい望みを
いつも心に念じておくと、
実現に向けたことが次々と
引き寄せられていきます。

日々心がける為に、壁に
自分の願いや、なりたい自分を
言葉にして、紙に書いて貼りました。
これを見た時に、それを
頭で考えるという習慣をつけました。

 

 

その習慣を、ある程度続けてましたが、

なかなか結果が出てきません。

 

結果が出てこないことに対して、

それをマイナスに考えてしまうと、

マイナスの結果が引き寄せられる、

だから、その意識を忘れ、

プラスの意識を集中しようとします。

 

それでも、結果は出てきませんでした。

 

 

確かに、思考を変える事により、

何かがあるのは確かだと思いました。

その何かは、つまり、

新しい結果を得る為には、

もっと他のことをしなければならないのではないか。

 

それを知りたくて、

引き寄せの法則を実践しつつ、

他の本も読んでみることにしました。

 

どん底で引きこもっていた私ですが、

調べてみようとか、外の世界、

宇宙の世界に興味を持ち、人生に対する

意欲が出てきたのは間違いありません。


試し読みできます

原因と結果の法則

多くの人は、

豊かな生活を送っている自分を想像していれば、

自分が裕福になれる。

 

確かに、それも重要なことですが、

必要なのは、それだけではないということを知りました。

 

Dr.メル・ギルさんの本「メタ・シークレット」には、

引き寄せの法則は、

大きく7つあるメタ・シークレットの1つでしかない、

前菜だと思えば良いと書いてあります。

 

その中で、重要な法則があります。

それは、「原因と結果の法則」です。

 

この世界で起きていることに、偶然は一つもないということです。

結果があるのは、全て原因があるからです。

原因があるのは、自分が行動して原因を生み出したからです。

つまり、結果を出す為には、

何があっても行動し、行動しなければなりません。

行動が必要なのです。


行動を起こす際に、前向きな思考をすることが必要です。
思考の質によって、結果が大きく異なります。
もし破壊的な思考や調和を失った思考をしてしまった場合、
それに対応する結果が生み出されてしまいます。
逆も然りです。

 

 

あるセミナーで、こんなお話がありました。

ハリーポッターの著者J・K・ローリングのお話です。

 

J・K・ローリングがハリーポッターの構想が浮かんだのは、

電車の中で居眠りしそうな時、だったそうです。

無意識な心の作用により、ハリーポッターが生まれました。

 

小説を書いて、これは大ヒットするかもって思っても、
思っているだけでは大ヒットはしませんでした。
そこで、J・K・ローリングは行動に出ます。
出版社に、自分の小説を売り込んだそうです。
出版社には断られ、別の出版社へ、
それを繰り返し、100社以上を回ったそうです。
そして、1つの出版社と出逢い、出版、
結果、大成功することになりました。

 


数々の出版社に売り込むという行動があり、結果があります。
何度断られても、まだまだ諦めないという前向きな思考を行い、
前向きな行動をしたことによって、成功を得られました。
確かに、自分の成功を信じ続ける、引き寄せの法則も必要です。
ただし、結果を出す為には、行動しなければなりません。
行動することで数多くの事を学びます。
学んで、行動して、学んで、行動する必要があります。


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格77円(税込)

読者登録

タルさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について