目次
はじめに
火あぶり地蔵とカタストロフィー願望 2012年10月15日号
ムクドリの群れ。迷惑と魅力 2012年11月15日号
よさこいの必須科目と共通言語 2012年12月15日号
そうか公園の水鳥の楽園 2013年1月5日号
ロボットプロレスを草加から世界に発信 2013年1月15号
草加市歌はスイングしてる 2013年2月15号
谷塚の地名から古代が見える 2013年2月15日号
寝そべって走る自転車、リカンベント 2013年2月25日号
浅間神社に富士山がある 2013年3月15日号
女子プロレスラー米山香織選手のストーリー 2013年4月15日号
辰井川をさかのぼる冒険 2013年4月15日号
クルーザーと戯れるイルカの群れ 2013年5月15日号
草加文化会館敷地内にある大きな樽 2013年6月5日号
ニュースポーツを体験しよう! 2013年6月15日号
神輿の作法 2013年7月15日号
ヤンキー文化が発する 街おこしのメッセージ 2013年8月15日号
今、町工場が熱くなっていること 2013年9月15日号
浅草で父娘活弁士、麻生八咫(やた)・子八咫(こやた)の舞台を堪能 2013年9月25日号
「100円商店街」のワークショップ 2013年10月15日号
草加ふささら祭り「踊るん♪よさこい」レポート 2013年11月5日号
「今様・草加宿」市民推進会議は草加の代表チーム 2013年11月15日号
奥付
奥付

閉じる


試し読みできます

はじめに

 ふだん生活しているこの「草加市」のことを、あなたはどれくらいご存じですか?

 

 この電子書籍は、草加市のタウン誌「草生人」から派生した、「草生人メールマガジン」に月1、2回掲載中の「草生人」スタッフ、じつに彰氏による、草加市の「発見」コラムです。

 本誌では「そうか小ばなし」という、ちょっと不思議なコラムを連載しています。

 記事のいくつかは「試し読み」が可能になっていますので、ぜひお読みになって下さい。

 そして、気に入ったら購入をお願いいたします。

 

 本誌「草生人」については以下をどうぞ。

 じつに彰(染谷彰)氏のコラム集「そうか小ばなし」がamazonから出ていますので、こちらもぜひぜひどうぞ。「草生人」本誌連載の「そうか小ばなし」と同じ雰囲気を持つ本です。


試し読みできます

よさこいの必須科目と共通言語 2012年12月15日号

 11月4日(日)、草加ふささら祭り2日目、綾瀬川左岸広場のメインステージと、パレードのために開放された道路(県道足立越谷線)では、「踊るん♪よさこい」というイベントが行われていた。埼玉県内と近県から、そして福島からも、よさこいチーム35団体が集結した。パンフレットによると踊り子は総勢2000人ということだ。

 日が傾いてメインステージプログラムの最後にかかったとき、草加のよさこいチーム7連が急きょ招集された。ステージ上と前に子供も大人もずらーっと並び、1つの演舞が始まった。演目は「心ひとつに」だ。

「心ひとつに」は2010年に「草加よさこいを育てる会」が発表した草加よさこいのテーマソング。市内の大小の様々なお祭りによさこいが登場すると必ず見聞きする、市民にはすっかりなじんだ演目だ。

 

 動画「心ひとつに~by 草加よさこいを育てる会」

 

 つまり草加のよさこい関係者ならみんな踊れる必須科目。これが草加のよさこいだ、と誇れて、草加がひとつになれる土台だ。

 数百人による「心ひとつに」は力強かった。

 表彰式のあと、フィナーレの総踊りが始まった。曲目は「うらじゃ音頭」というタイトル。

 2000人がいっせいに踊る。弾むリズムと陽気なメロディで盛り上がりつつ、ああこれで終わってしまうというせつなさも漂い、簡単でダイナミックな振り付けの、つまりフィナーレにもってこいの演目。

 手をつないで、何人かずつの輪になって踊る場面がある。曲が進むうちに輪が融合して大きくなる。最後には客席を取り囲む巨大な輪になっていた。

 輪の外では、各連の旗師が大きく振り回す色とりどりの数十本の旗が乱舞している。その迫力も見ごたえがあった

 感動してしまった。よさこいを甘く見ていた。

 「うらじゃ音頭」は、どうやらだれでも踊れて、だれとでも手をつなげて、間違いなく盛り上がるテッパンの演目らしい。

 調べてみたところ、これは岡山県の「おかやま桃太郎まつり」の一環として開催される「うらじゃ」というお祭りのメインテーマだとわかった。

 

 動画「総踊り4 岡山うらじゃ2012 mususukunjp

 

 岡山からはるばる草加に伝来し、お祭りを盛り上げてくれた「うらじゃ音頭」。おそらくこの演目は、日本全国のよさこいのフィナーレで活躍しているに違いない。

 広告でもタイアップでもなく、チームからチームへ、祭りから祭りへと直に伝えられた、よさこい界の共通言語のひとつが「うらじゃ音頭」なのだ。

 よさこい祭りは高知で1954年(昭和29年)に徳島の阿波踊りに対抗して始まった。400年の歴史があるという阿波踊りに比べれば、ほんの最近始まったばかりのお祭りだ。

