閉じる


<<最初から読む

31 / 58ページ

 

ヘラクレスの間の天井画

例え外が雨でも、ここは天国に通じる青空が広がっている。


 

色大理石!

実物見たのは始めてかも。

そして質素な画題に、超豪華絢爛の額縁。

やっぱり、美意識の何かが違う気がする。


 

「シモンの家の宴」

一応説明は聞いたけど、右はいい人たちで、左はそうではない人らしい。

イエスの顔の向きがポイントだそうだ。

いい絵だなあ。マグダラのマリアかと思ったがそれは違うそう。


い、色大理石の色がまた微妙に違うところが。

しかも曲面の削り出し。

まるで高級料理店がマグロの一番美味しいところだけを客にだして、

後は捨てるみたいな、、、違うか。



読者登録

真下魚名さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について