閉じる


<<最初から読む

36 / 58ページ

 

ルイ14世

ローマ皇帝の出で立ち

 

このヴェルサイユ宮殿自体がギリシア・ローマへの復古調の大きな舞台装置だとしたら、

それはキリスト教会以前の世界、秩序への回帰。中世の否定とも考えられる。

ナポレオンが司教からの戴冠を拒否したのって、彼自身の発明では無いってことだ。


ヴィーナスの間の天井画


騙し絵、と説明されていたけど”遊び心”のようなものだろう。

円柱の様式がギリシアの神殿ふうでこの宮殿とは違う。



読者登録

真下魚名さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について