 そして1992年に始まった札幌の「YOSAKOIソーラン祭り」をきっかけにして、急激に日本中に広まった。

 日本各地で1年間に開催されるよさこい祭りの数は、すでに全国各地にある阿波踊りの祭りを遙かにしのぐらしい。

 

 今、日本中の街で、すごい勢いでよさこいチームやよさこい祭りが誕生しているのだ。B級グルメやローカルアイドルもそうだが、よさこいも地域振興の目玉になっているのだろう。そしてよさこいは、地域同志が手をつなぎ感動を共有することにも貢献しているのだ。

 

関連リンク

Wikipedia「よさこい祭り」

Wikipedia「YOSAKOI」

Wikipedia「うらじゃ」

●草加よさこい公式Webサイト http://www.soka-yosakoi.com/Pages/default.aspx


試し読みできます

そうか公園の水鳥の楽園 2013年1月5日号

 年末の午後、写真が趣味の娘につきあってそうか公園に行った。広い敷地を歩いていれば何かいい撮影対象があるだろうと思ったのだ。

  そしてひょうたん型の「修景池」で、格好の撮影対象に出会った。対岸付近で大騒ぎしている無数の水鳥だ。岸辺にいる親子が餌を撒いているのだった。

  娘はあわてて対岸へ走った。

  水上にいる数種類の水鳥はカモの仲間だろうか。小さい女の子が投げ入れる餌を求めて殺到する鳥たちのアップや集合写真、そしていい表情を求めて娘はシャッターを切った。

 滑空して着水し餌を強奪する白い鳥もいる。1度など女の子のお父さんがまだ手に持っているパン切れ目がけて飛んだまま直に奪い取る場面もあった。

 シャッターチャンスの連続に娘は熱中した。水鳥たちの饗宴を遠巻きに見ているカラスやハトたちには目もくれなかった。

 撮った写真は数百枚に達していた。

 

 あとで調べたら、どうやらそうか公園修景池は野鳥の楽園らしい。

 「しらこばとNETWORK」というサイトの「そうか公園(草加市)」というページには、そうか公園と周りの柿ノ木田んぼに生息している野鳥として、カモ(ホシハジロ、カルガモ、キンクロハジロ、ハシビロガモ、コガモ、オナガガモ、ヒドリガモ、マガモ)、カワウ、ゴイサギ、アマサギ、ダイサギ、コサギ、ムナグロ、コアジサシなどの名前が挙げられている。

 灰色と茶色の交じった羽の色の鳥がたくさんいたが、あれはカルガモらしい。

 手から直接パンを奪い取った白くてきれいな鳥はユリカモメであることもわかった。

 池の中の小さな島の木の陰に大きな白い鳥が潜んでいた。しばらくしてゆったりと羽ばたいて空高く去って行ったが、あれはダイサギという鳥だったかもしれない。

 今度撮影に行くときは図鑑を持って行こう。


試し読みできます

ロボットプロレスを草加から世界に発信 2013年1月15号

 2012年11月3日、綾瀬川左岸広場では「草加ふささら祭り」と同時開催の「草加商工会議所まつり」が開かれていた。その片隅に「ロボットプロレス」の会場があった。もともとロボットにもプロレスにもそれほど強い関心はなかったのでちらっと見て通り過ぎようと思ったのだが、見始めたらすぐにくぎ付けになった。

 ロボットが二足歩行したり踊ったりして話題をさらったのは何年前だったか。ここ草加でロボットプロレスを披露するロボットたちは、歩くし踊るしそれどころか殴る、キックする、反り返って投げる(ジャーマン・スープレックス・ホールドというそうだ)。そしてギャグの身振りまで繰り出すのだ。ロボット技術はこんなに高く広く進歩していたのかと驚いた。

 リングアナウンサーの太く歯切れいい声と解説者の軽妙な声のやり取りもプロっぽく、試合の盛り上げに大いに貢献していた(しきりにプロレスラーの名前や名場面を引用するので、プロレスに詳しい人ならもっと楽しめたかもしれない)。

 次々と出てくるロボットたちの個性と高度な演出で作り上げられた完成度の高いエンターテインメント。リングを取り囲む観客たちは大いに笑い、喝采した。

 年が明けて1月4日、NHKのテレビ番組「特ダネ!投稿DO画」でこの草加ロボットプロレスが紹介されたようだ。後日NHKオンラインのサイトに動画がアップされていた。ロボットプロレスの素晴らしさが改めて確認できた。(https://www.youtube.com/watch?v=xMGnOMKDmsk

 映像の中にロボットプロレス主催者へのインタビューがあった。ミステル・タマオ総統と名乗る怪しい覆面男。「大学でロボット技術を学んだタマオ総統。普段はゲームメーカーで働いているそうです」というナレーション。

 ミステル・タマオ総統は、全国からロボットアーティストたちを集結させることのできる熱いプロデューサーだ。ロボットプロレス「できんのか!」オフィシャルサイトも運営している。

