閉じる


序章 Birthday

試し読みできます

-


試し読みできます

序章 Birthday

 

 二年と少しまえの十一月五日。

 亜夜(あや)は十六歳の誕生日を迎えた。

 葉っぱを散らして木がすかすかになりつつある季節。なんとなくさみしくさせられて、風は冷たくなっていく。ただ、この日だけは寒いということもさみしいということも忘れる。

 それなのに――。

 

 聖央(せいおう)がクラブを終えて帰宅した頃を見計らい、玄関を出て歩道に立ったとたん、亜夜はちょうどどこか出かけようとしている聖央の後ろ姿を捉(とら)えた。

 嫌な予感がする。

「セーオー、どこ行くの?」

 亜夜が急いで呼びかけると聖央は足を止め、ゆっくり振り返って息をついた。離れているのにここまで音が届いてきそうな吐息は、きっと出かけることを亜夜に悟られたくなかった証拠だ。

「ブレイズの試合を見にいく。チケットをもらったんだ」

「じゃ、あたしも行く!」

「バカ。今日は取材兼ねてってことなんだ。遊びで行くんじゃない。それに、チケットは完売してて余分にはない」

 亜夜の鼓動が一瞬だけ止まった。

「岬(みさき)さん――と?」 

 岬圭子(けいこ)は府東(ふとう)テレビ局が一押ししているスポーツキャスターで、最近になってやたらと聖央の取材に熱を入れている女性だ。

 聖央はいくつかのJリーグチームからオファを受けたなか、十月にブレイズ川口(かわぐち)と契約を交わし、来春からサッカーのプロ選手となることが決まっている。

 将来有望ということで、府東テレビ局から長期取材の申し入れがあった。それを受諾した聖央と担当になった岬は、必然的に一緒にいることが多くなっていた。ふたりとも当初は仕事に徹(てっ)しているようだったのに、最近は何かが違って見える。

 聖央がうなずいたのを見ると、亜夜は聖央のまえに立ちはだかった。子供のように手を水平に広げ、〝通せんぼ〟のポーズをとる。

「だめ。今日はあたしの誕生日なの! いままでずっとお祝いしてくれたじゃない」

「亜夜、わがまま云うな」

「だって……いままでは何があっても優先してくれてたじゃない」

「いつまでもそうできるとは限らないだろ。おれはこれから社会人になるし、今日みたいな付き合いが増えていくんだ。あとで行くから」

 聖央は亜夜に云い聞かせた。

 亜夜は突き放されたように感じた。

「セーオーは、あたしとサッカーとどっちが大事なの!?」

 聖央は近寄りがたいほどかたくなな表情になった。

「そういう質問は嫌いだ」

 そこでやめたほうがいいとわかっているのに、亜夜は止めることができない。

「あたし、あの岬って人、嫌い。だって、いつもあたしからセーオーを取りあげちゃう」

 聖央は完全に怒ったとわかるほど顔を険しくした。

「そんなことを云う亜夜は好きじゃない」

 その表情と裏腹に聖央は静かに云うと、亜夜を避けるように躰をひるがえした。

「セーオー……」

 云いすぎたと後悔した。

 けれど、〝ごめんなさい〟は声にならなかった。亜夜のなかで、岬はそれほど嫌な存在だ。

 そして、聖央は、その名を呼んだのに、亜夜の声に後悔を聞きとったはずなのに、振り向いてはくれなかった。