 ちなみに「ITmedia ガジェット」というサイトで、ロボットプロレスの主催者「小俣氏」(小俣善史氏)へのインタビューがある。インタビューが始まると、小俣氏は覆面をかぶって「ミステル・タマオ総統」に変身した。

 さて上記の「できんのか!」オフィシャルのサイトには動画が貼られている。去る11月3日のロボットプロレス、『第3回天下ネジ武道会』の告知動画だ。顔を出して告知を行っているのは「ねじあさい」と名乗る人物。彼は草加市内でネジ製造の浅井製作所を経営する浅井英夫氏。ロボットプロレスのための技術協力をはじめ、さまざまな面から草加のロボットに尽力している。

 ミステル・タマオ総統(小俣善史氏)とねじあさい氏(浅井英夫氏)の2人のキーマンが登場した。

 もう一人のキーマンがいる。小俣克彦氏だ。

 草加商工会議所のサイトで、落語家三遊亭春馬氏がロボットプロレスの紹介をしている。

 

「草加商工会議所まつりではロボットフェスティバルと題して『ロボットプロレス』をご紹介しております。これは会議所まつり企画イベント部会長である小俣克彦さんが『ロボットを通して子供達にモノづくりを』との思いから5年前から始まったもの。」

(「三遊亭春馬のそうかソムリエ」より)

 

 小俣克彦氏は草加市内の金属加工業「東京製鎖株式会社」を1969年から経営するかたわら、草加の産業推進やまちづくりに寄与している方だ。

 ロボットプロレスは、草加から世界に発信する、草加の産業界の夢を託された文化なのだ。

 

関連リンク

●YouTube「Robot Pro-Wrestling Dekinnoka! Channel」
https://www.youtube.com/user/atamo21

●ITmediaガジェット「1機50万円のロボットがマットに叩き付けられる!? ロボットプロレスは過激なエンタテインメントだった!! 」

http://gadget.itmedia.co.jp/gg/articles/1112/20/news092.html


試し読みできます

寝そべって走る自転車、リカンベント 2013年2月25日号

 草加市弁天に「日本教育備品」という会社がある。学校や学習塾用の机や椅子を中心とした備品を製造販売している。

 

 ホームページを見ると、机、椅子、黒板などの主力商品の写真つきメニューが並んでいるが、いちばん下までスクロールするとちょっと変わった自転車の写真がある。
「NiKIRIN Recumbent 椅子に腰掛けた姿勢で走る、愉快な乗り物の紹介です。」という説明が添えられている。
 リカンベントという変わった自転車をこの会社は取り扱っているのである。

 

 同社のホームページによると、リカンベントとは「椅子に寄りかかるような姿勢で乗る自転車」とのこと。
 寝そべった姿勢で乗るため、空気抵抗が少なく、楽にスピードが出せるようだ。
 同社では毎月試乗会を開催して、リカンベントの普及に努めている。
 初めてだと難しそうだが、みなさん意外に簡単に乗りこなせるようになっている模様。

 リカンベントについて調べたら、愛好する著名人たちがいることがわかった。
 たとえば落語家桂文枝氏(2012年に襲名するまで桂三枝)の名前が挙がる。

 

 そういえば昨年9月、「徹子の部屋」に出演したときの放映をたまたま見たのを思い出した。
 あまりスポーツをたしなまない文枝氏が唯一楽しんでいるのがリカンベントだと、話していた。
 サイクリングウェアとヘルメットを身に着けて、淀川沿いを悠々と寝そべりながらリカンベントを漕いでいる映像が流れた。いかにも楽しそうだった。

 

 ミュージシャン平沢進氏は日常的にリカンベントを使用しているという。
「RIDE THE BLUE LIMBO」という曲のミュージックビデオで自身がリカンベントに乗っているシーンが収められている。曲調ともあいまって、リカンベントは未来の乗り物のように見える。

 

 ノンフィクション作家、科学ジャーナリストである松浦晋也氏。ブログや著書でしばしばリカンベントの魅力に言及している。
 松浦氏は技術史、文明史の観点からこれからの乗り物としてリカンベントに可能性を見出しており、また自身も日常的にリカンベントを愛用している。


リカンベントには“必死”という言葉は似合わない。リラックスできる乗車姿勢で、目の前の道路から頭上の空までの広い視界を楽しみつつ、ゆったりと乗って、なおかつ適度に速いというのがリカンベントの楽しさであり、便利さでもある。
(「リカンベントに乗ってみようよ(松浦晋也のモビリティ・ビジョン)」より)

http://archive.wiredvision.co.jp/blog/matsuura/200901/200901231330.html


 知れば知るほど興味がわくリカンベント。これはもう試しに乗ってみるしかないだろう。

 日本教育備品に連絡すれば試乗会に参加できるようだ。

 


補足)

草生人 2013年初夏号「自転車特集号」にて取材させていただきました。
PDFファイルはこちらから:http://www.asymos.com/soseijin/isuue/



読者登録

ASYMOSさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について